とんがってるぅ

 夏です。
 午後少しの間ですが、夕立がありました。
 
コチャバネセセリ(セセリチョウ科)???
?セセリ
?セセリ
 昨日の今日ですから、てっきりミヤマセセリだと思い込んでいました。(^^ゞ
 触角はとんがっていますが、セセリチョウ科、歴としたチョウです。(と言い切ってみましたが・・・)

 全体のイメージからコチャバネセセリではないかと思いますが、裏翅が見えても私には判別できないのがいますので、全く自信はありません。
 春先は閉翅していることが多いと思っていましたが、石の上で開翅したままでした。
 白斑のハズなのに、黄斑ではっきりしていませんね。
 
ツバメシジミ(♀ シジミチョウ科)
ツバメシジミ ♀
 カラスノエンドウで産卵しているようです。
 この後、葉の上でも産卵行動をとっていましたが、しげしげ見ても、写真でも、卵は確認できませんでした。
 春先、♀の地色は真っ黒でしたが、焦げ茶色になっていて見違えますね。
 
ナガメ(カメムシ科)
ナガメ
 キレイな色合いと思っただけですから・・・
 
ホソミオツネントンボ(♀ アオイトトンボ科)トンボはトンボ
トンボ
 100mmマクロで、やっとピントが合うようになりました。^^;
 イトトンボは今季初めてですが、そもそもしっかり見たことがありません。(^^ゞ
 みんなイトトンボ科と思ってましたが、あちこちの科にイトトンボがいて、ピッタリくるのが見つかりませんでした。

 よろしく!(今度は誰?)(^^ゞ

 ちゃんとリクエストにお応えいただいて、「Close To You」のMatsu さんから、ホソミオツネントンボと教えていただきました。ありがとうございます。
 春も盛りになると、ブルーがどんどん鮮やかになるそうです。(2011/5/11追記)

関連記事

タグ: セセリチョウ科  シジミチョウ科  産卵  カメムシ  トンボ 

Comment

No:2258|No title
確かに昨日は暑く、まるで夏日でしたよね。
だから、コチャバネセセリ(セセリチョウ科)??も出現したのですかね。
昨年は、蝶を全く知らない私もセセリチョウ(一部)を撮って喜んでた記憶がよみがえりましたよ。
こちらでも、早く現れてくれないかと望んでますが・・・。
そして、ツバメシジミ(♀ シジミチョウ科)みたいな蝶も…毎日、見かけるのですが、とにかく動き回り、停まらないもんで撮影できなくて・・・。
でも、近い内には撮れるかも希望を持ってますよ。
トンボはトンボのイトトンボ?~昨年に出会ったような記憶があります。
今年も出会えたならば撮る予定ですが…我がカメラでは無理かも…ですね。
No:2259|kucchan さん
>セセリチョウ・・・こちらでも、早く現れてくれないかと望んでますが・・・。
あのぉ、何度も申し上げますが、4月14日にイチモンジセセリを載せられてますよ。白斑が横一線でしたので、kucchan さんは思い出したとお答えされたハズですが。(v^ー゜)

>とにかく動き回り、停まらないもんで撮影できなくて・・・。
この時季、ベニシジミはすぐとまりますが、ほかのシジミチョウ科はなかなかとまってくれませんね。
飛翔写真を狙うこともないではないですが、僥倖はなく、諦め気分です。
とまるまで追いかけるしかないと、いうのが結論です。(^^ゞ
No:2267|あのイトトンボは~
ホソミオツネントンボ♀に見えます。
成体越冬するイトトンボで、冬の間は枯れ枝色というか、薄茶色の体色ですが、春先になると次第にブルーがかってきて、成熟して交尾産卵するようになると鮮やかなブルーに染まります。♂はもっと目の覚めるようなブルーをしていて、見つけると「あぁ~春本番やなぁ~♪」と嬉しくなりますよ。(^^)
No:2270|Matsu さん
>ホソミオツネントンボ♀に見えます。
ありがとうございます。
調べたとき、ホソミオツネントンボに似てると思いはしましたが、ブルーの鮮やかさがに比べボケたような色でしたので、ハイ、次!でした。(^^ゞ

>成体越冬するイトトンボで、冬の間は枯れ枝色というか、薄茶色の体色
>ですが、春先になると次第にブルーがかってきて、成熟して交尾産卵
>するようになると鮮やかなブルーに染まります。♂はもっと目の覚めるよ
>うなブルーをしていて
チョウのように季節型でなくて、トンボはやはりお色直しするのですね。
大昔、そんなことを学んだような記憶もありますが、♪ 青いお空を飛んだから ♪ の連想かも知れません。

観察していると、疑問と発見は数多いですね。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する