胸のつかえ(越冬蝶編)

 
 2コマ目です。

 キタキチョウの越冬観察報告は一向にまとまりませんが、それとは別に、昨年末から越冬中のムラサキシジミとウラギンシジミを探していました。
 特にムラサキシジミは、一昨年12月、越冬中を少しの間観察したので思い入れが強く、春になっても過去に見かけたポイント3箇所を、毎日のようにパトロールしていました。

 いつものように見回っていると・・・
 
ムラサキシジミ(♀ シジミチョウ科)
ムラサキシジミ ♀
 ひょこっと出会いました。これで新成蝶編ともども胸のつかえは下りて、スカッとしました。
 
ムラサキシジミ ♀
 おりょ!翔び立ちました。何とか残ったような気がしていましたが、何とかでした。
 
ムラサキシジミ ♀
 とまればすぐ開翅してくれ、裏翅だけの写真はありません。スレなどの状況を見ても、やはり越冬明けのようです。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   蝶(越冬) 

Comment

No:3333|
ムラサキシジミや↓のモンキチョウの飛翔写真綺麗に撮れていますね。
望遠での飛翔写真はこの時季、動きの速いチョウはなかなか難しくて腕の未熟な私には「姿なき写真」の連続ですよ。(-。-;)
私も土日と続いて野山に出かけましたが、日曜は数頭のモンシロチョウの姿だけでしたよ。
ヤマトシジミの姿は、我家近くではまだ姿が見えませんね。
No:3334|
ただいまぁ^^
プチバカンスから戻ってきましたぁ!
飛翔写真&手乗り写真、とても綺麗に撮れてますね。
ムラサキシジミさんも、とっても綺麗です^^
拙庭でも見れたら良いなぁ^^
No:3337|hitori-shizuka さん
>ムラサキシジミや↓のモンキチョウの飛翔写真綺麗に撮れていますね。
ありがとうございます。^^;
どちらも250mmをつけていました。100mmをつけていると遠くに、その反対もと、マーフィーの法則は健在ですね。
ご覧いただいて分かるように、ムラサキシジミは逃げられた瞬間です。1/2500にしていたため、ここまでとまりました。

>「姿なき写真」の連続
そんなのは当たり前、飛翔を狙うとお情け!で残しても5%も残りませんよ。^^;
No:3338|yumemi さん
お帰りなさい。楽しかったようですね。ご自宅では、山ほど作業が残っているのではないかと拝察しますが、無理をされない程度に進めてくださいね。^O^

ムラサキシジミはマテバシイなどカシ類(産卵する)、ツバキなど厚手の葉上で日向ぼっこをしてることが多いですね。今は越冬明けの個体ですが、羽化直後の紫色はもっと鮮やかです。
yumemi さんちは花一杯、アセビもあったし、陽射しの下で探すと結構チョウは見つかりますよ。翔んでいたらすぐ追いかけないで、どこに降りたか見定めてそっと近寄るのがコツです。分かってはいるのですが、つい。^^;
No:3348|
2コマ目に、こちらはふたつ目のコメントです(^_^)

一枚目の写真・・・
拡大して拝見すると、色んなことが分かります。
この翅の開き具合、いいですね!
茶色い世界の中から見えるブルーが、すっごく素敵です。
お顔にピンが合ってるからでしょうか、
翅表の茶色がやさしい色合いに感じて、
よけいにブルーが引き立ってるように思えました。

ムラサキシジミの飛翔写真、きれいですねぇ~
不思議なのですが、
飛翔写真は、拡大しない方が素敵な雰囲気を感じました。
なぜでしょうね・・・
No:3355|みさとさん
1枚目は、目に光が入っているところが値打ちです。たまたまですけど・・・しかし、この青紫は好きです。

>ムラサキシジミの飛翔写真、きれいですねぇ~
ありがとうございます。それまでの挙動から予想して、シャッタースピード優先で撮影していましたが、いざ翔ばれると十分対応できていませんね。

>飛翔写真は、拡大しない方が素敵な雰囲気を感じました。
簡単です。ピントが甘いからです。^^;
1枚目の続きですので、多分真上に翔んでくれなかったからでしょうね。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する