初見蝶今季No.1

 
 朝方は8℃と最近にしてはひんやり目でしたが、曇りがちにもかかわらず18℃までなりました。
 当地でも桜がそろそろ盛りを迎えているので、当村内、奈良県、三重県を回ってみました。と言っても隣町ばかりで、家内の買い物も含め2時間ばかりです。^O^

 いずれの地でも桜は満開でしたが、横目で見ていました。(^^ゞ
 
モンシロチョウ(春型 シロチョウ科 三重県)
モンシロチョウ
 タンポポで吸蜜中の何の変哲もない写真ですが、この写真のキモはお分かりですよね。^O^
 
アカタテハ(タテハチョウ科 奈良県)
アカタテハ
(↑のトリミング)
アカタテハ
 最近、ウメにアカタテハの写真に驚いたことがありますが、サクラでも吸蜜するのですね。
 
 
トラフシジミ(春型 シジミチョウ科 村内高山ダム周辺)
トラフシジミ
 地面にとまっていて、家内がチョウがいるよと教えてくれましたが、薄曇りでなかなか見つけられませんでした。
 オレンジの斑紋が目、尾状突起が触角と見間違えさせて鳥をあざむく擬態だそうですが、まんまとだまされ、最初は尾状突起にピントを合わせていました。^^;
トラフシジミ
 我が家でも昨年4月下旬に2回ほど見かけたことを思い出し、目にフォーカスしなおしましたが、逆光で翅の地色をうまく表現できていません。
 回り込む前に翔び立たれ、離れた地面にとまったはずでしたが、とうとう見つけられませんでした。
 新成蝶No.5です。


 自宅に戻ると
 
 
コツバメ(シジミチョウ科)
コツバメ
 初見です。ハチやアブに混ざって、アブラナで熱心に吸蜜していました。
 実は、ここ数日、今年植栽したアセビの付近を歩くと黒っぽいチョウが翔び立つことが多かったので、もしかするとと希望的観測をしていました。

 年一化、春にしか見られないチョウですので、スプリング・エフェメラル(春の妖精)の仲間ですね。この時期あちこちのブログで必ずといっていいほど見かけて、会いたい思いがつのっていました。
 裏翅は渋めですが、表は花色木綿、翔んでいる際紫色がチラリと見えました。(^^ゞ
コツバメ
 春の妖精は、どれも毛深いのでしょうか。^O^


 ここ2季で我が家を訪問してくれるチョウはほとんど網羅できたのではないかと思っていましたが、さて今季はどうでしょうか。新たな意欲が湧いてきました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: 花見    野草 

Comment

No:3319|スプリングエフェメラル
いかにも春らしい写真。
アカタテハは桜にも来るのですね。
何気にトラフ、コツバメ。
しかもご自宅で会えるとは良い環境ですね~
No:3320|
こんにちは。
いただいたコメントを拝見して、
お返事コメの前にこちらへ、すっ飛んできましたぁ(^_^)
おぉー、足元にお宝が・・・
念願のコツバメとの出会い、おめでとうございま~す!
この時期にしか出会うことのできないスプリング・エフェメラルですもんね。
よかった、よかった!
やはり黄色い花は、渋い色のコツバメを引き立ててくれますねぇ~
素敵な写真に、うっとりですぅ・・・

コツバメは、是非一度逆光でも撮ってみてください。
ブルーの幻光がきれいに撮れるはず!
uke-enさんのカメラと腕でしたら、きっと素晴らしい幻光が撮れると思います。
庭で初めてコツバメを撮ったとき、逆光で撮った黒い写真にガッカリでしたが、
その写真の中にブルーの光を見つけ、それが『縁毛幻光』だと知りました。

さぁ~て、次に出会う妖精は何かな? 期待が膨らみますね♪
No:3321|
最初の「モンシロチョウ」と「アカタテハ」は、今までに見たことがありますが、「トラフシジミ」と「コツバメ」とやらは、初めて見ます。
この様な方が、この世に存在してるとは初めて知りましたよ。
この様な珍しい方と我が地域で逢えたらと、思うと、ワクワクします…もし、逢えれば大威張りで記事ですよ。
No:3322|grassmonblue さん
ウメにアカタテハを見せていただきましたので、ほぼ同時季に咲いているサクラやウメをキョロキョロ、黒っぽいものを見かけたときは、よっしゃ!でした。(^^ゞ

>何気にトラフ、コツバメ。
初見チョウや比較的珍しいチョウを撮影する場合、心臓バクバク、鼻息荒く、手はブルブル(ちょっと大げさ)なかなか冷静になれません。
我が家は海抜200m余りの山あいの集落ですが、そうそう珍しいチョウは来てくれません。むしろ、都会の公園の方が、種類も数も豊富のような気がしています。
No:3323|みさとさん
念願のコツバメがやっと来てくれて、非常に嬉しく思いました。春先になると、みさとさんちを始めあちこちでさらりと掲載されますので、焦れていました。
アセビが咲いているから来てくれたのか、理由は分かりませんが、毎年1回だけでもいいですから来てほしいですね。

>縁毛幻光
トラフシジミも同じように幻光が見られるそうなので狙ってみましたが、薄曇りではかけらも見えませんでした。(^^ゞ
コツバメは、キレイ目の証拠写真を撮影することにとりあえず専念しました。
No:3324|kucchan さん
>「トラフシジミ」と「コツバメ」とやらは、初めて見ます。
コツバメは初見ですから、そうおっしゃられるのも分かりますが、こんな記事にコメントをいただいてますよ。^O^
http://ukeminoengei.blog103.fc2.com/blog-entry-446.html

>珍しい方と我が地域で逢えたらと、思うと、ワクワクします
それは私もそうですよ。願えばきっと叶いますよ。
No:3325|
トラフシジミやコツバメは翅模様がとても綺麗なチョウですね。
なかでも菜の花をバックにしたコツバメの姿は、菜の花がチョウの翅模様を一層引立ててくれ見事ですね。

トラフシジミとコツバメは私は見たことがありませんよ。
今年、初見のチョウの数も着々と増えて成果が上がっていますね。

uke-enさんに刺激されチョウの姿も気にしているのですが・・・
本日、自宅近くの鳥の水飲み場で初めてルリシジミを写真にゲットしました。自宅近くはヤマトシジミばかりと思っていましたよ。(笑)
No:3326|
菜の花にコツバメ、きれいですね。
先日は友人たちがアセビに産卵するコツバメを撮影していましたので、もしかするとご自宅のアセビにも産卵してくれるかもしれませんね。
No:3327|
まぁ~こちらではトラフシジミがちゃんと翅裏を見せてくれてるじゃありませんか!
こっち向いて!とか翅開いて!とかモデルさんに勝手な注文つけて意のままにならないとストレスためてしまってますが、ほんとは出会えただけでも感謝しなくちゃね~d(-_^) と言い聞かせる日々でございます。(^^ゞ

無駄に毛深いということはないでしょうが・・・
夏場の蝶だとクールビズなのかどうか?(笑)
また見極める楽しみがふえました。(^^)
No:3328|hitori-shizuka さん
>菜の花をバックにしたコツバメの姿は、菜の花がチョウの
>翅模様を一層引立ててくれ見事ですね。
こげ茶色一色のコツバメの裏翅をクッキリと撮影するのはなかなか難しく、下から2枚目のような背景ならまだマシですが、一番下の場合、菜の花が白とびしてしまいます。(ウデ?)
アセビにコツバメも撮影できればと思っています。

>今年、初見のチョウの数も着々と増えて
裏の畑を何回も往復しているのに、ポツリポツリしか増えません。いつまでもやってるときっと数を間違えるので、ヤマトシジミに出会うまでと決めていますが、なかなか会えません。^^;

ルリシジミの撮影おめでとうございます。滅多に開翅してくれませんが、特に♀の白斑入りの表翅が好きです。

No:3329|ダンダラさん
コツバメの撮影は、結構難しいですね。幻光の撮影なんていつになるのでしょう。

>アセビに産卵するコツバメ
おぉ、そんなことになれば、毎年見られますね。産めよ増やせよと、お願いしておきますね。(^^ゞ
No:3330|Matsu さん
>こちらではトラフシジミがちゃんと翅裏を見せてくれてるじゃありませんか!
もしもし、トラフシジミの表翅なんか見たこともありませんよ。そりゃ、裏翅が看板ですが、どちらか一方と言われると・・・両方ですね。(^^ゞ

>ほんとは出会えただけでも感謝しなくちゃね~d(-_^)
見かけただけで幸せ、デイトしたい、手をつなぎたい、キスしたい・・・てなもんでしょうかね。^O^
あなたを ふり向かせる ♪となりますよね。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する