ツツジ花見


 朝方は2℃、午前9時には12℃、昼過ぎには20℃を超えました。

 今日は珍しく、私一人でツツジの花見に出かけました。花鳥の郷のエリアを散策するものですが、私の目的は、山のチョウです。(^^ゞ
 
kachounosato11-01.jpg
 参加者は25人、ほとんどがリタイア組で、私は若い方から数えて、2~3番目だったのではないかと思っています。(^^ゞ
 歩くには暑いくらいで、私も脱皮しました。
kachounosato11-02.jpg
 ここでお昼、自己紹介の後、どのように里山に回復させるかについて意見交換しました。
 元教員、元村長、生き物専門家、カメラマンなどなど多様な方々ですが、根っから地元の方は数えるほどでした。
 
キアゲハ(アゲハチョウ科 トリミング)
キアゲハ
キアゲハ
 意見交換の途中、チョウの姿を見かけたので、構わずその場を離れました。(^^ゞ
 ミツバツツジで吸蜜中です。最近羽化したものだと思いますが、右前翅が大きく欠けています。
 今季初お目見えで、我が家の周りでは希少種です。

 ほかに、ベニシジミより一回り大きい黒っぽいチョウを見かけましたが、確認できませんでした。

関連記事

タグ: 地域  花見   

Comment

No:2156|No title
花鳥の郷のエリア…昨年のblogを拝見して、例のゴルフ場予定計画がなくなり放置etc・・・思い出しましたよ。
参加者25人中、2~3番目の若さなら先頭で元気一杯の活躍のハズですよね。
でも、蝶が目的なら…ちょっと控えめな行動になりますよね。
でも、でも、目的の蝶に逢えるなんて…しかも、キアゲハに・・・
参加して良かったの心境ですね。
最近の私は出不精になり、団体行動は遠慮気味になってしまいましたよ。
元気なuke-enさんが羨ましいですよ。
No:2157|No title
「意見交換の途中、チョウの姿を見かけたので、構わずその場を離れました.」さすがですね!
私だったら腰を浮かしたり下ろしたりもぞもぞして終わるでしょうね。
その成果がありましたね。
吸蜜直前と思われるキアゲハの姿が綺麗に撮れていますね。
右前翅が少し折れていたのはちょっと残念でしたね。
最後の写真でチョウの後ろ足が人の足のようにも見え、落下傘で降りてくるような感じにも見えましたよ。私だけでしょうか・・・(^▽^;)
No:2159|里山の回復?
里山は、それを活用しようと人手が入らないと、自然に戻って行きます。所謂、荒れ放題というやつです。
逆に、地元民の生活に密着した里山だと、里山は有用な資産となって、怪しげな余所者が入ってゴソゴソするのは嫌われます。
難しいものですね。

コバノミツバツツジはこちらでも真っ盛りです。ヽ(^o^)丿
No:2160|kucchan さん
>参加者25人中、2~3番目の若さなら先頭で元気一杯の活躍のハズで
>すよね。 でも、蝶が目的なら…ちょっと控えめな行動になりますよね。
蝶が目的でなくても、控え目になります。80代でも、息も切らしてない方も
おられました。負けますね。(^^ゞ

>でも、でも、目的の蝶に逢えるなんて…しかも、キアゲハに・・・
>参加して良かったの心境ですね。
ありがとうございます。変わったやつだと思われたかも知れませんが、最
初が肝心ですから・・・(v^ー゜)

>最近の私は出不精になり、団体行動は遠慮気味になってしまいましたよ。
私も根っから出不精で、昨年までなら考えられもしませんでしたよ。
園芸店には日参されるでしょ。お花見とか、お庭拝見とか、好きなものを
追いかけると、出るとか出ないとか関係なくなりますね。
No:2162|hitori-shizuka さん
>「意見交換の途中、チョウの姿を見かけたので、構わずその場を離れま
>した.」さすがですね!
>私だったら腰を浮かしたり下ろしたりもぞもぞして終わるでしょうね。
~バカと思われても、ああいう人となれば、以後はらくちんですからね。
ホントは、礼儀正しく、控え目な人間です。( ̄◆ ̄;)

>吸蜜直前と思われるキアゲハの姿が綺麗に撮れていますね。
>右前翅が少し折れていたのはちょっと残念でしたね。
ありがとうございます。
生きている以上は、スレや欠けがあって当然と思っていますので、それほ
ど気になりません。

>最後の写真でチョウの後ろ足が人の足のようにも見え、落下傘で降り
>てくるような感じにも見えましたよ。
落下傘とは、また懐かしいお言葉。私には、ピーターパンの妖精、ティンカ
ーベルに見えますね。(似合わない・・・)
No:2163|Matsu さん
下草を刈り、松葉を集めて焚きつけにし、枝や木を切って、風呂を沸かし
たり炭を焼いたり、そうするとキノコも採れ、山野草も林床に咲く、しかしそ
れは、作られた自然なのですね。

便利さや過疎化、高齢化がそういうものを追いやり、人が入らなくなって
も、自然に戻るには何百年もかかりますね。おっしゃるように、当分、荒れ
放題になるだけですね。
人の営みで作られた里山という自然に戻すことがいいのか、何のために、
少し複雑な気がします。

>コバノミツバツツジはこちらでも真っ盛りです。ヽ(^o^)丿
ミツバツツジはオシベが5本だそうですから、別物ですね。いろいろあるの
だと、初めて知りました。植物の専門家は、いなかったですね。(^^ゞ
No:2173|No title
こういった集団行動、結構あこがれます。
MATSUさんがセンゴク先生と行かれるツアーなんかも…
ただ、私の場合写真となると、迷惑をかけそうなので、やっぱ単独がいいかなあ…

その他の趣味などでは、そろそろ「じじばば」に交わって行こうと積極的に考えています。
No:2174|take1 さん
Matsu さんのツアーには、私も憧れていました。誰か誘ってくれないかと・・・(^^ゞ
そんな方は近くにいませんので、この会とはつかず離れずに。

>ただ、私の場合写真となると、迷惑をかけそうなので、やっぱ単独がい
>いかなあ…
↑にも書きましたが、最初から地を出し、take1 さんの場合は、撮影した写
真を見せると、納得してくれるのでは・・・
私は、行動で示すしかありませんでしたが・・・^^;

>その他の趣味などでは、そろそろ「じじばば」に交わって行こうと積極的
>に考えています。
実際にジジなのですから、そろそろ年貢の納め時では・・・(v^ー゜)

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する