モンキアゲハ

 朝から曇り空、どんどん暗くなって、午後3時頃から雨になりました。
 台風2号の影響でもあるまいにと思うほど強い風が吹き、鉢が倒れるほどでした。

 こういう強い風の時は、翔び回るチョウたちも風除けの場所で身を潜めているのではないかと、ポイントをパトロールしました。
 いつもの場所でサトキマダラヒカゲがお食事中、ダイミョウセセリ、ヒメウラナミジャノメが各1頭だけで、ほかの皆さんは、私が見つけられない場所にいらっしゃるようです。

 パトロール途中のお隣の荒廃茶園からつるが伸び、数日前から開花し始め、いい香りがします。自生のハゴロモジャスミン(ソケイ(素馨) モクセイ科)のように見えますが、当地で冬越しは難しそうなので首を傾げています。

 団塊夫婦・山野草に魅せられて」のhitori-shizuka さんから、スイカズラ(吸葛 スイカズラ科)と教えていただきました。ありがとうございます。(2011/5/28追記)

 この花にチョウが来るのではと思っていると、本日、黒いアゲハが・・・
 
モンキアゲハ(アゲハチョウ科 トリミング)
モンキアゲハ
 横縞の白斑で、すぐモンキアゲハと分かりました。今季初です。
モンキアゲハ
 大き目のトリミングです。
モンキアゲハ
 遠くから近づく私に気づいたのか、吸蜜はごく短時間で、こんな写真しかありません。^^;

 ところで、紋は白なのにモンキと名付けられたのかと不思議です。一説には、採集して展翅しておくと紋がだんだん黄色くなったからというものですが、それは色が褪せたためだと思うので、ホンマカイナですね。^O^

関連記事

タグ: アゲハチョウ科  花木 

Comment

No:2341|モンシロアゲハ
おっ・・・モンキアゲハの登場ですね。
この神秘的な「色合い」には感動しますよ。
まぁ…上手く撮れてるのも「その要因」の一つですが~性能のあるカメラが羨ましいですよ。
何時も思うのですが、色々な種類の蝶の出現には羨ましい限りです。
やはり、長靴に長袖スタイルへの御褒美でしょうね。
確かに、横縞の白斑でモンキアゲハとは…むしろ、「モンシロアゲハ」と名づけた方が素人にはわかりやすいのにと思いますよ。
No:2342|
モンキアゲハの翅の痛みもなく綺麗ですね。
私もこの蝶がなぜ「モンキ」なのか不思議に思いましたが、深く追究したことはありませんでした。
「紋がだんだん黄色くなったから」という説ですが、私なら何の疑いもなく納得してしまいますよ。(^▽^;)

吸蜜中の白い花はスイカズラの花の様です。
この花は葉えきから2花ずつ同時に花を咲かせ、甘い香りを漂わせてくれます。また花色は白から黄金(黄)色に変わりますよ。
この花を採取してホワイトリカに漬けて酒をつくったことがあります。
香りは忘れましたが、一度作ってみてはどうですか。
No:2343|kucchan さん
>モンキアゲハ・・・この神秘的な「色合い」には感動しますよ。
黒いアゲハは、どれもそう思います。赤が効いているのでしょうか。

>まぁ…上手く撮れてるのも「その要因」の一つですが~性能のあるカメラが羨ましいですよ。
ハハハ、ありがとうございます。
この距離では、10倍以上のコンデジでないと無理でしょうかね。

>何時も思うのですが、色々な種類の蝶の出現には羨ましい限りです。
>やはり、長靴に長袖スタイルへの御褒美でしょうね。
別の方のコメントで分かったスイカズラなどは、kucchan さんちの周囲には、公園以外自生していないでしょうね。
バタフライ・ブッシュと言われるブッドレアは、花も綺麗ですし、とりあえず手早いのではないしょうか。我が家にもなく、園芸店で探すのですが、まだ出会えません。

>確かに、横縞の白斑でモンキアゲハとは…むしろ、「モンシロアゲハ」と名づけた方が素人にはわかりやすいのにと思いますよ。
もっと進めて、モンシロクロアゲハでいかがでしょう。^O^
今の時代に考えると、いい加減な名前も多いですね。
No:2344|hitori-shizuka さん
>「紋がだんだん黄色くなったから」という説ですが、私なら何の疑いもなく納得してしまいますよ。(^▽^;)
それはお人柄、素直だからでしょうね。
すぐアラ探しをしようとするから、何でやとなります。^^;

昔は採集して展翅して虫ピンで留めるのが当たり前でしたから、縁はなかったですが、三角紙の折り方も見たような・・・

>吸蜜中の白い花はスイカズラの花の様です。
ははは、やはりそうでしたか。2、3あたってみて草姿や花からそうは思ったのですが、どこにも香りのことが書かれておらず、?(?_?)?でした。
hitori-shizuka さんから教えていただけるだろうと・・・(^^ゞ

>この花は葉えきから2花ずつ同時に花を咲かせ、甘い香りを漂わせてくれます。また花色は白から黄金(黄)色に変わりますよ。
そうですか、色が褪せる訳じゃないのですね。^O^
気をつけていますね。その大部分は、チョウが来るからですが。

>この花を採取してホワイトリカに漬けて酒をつくったことがあります。
>香りは忘れましたが、一度作ってみてはどうですか。
梅酒やスモモ酒は(家内が)作っていますが、ご意向を伺ってみます。(^o^)
No:2346|
こんばんは。
モンキアゲハ、まだ出会ったことがありません。
アサギマダラで有名な、のっぺ山荘さんにはたくさん来るらしいので、
こちらでも見ることができるはずなのですが・・・
昨年の秋、のっぺ山荘さんからフジバカマと一緒に、
モンキアゲハがやってくる『木の実』というのを頂いて庭に埋めておいたのですが、
未だに全然発芽してません(・_・、)
もし発芽したとしても、モンキアゲハがやってくるようになるまでには、
わたしはもう、こちらの世界の人間ではなくなっているのでしょうね(^_^;)

黄色い紋、どこにもないですねぇ~
私も、「モンシロアゲハ」に1票です(^_^)
こうして拝見すると、白い紋が目を惹いて清々しさを感じますね。
でも、実際に飛んでいるところを目視した場合は、
この白い紋は目に入るのでしょうか?
No:2347|モン
おお~~!!
ここでも、また「モン」ですかあ(笑)!?
10~15年前のYOUNG SUNDAY の「The World is mine」と言う漫画の主人公が「モンちゃん」でしたが(笑)…

私も昔から「モンキアゲハ」の名を聞くと、「ええ加減にせえよ」と言いたくなります。
すっきりとせず「モンモン」としてきますよね。
蝶も、ひねくれて「ヤンキーアゲハ」になるかも知れませんww
No:2354|みさとさん
>モンキアゲハがやってくる『木の実』というのを頂いて庭に埋めておいたのですが、
>未だに全然発芽してません(・_・、)
何の木でしょうね。気になります。
木の発芽のパターンはいろいろですので、気長にお待ちください。

>もし発芽したとしても、モンキアゲハがやってくるようになるまでには、
>わたしはもう、こちらの世界の人間ではなくなっているのでしょうね(^_^;)
桃栗3年、柿8年ですから、アラサー前後ですよ。(v^ー゜)
実がなるまで30年近いものもありますが・・・

>私も、「モンシロアゲハ」に1票です(^_^)
アレアレ、付けたりのつもりの話が、こんなに盛り上がるとは・・・(^^ゞ

>でも、実際に飛んでいるところを目視した場合は、
>この白い紋は目に入るのでしょうか?
縦縞か横縞かまでは確認できませんから、まだ見ぬナガサキアゲハとなら区別できないかも分かりませんが、大きな紋ですので、アッ、モンキアゲハだ、でしたよ。
No:2355|take1 さん
>私も昔から「モンキアゲハ」の名を聞くと、「ええ加減にせえよ」と言いたくなります。
もしもし、過去の古傷にヒットしたのでしょうか?
八つ当たり気味ですけど・・・(^o^)

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する