2重連


 昼過ぎまでは青空でしたが、風が音を立てて吹き、午後3時過ぎには雪になりました。
 
裏の崖
 お昼過ぎまでは、こんな空でした。(^^ゞ
 裏の崖を口で説明するより、写真を見れば一目瞭然ですね。中央がシキビ(シキミ)です。
 
キタキチョウ(No.4 シロチョウ科 11:59)
キタキチョウNo.4
 草のカーテンは、降りていました。
 さすがに今日は、ちょっと失礼をやめました。(^^ゞ
 
キタキチョウ(No.5・No.6 シロチョウ科 13:54)
キタキチョウNo.5・No.6
 2頭が並んでいます。No.1からNo.4は1頭ずつ、しかもおおむね鴨川カップル状態でしたので、キタキチョウは単独で越冬するのかと思っていました。
キタキチョウNo.5・No.6
 大体この辺りにいます。(^^ゞ
 矢印が1枚目のシキビですので、計ったことはありませんが全体では30~40mあるのでしょうか。
 左が車庫(元納屋)で、この辺りには住居がありませんので、草竹ブロック擁壁は1m程度低くなっています。
キタキチョウNo.5・No.6
キタキチョウNo.5・No.6
 どこにいるかわかりますよね。^O^
 短いシダがたくさん生えていて、以前調べたときはこんな低い草むらにはいないだろうとスルーしましたが、No.4の居場所を見て改めて探しました。

 擁壁天面まで土で塞がれてまだ調査できないところがありますので、梯子をかけて慎重に探す予定です。

関連記事

タグ:   蝶(越冬) 

Comment

No:2963|
こんにちは。
このような場所で、しかも草の下でひっそり(?)と身を隠している小さな蝶を、
よくもまぁ見つけられたものだと、前ブログ&今回の写真を拝見して、
改めて感心しております。
危険を顧みず、寒さにも耐えながらの観察、
今更ながらに、敬意を表したいと思う次第でありますぅ(^_^)

さて、久々の『ウォーリーを探せ!』クイズですが・・・
上の写真だけでは、なかなか見つからなかったけれど、
拡大写真を添えていただいたので、下の写真でわかりました。
ご親切に・・・今回は、新春大サービスですね(^_-)-☆

ハシゴを掛けてウォーリー、いや、キタキチョウを探すのですか?
まさか、新年早々入院騒ぎなどになりませんよう、
充分にお気を付けくださいね!
No:2964|
いやー…昨日、そして、今日の記事で、ただただ、驚くばかりです。
こんな場所で、小さな蝶を探索されてるとは唖然とするばかりです…いや、尊敬してしまいます。
でも、この探索も、この時期だから出来るんですよね~夏場ならば、草は生い茂り入ることもできないのではないでしょうか…慣れてない私には、今の時期でも怖くて入れないかも。
これから、更に、梯子を利用した探索をされるみたいですが、ズッコケないように気を付けてくださいね…何せ、歳も歳だし、ちょっとしたミスでも骨折等の危険がありますから程々の探索も大事だと思いますよ。

No:2965|みさとさん
ここには滅多に降りない(登らない)のですが、キタキチョウ
は高いところで越冬すると知ったら、やはりほっとけませんね。
擁壁天面があるので、注意さえしておれば大丈夫ですが、無理
しないようにしています。

>拡大写真を添えていただいたので、下の写真でわかりました。
>ご親切に・・・今回は、新春大サービスですね
そんなつもりではなく、角度を変えて撮影しただけです。4枚
目の写真なんか、ファインダーからのぞいてもどこにいるかわ
からず、とりあえずパチリとやったら、中央から大きく外れて
いました。^^;
No:2967|kucchan さん
>驚くばかりです・・・唖然とするばかりです…いや、尊敬し
>てしまいます
ははは、ありがとうございます。
以前から崖とか言ってましたが、スゴイでしょ。この下に住ん
でいるのですから、大雨が降ると怖いですよ。^^;

>探索も、この時期だから出来るんですよね~夏場ならば、草
>は生い茂り入ることもできないのではないでしょうか
No.3がいるところは草を刈りますので、夏場でもチョウ探しで
降りることがあります。ほかのところは草も刈りにくいし、ハ
ゼの木が生い茂っていて、とても近寄れません。スズメバチが
飛んでくると逃げようもないですし、以前には巣があったこと
もあります。
そんな時期は、こんなところまで行かなくても、チョウは畑や
藪で結構見かけますからね。

十分気をつけて、無理をしない範囲で探しますね。
No:2968|
№1のキタキチョウの時はその場所にどのくらい留まるのだろうと興味があって気付かなかったのですが、どうやら北風を避ける知恵じゃないでしょうか。
ほぼ南斜面?のそれも地表に絨毯の様な枯れ草があるシダの中が暖かいんだよとチョウが言っているように見えましたよ。
(子供の頃、田んぼの藁ぐろに入って遊んだ記憶はありませんか?~わりと暖かいですよね。)

捜索熱心のあまり無理をしないで下さい。
梯子があれば大丈夫と過信すること無く、梯子の横倒れ特に注意を・・(みさとさんやkucchanさんと同様、ほどほどに(^○^) )
No:2969|
キタキチョウさん、こんな所にお家があるんですね^^
2年越しの恋♥?違った…パトロール!ご苦労様(^^ゞ
でも、凄い所をパトロールしているのですねΣ(゚д゚lll)
霜で草が濡れていて『ツルッ』何て事が起きそうでパトロールもヒヤヒヤものですね^^;

↑ウォーリー、いや、キタキチョウを探せ?
中央にしっかりカップルが確認できましたよ〜♫

くれぐれも、足元には気を付けて下さいね。
No:2971|hitori-shizuka さん
>ほぼ南斜面?
そうですね。これだけ高い崖ですから、上半分は冬でもほと
んど日陰になりません。畑も結構傾斜していますが、陽が
射して風さえなければ、冬でもポカポカです。

藁ぐろ?セーターにわら屑をたくさんつけて帰って、こっぴ
どく叱られたことがありますよ。(^^ゞ

>捜索熱心のあまり無理をしないで下さい
昨日は朝方雪でうっすら白くなったので、足場のよいNo.1、
No.2は見に行きましたが、それ以外は危ないのでパスしました。
チョウの周りには雪が見られませんでした。(^^ゞ
No:2972|コシダの群生地だ!(◎-◎;)!!
まぁ~どっかで見たような?!
私の心当たりのポイントも、下草にコシダが群生する乾燥した南斜面です。
枯れると黄色っぽくなるコシダは、キタキチョウが身を隠すには打って付け!
寒風もやり過ごしてくれる有能なシェルターですね。
2頭が並んでる図がかわいぃ~♪
寄り添って暖を取ろうとでもしているというより、
良さげな場所を見つけたら先客が居たってことでしょう。

明日もお天気が良さそうですよ~d(-_^)

No:2973|yumemi さん
>凄い所をパトロールしているのですね
でも、この崖周辺にしかいないのです。チョウにとっては安全
だし、暖かくて、風さえよけられれば居心地は最高!なので
しょうね。

>霜で草が濡れていて『ツルッ』何て事が起きそう
そういう時は行き(け)ませんよ。これでも用心深いのです。

>中央にしっかりカップルが確認できましたよ
キタキチョウの♂♀は判別できませんが、他のチョウで越冬す
るのは♀が多いそうなので、♀♀じゃないかと推測しています。
問題が易しすぎましたかね。(^^ゞ
No:2974|Matsu さん
へぇ、これはコシダというんですか。ウラジロやワラビでない
のは分かっていましたが・・・(^^ゞ
崖のこの辺りにしか生えていません。日当たりがよく、乾燥気
味なところが好きなのでしょうか。

>私の心当たり
早く見つけていただかないと、今日また増えましたよ。(^^ゞ

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する