ヤマト再浮上 (^^ゞ

 4℃と暖かい朝で、20℃を超え暑いくらい、夕方6時でも18℃もありました。

 スギなどの伐採は続いていますが、進入路の下側に移りましたので、裏の畑をパトロールしない手はありません。(^^ゞ
 
ツバメシジミ(春型 ♀ シジミチョウ科)
ツバメシジミ ♀
 深い黒でしたので、すわ!クロツバメシジミかと色めきたちました。表翅に乗るブルーの光沢からツバメシジミの♀のようで、裏翅はと区別がつきません。
 ♀は初見(チョウ No.1)です。羽化したばかりでしょうか、みずみずしく感じました。
 100㎜マクロレンズでなかったので、トリミングしないとこの大きさで精一杯です。
(トリミング)
ツバメシジミ ♀
ツバメシジミ ♀
 この黒の鮮やかさに、すっかり魅せられました。
 この後、コンデジで恐る恐る撮影するとボケボケでした。(^^ゞ
 
ヤマトシジミ(♂ シジミチョウ科 トリミング)
ヤマトシジミ ♂
 やっとのことで、今季初お目見えです。
 みさとさん、間違いありませんよね。^^;
 翔んでいるとき青かったので、♂のようです。開翅しないで、すぐ逃げ去りました。
 
ルリシジミ(春型 ♂ シジミチョウ科 トリミング)
ルリシジミ ♂
 ヤマトシジミと間違えて、お騒がせしたルリシジミです。確かに、眼の色が違ってますね。
 こちらも開翅してくれませんでしたが、後翅がずれていて、表翅の青が見えていますね。

 ほかに、アゲハの求愛ダンス、ルリタテハ(らしきチョウ)を見かけましたが、どちらも撮影できませんでした。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

       明日があるさ 明日がある
       若い?僕には夢がある
       いつかきっと いつかきっと
(詞:青島幸男)

関連記事

タグ: シジミチョウ科 

Comment

No:2104|管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No:2105|シジミチョウ祭り♪
大きな杉の木の伐採、蝶に夢中になりすぎて、下敷きにならないようにお気を付けくださいね!
ツバメにヤマトにルリ・・・シジミチョウが集まりましたねぇ~

シジミチョウ祭りだぁ~

クロツバメシジミ…って! もしもし、ツメレンゲを先に探してくださいな。
小っちゃく映ったツバメシジミ、可愛らしいですねぇ~


ところで、
わたくしの名をお呼びになっているのは、こちら?
ヤマトシジミ、確かにこの蝶はヤマトですよね(^_-)-☆
先日は、最初黒紋の色の薄さが気になりました。
越冬蝶ならわかるのですが、誕生したばかりのヤマトシジミが、
こんなにも色褪せてるのかと。 それと、目の色でした・・・
こうして並べていただくと、
ヤマトシジミとルリシジミの違いがわかりますねぇ~
比較すると、紋の並び方が違うのもよくわかります。

えっーーーーー! アゲハの求愛ダンスですか? それ見たかったですよぉ~
明日はあるけど、
でももう若くないんだから、早めにお願いします!!!
No:2106|No title
ツバメシジミ~ヤマトシジミ~ルリシジミ等…多くの種類に、私にはなかなか付いて行くのが厳しいですね。
そこで、昆虫類の先輩方の貴重なコメントを拝読させていただき少しでも知識を得ることにしましたよ。
なにせ、当地では個体さんがなかなか現れてくれないもんで~やはり、現物に会えないと知識の吸収は難しいもんで。
No:2107|No title
あ、やっと解った!!

「地中戦艦ヤマト」「ヤマト浮上」で今回「再浮上」…
と来ましたからね、そうですか「ヤマトシジミ」だったんですね。

私はそのうち「キムタク」が出てくるんじゃないかと思ったのですが。

映画のように、もしかしたら「ヤマト空を飛ぶ」!
なんてことも、あるかも知れませんね!?
「波動砲」を使っている所を、どーかひとつお願い致します。
No:2108|みさとさん
>大きな杉の木の伐採、蝶に夢中になりすぎて、下敷きにならないように
>お気を付けくださいね!
大丈夫です。私は用心深いのです。臆病とも言いますが・・・

>クロツバメシジミ…って! もしもし、ツメレンゲを先に探してくださいな。
分かってますよぉ、もしかするとと思ったっていいじゃないですか、そんな
目くじらを立てないでくださいな。

>わたくしの名をお呼びになっているのは、こちら?
はぁ~い、やはりリベンジしておかなくっちゃ・・・(^^ゞ
ルリシジミの♀も見たいですね。

>アゲハの求愛ダンスですか?それ見たかったですよぉ~
昨季分なら、ハッキリクッキリがありますよ。誰かさんがコメントされてま
すよ。また、モノにしますね。
http://ukeminoengei.blog103.fc2.com/blog-entry-247.html

>でももう若くないんだから、早めにお願いします!!!
気は若い!(*^日^*)゛ヾ(ーー )ォィ
No:2109|kucchan さん
>ツバメシジミ~ヤマトシジミ~ルリシジミ等…多くの種類に、私にはなか
>なか付いて行くのが厳しいですね。
昨年の今頃は、そんな区別すら知りませんでしたよ。それでも、チョウは
ガと比べれば種類が格段に少なく、判別も容易ですので、少し経つと恐る
恐るですが、大きな顔ができますよ。(^^ゞ

>なにせ、当地では個体さんがなかなか現れてくれないもんで~やはり、
>現物に会えないと知識の吸収は難しいもんで。
そちらで出会うチョウが少ないなんて不思議ですが、やはり実物を見ない
ことには、なかなか理解できませんね。
No:2110|take1 さん
>あ、やっと解った!!
もしもし、おとうさん(って私より若ぁい)、遅ぉ~い。

>「波動砲」を使っている所を、どーかひとつお願い致します。
宇宙人力だけでなく、クリリンでも使えるカメカメ波を使えるチョウがいれ
ば、大きな顔で報告しますね。
北斗の拳より、かなりポピュラーかと・・・^^;

鹿児島なんですから(また移動?)、この時季、生き物はいろいろいるの
でしょうね。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する