上に参ります


 朝方は0℃で霜が降りていましたが、昼間は久しぶりに10℃を超え、風も穏やかで過ごしやすい一日でした。

 トゲトゲの飼いチョウ(ロプロスと名付けましょうか。(^^ゞ)が見られるかもしれないと・・・
 
キタキチョウ(シロチョウ科)
キタキチョウ
 昨日の使い回しのような写真です。
 霜のかけらどころか、濡れてもいないようです。

 本日は証拠写真のみ、ブログ更新は見送りと思っていましたが、昼過ぎ近くで作業をしていると黄色いものが見えました。
キタキチョウ
 スロープを足場にし、向かいの枝の葉裏にいました。
 今回は、葉をよけなくても撮影できました。
キタキチョウ
 反対側からも何とか確認できます。

 夕方も同じ態勢でした。
 ということは、風が素通しだけど大丈夫かい。

関連記事

タグ:   蝶(越冬) 

Comment

No:2915|
ありゃまぁ…私の休養中に「こんなに」沢山の蝶さん達と楽しんでおられたのですね。
そこで、蝶の探索も「ちょい見」ではみつけられませんよね。
あんな木の根元や葉っぱの陰では「ジロジロ見」でないと~ちょっと、私にはマネが出来そうもありません…と、いうより居場所も分からないし。
我が地域では我が地域なりの探索しかないと、今期の蝶は終息宣言ですね。
No:2916|
キタキチョウは転居先が気にいったのでしょうね。
まだツバキの家で過ごしているのでしょうかね。
しかし、本日(23日)そちらは冷え込みや雪の予報も出ていたんじゃないでしょうか。
私はツバキの葉裏が絶好の越冬場所と思うのですが、こればかりはチョウに聞いてみなければね。

今日、こちらでも山間部の大窪寺付近を走行中に小雪が舞い降りていてチョウの姿は全く見れませんでしたよ。
No:2917|kucchan さん
休養もサボっちゃろならいいのですが、体調を崩されて
ではシンドイですね。無理されないでくださいね。

>みつけられませんよね。
>あんな木の根元や葉っぱの陰では
これまで、私も木の根元なんて探したこともありません
でした。19日の記事をご覧いただくと、私が引っ越しサ
ービスをしたことがわかっていただけることでしょう。

>今期の蝶は終息宣言
成蝶越冬しないものは、生き残っていたとしても、よほ
どポカポカの日でもないと現われないでしょうね。
越冬しているチョウの観察以外は、鳥モードに切り替え
ましたよ。
No:2918|hitori-shizuka さん
>まだツバキの家で過ごしているのでしょうかね。
はい、まだ居てくれてます。
毎日撮影していますが、日報も何ですので、特別なこと
がない限り、3日に1回程度にしておきますね。

>大窪寺付近・・・チョウの姿は全く見れませんでしたよ。
そりゃぁ、そうでしょうね。運転中は、よそ見油断は禁
物で
すよ。以前、石鎚の麓で雪に往生したことがありますよ。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する