赤道小町

 朝方は0℃、昨夜の雨で霜はありませんでしたが、樹々は風でゴーゴーと鳴り、午前中は絶えず風花は舞っていました。向こうの山は稜線が見えず、黄砂かと思いましたが、よく考えると雪と思い当たりました。
 真冬です。Σ( ̄ロ ̄lll)

 こんな日は、チョウはもちろんのこと、鳥も出てこないだろうと思いましたが、日課ですから裏の畑をパトロールしました。
 
ベニシジミ(春型 シジミチョウ科・絞り優先 F11(1/512))
ベニシジミ
(P-AUTO(F11.3 1/1024) 露出補正 -1/3)
ベニシジミ
 目の前を黒っぽいものがよぎりました。昨日の例はあるにしても、かなり速く翔んでいたので、もしかで追いかけました。

 この2枚は、55-250mmズームレンズ望遠端での撮影です。このレンズでは、ほぼ近づける限界です。
 
(P-AUTO(F7.0 1/1024) 露出補正-1/3)
ベニシジミ
 隅々までクッキリを狙いましたが、意図を満たせていませんね。
 
(絞り優先 F8.0(1/790))
ベニシジミ
(P-AUTO(F8.0 1/1328))
ベニシジミ
 この2枚は、設定、光の加減、開翅の度合で、別のチョウのように見えますね。
 
(絞り優先 F8.0(1/512))
ベニシジミ
 もう、鼻に黄色い花粉が付いています。今頃ですから、ナノハナでしょうか。

 この4枚は、100mmマクロレンズでの撮影です。
 これが近づける限界です。
 エッ、マクロレンズならもっと近づけるだろうって・・・逃げられましたので限界です。v(^O^)v

 チョウは、近づいて撮影することを原則にしようと思ってますので、今回は6枚全て原図です。クリックしてご覧ください。

 ベニシジミは成蝶越冬しないので、今年羽化したものとしては初お目見えです。
 こんなに寒いと心配です。

     赤いお陽様が ジリリ焦げてる
     つんとすまし顏 君が歩けば
     陽炎も色めくよ

     ねえ 君のまなざしは 夏の写し絵
     粋なサングラス 上眼使いに
     眼があえば気もそぞろ
(赤道小町ドキッ 詞:松本隆)

関連記事

タグ: シジミチョウ科  カメラ 

Comment

No:2038|ドキッ!
もうベニシジミの登場ですかぁ~
オレンジ色が鮮やかで、まさしく春型ベニシジミ♪

三枚目の写真、周辺の葉っぱはスイバ?
しかも右側の葉二枚には、ベニシジミの幼虫が食べたらしき穴?
このベニシジミは、ここへ産卵にきたのでしょうか?
様々な想像を掻き立てられる写真ですねぇ~

二枚並んだ写真は、設定を変えられてあったり…と、
偶然出会えたこの瞬間に、そんな風に撮影できるuke-enさんの、
余裕みたいなものも凄いなぁ…と、感心しました。

最後のベニシジミがすっごく可愛い・・・
我が家周辺はベニシジミが多いので、「な~んだ、ベニシジミかぁ…」
と、ついつい前ブログの蛾のような扱いになってしまいます。
モンシロチョウもそうですけど、
春一番に出会うと、こんなにも感動的なのですねぇ~
考えて見れば、春に舞う普通種は、
今まで写真すら撮ってあげてなかったことに気付きましたぁ(^_^;)
No:2039|No title
寒くなったり暖かくなったりの気候ですね。
こちらも金、土曜と山手では小雪が舞い散りスミレの花をもとめて散策中でしたが、雪が降り出したので途中で断念して帰宅しました。

ベニシジミはピカピカの一年生の様な新鮮で傷もなく模様もはっきりしていますね。
光線の具合で鮮やかな赤色に見えるベニシジミは一段と綺麗ですね。
こちらではルリタテハを見て以来全くどのチョウの姿も見ていませんよ。
小さな個体でもよく観察して見ると繊細で綺麗な模様に驚かされることがありますね。
小さな花も同様に感動する事が多いですね。
No:2040|なに…ベニシジミ…ビックリ
うわー・・・もう、ベニシジミがもう出たんですかー・・・。
驚ろくと同時に、さすが、uke-enさんだと思いましたよ。
今年、初めて見る「ベニシジミ」~こんなに綺麗だったとは改めてしりましたよ。
特に、1,3,5枚目の写真~見惚れてしまいました。
更に、6枚目も・・・。
実は、私も今日は「蝶日和」と思い、探索をしましたが、何時もの「キタテハ」に出会っただけで悔しさは募るばかりですよ。
こちらの方が暖かいのに、なぜ、出てくれないのかと…気長に探すしかありませんね。
No:2041|No title
もう「ベニシジミ」がいるんですか!
って鹿児島にいる人の言うことでは無いかも知れませんが(笑)…
最後の画像が一番きれいだと思います。
私なら、もうー1/3~ー2/3ぐらいアンダーで撮ると思います。
そこら辺は、好みかも知れません。
そろそろマクロ・コンバーターを買う時期になりましたね!

(ところで、URLではなくてURIなんですね?)
No:2042|みさとさん
>もうベニシジミの登場ですかぁ~
関東では、1週間以上前にヤマトシジミも出ていますので、眼をすり鉢のようにして探していた結果です。

>三枚目の写真、周辺の葉っぱはスイバ?
はぁい、土手のすかんぽ ジャワ更紗 ♪ のようです。だけど、咲くのは5月頃なので、気になりませんでした。

>しかも右側の葉二枚には、ベニシジミの幼虫が食べたらしき穴?
>このベニシジミは、ここへ産卵にきたのでしょうか?
幼虫がいたかどうかは分かりませんが、第二弾(昨日)の記事で、産卵らしき行動を確認しました。みさとさん、スゴ~イ!

>偶然出会えたこの瞬間に、そんな風に撮影できるuke-enさんの、
>余裕みたいなものも凄いなぁ…と、感心しました。
証拠写真を撮るまでは、焦りまくりです。見かけたけど写真はありません、というブログの文言が浮かびました。(^^ゞ
後は、先輩諸氏のお手本をなぞるだけです。

>春一番に出会うと、こんなにも感動的なのですねぇ~
厳しい冬を乗り越えて来たのですから・・・交尾し、産卵し、羽化し、そんなシーンシーンを見つめていたいものです。
No:2043|hitori-shizuka さん
>寒くなったり暖かくなったりの気候ですね。
六寒一温くらいでしょうか。(^^ゞ
しかし、こんな時期に雪が降ったでしょうか。

>ベニシジミはピカピカの一年生の様な新鮮で傷もなく模様もはっきりし
>ていますね。
>光線の具合で鮮やかな赤色に見えるベニシジミは一段と綺麗ですね。
開翅した姿より、裏翅のオレンジが好きです。

>こちらではルリタテハを見て以来全くどのチョウの姿も見ていませんよ。
ルリタテハも、光線の具合で瑠璃色が綺麗に映えるようですが、写真に移す(誤変換ではありません。)のはなかなか難しいそうです。
私も早く会いたいです。
No:2044|kucchan さん
>うわー・・・もう、ベニシジミがもう出たんですかー・・・。
kucchan さんちも、たぁしか関東だったと聞いてるのですが・・・^O^

>今年、初めて見る「ベニシジミ」~こんなに綺麗だったとは改めてしりま
>したよ。
>特に、1,3,5枚目の写真~見惚れてしまいました。 更に、6枚目も・・・。
ありがとうございます。花でも鳥でもチョウでも、漠然と見てると気づかないことは結構ありますね。

>こちらの方が暖かいのに、なぜ、出てくれないのかと…気長に探すしか
>ありませんね。
昔、ナイナイと物を探していると、親父から、あるとこを探さんでないとこばっかり探しても出てくるか(讃岐弁)、とよく言われました。
だから、どうだと言ってる訳じゃありませんけど・・・(^-^)v
No:2045|take1 さん
>もう「ベニシジミ」がいるんですか!
>って鹿児島にいる人の言うことでは無いかも知れませんが(笑)…
そりゃそうですよ。海辺ばかり出かけてないで、野原の写真をお待ちしてますね。

>最後の画像が一番きれいだと思います。
ありがとうございます。オレンジをもう少し濃く(暗くではなく)したかったのですが、なかなかです。

>私なら、もうー1/3~ー2/3ぐらいアンダーで撮ると思います。
>そこら辺は、好みかも知れません。
take1 さんのEの好みは、ある程度理解できています。ただ、初心者が真似しても、ロクなことになりません。^^;

>そろそろマクロ・コンバーターを買う時期になりましたね!
もしもし、カメラキットより高い100mmマクロ(赤いラインあり)ですよ。
何か、宝の持ち腐れという言葉が聞こえてきそう・・・( ̄◆ ̄;)

>(ところで、URLではなくてURIなんですね?)
何のことか分からず、やっと見つけました。スキンのバグですね。
検索ボックスが表示されないので、近々再変更のつもりです。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する