梅に(花編)


 朝から弱い雨、やみ間を縫って裏の畑をパトロールしましたが、ある程度の気温でも陽射しのないことには、チョウは出てきませんね。

 午後もどんよりしていて時おり細かい雨粒が落ちてくるのに、家内から梅見の提案、晴れた日にすれば(鳥やチョウも見られて)いいのにと思いながら、徹底抗戦とはいかず、渋々同行しました。

 月ヶ瀬梅渓は、例年より梅の開花が遅く、今がほぼ満開です。天候の加減で人出が少なく、観梅には好都合でしたが、チョウは当然のことながら、鳥も期待できそうになかったため、苦手の花景色の撮影にチャレンジしました。
 
梅林
 あちこちでこんな花風景が見られます。
 
マサキ
 マサキ(柾 ニシキギ科)をこんなふうに仕立てています。赤い実と白梅のコントラストを狙ったつもりですが・・・
 
ツバキ
 ツバキ(椿 ツバキ科)の赤が勝っていますね。
 
マンサク・ロウバイ
 マンサク(満作 マンサク科)とロウバイ(蝋梅 ロウバイ科)の背景の紅梅のピンクは目立ちません。
 
アシビ
 裏道で周辺に梅はありませんでしたが、満開のアシビ(アセビ 馬酔木 ツツジ科)をパチリ。^O^
 
ウメ
 源平咲きの梅がありました。珍しいものだそうですが、京都では二条城、大覚寺、北野天満宮などにあり、水戸偕楽園にもあるそうですので、眉に唾を付けておいてください。

 赤を発色する色素アントシアニンは、ご存知ですよね。植物に限らず、チョウなどでも赤い色はほとんどがこの色素の働きによるものです。
 このアントシアニンを作るため必要な酵素を作る遺伝子(peace gene)の働きを抑制する遺伝子を持つものは白色の花になるのですが、一部(例えば枝元)が突然変異で、抑制する働きが弱くなったり、働かなくなると、赤を発色することになります。

 とすると、平和の色は白でなく赤だったのですね。何のこっちゃ。(^^ゞ

関連記事

タグ: 花見  花木 

Comment

No:2012|No title
奥様との梅見とはいいですね。
さぞかし、春を満喫されたでしょうね。
この花達を眺めて、uke-enさん地域は色んな花木が密集しており花も楽しめるし、つくづく羨ましさが倍増しましたよ。
我が地域にも何処かには、個々の花木は有ると思いますが、この様に纏めて見る事は不可能ですよ・・・車で遠方までいけば見れるかもしれませんが・・・でも、ガソリンの調達も無理だし花見は当然ムリ(涙)。
てな事だし、今度、園芸店で安価なアシビを見つけたら調達をも考え始めましたよ。
No:2013|源平咲き♪
こんばんは。
uke-enさんのお気持ちとは裏腹(?)に、
見事に咲く満開の梅の花がお出迎えしてくれましたね。
一面花のじゅうたんみたい・・・
ほぉー、椿も満開。
椿の花は、他の花との共演は、ちと難しいのでしょうね。
特に一番ポピュラーなこの色は、自己主張をし過ぎてますから・・・

色んな花が満開で、まさに春爛漫ですね!
 ♪…あか しろ きいろ どのはなみても きれいだな
 (これは知ってるでしょ…)

おっと、赤白のミックスもあったのですね。
源平咲きの梅の花、可愛らしいですねぇ~
我が家には源平釣船草が咲きますが、
源平咲きの梅の花は始めて見ました。
このような花を眺めていると、
心まで美しくなるような気がしますねぇ~
 『仲良きことは美しき哉』ですね!
No:2014|No title
一輪で「紅白」は珍しいですね。
偕楽園は近所ですが、見たことが無いです。
白い花と紅い花が混ざっているのは普通に見ますが…
基本的に「紅梅」は、スロープのあるところに植えられるわけですが、何故だかわかりますか?

今日は、鹿児島で「花見」(ソメイヨシノ)をしました。
4日レンチャンでドンチャン騒ぎです。
あ、ブログ、復活しましたので…
No:2015|No title
月ヶ瀬梅渓のウメは満開ですね。
こちらは、梅の花は終わりに近い状態です。
また、門かぶり仕立てのマサキは、初めて見ましたよ。
マサキの実がはぜて赤い実が鈴なりになれば、より見事な門かぶりが出来るでしょうね。
まさにウメに加えマンサク、ロウバイ、ツバキ、アセビやマサキの実で花盛りそのもので綺麗ですね。
アセビはこちらも今全開状態で先を越されてしまいましたよ。(^▽^;)
No:2018|kucchan さん
今にも雨が降りそうなどんよりした曇り空、春を満喫とはいかなかったで
すね。サクラの蕾も固そうでした。

>我が地域にも何処かには、個々の花木は有ると思いますが、この様に
>纏めて見る事は不可能ですよ・・・車で遠方までいけば見れるかもしれ
>ませんが・・・でも、ガソリンの調達も無理だし花見は当然ムリ(涙)。
そんなぁ、そんなに遠くないところに、あると思いますよ。kucchan さんち
は、駅から遠いのでしょうか。徒歩+公共交通とか自転車とか、これを機会
にエコ生活を満喫?してくださいね。

>今度、園芸店で安価なアシビを見つけたら調達をも考え始めましたよ。
早まらないで、かなり大きくなりますよ。
No:2019|みさとさん
>見事に咲く満開の梅の花がお出迎えしてくれましたね。
>一面花のじゅうたんみたい・・・
鳥やチョウのように、いるだけで何とかなるものと比べ、花風景は撮影が
難しいですね。でも、こういう景色だからこそ、トライする気持ちになりまし
たよ。

>源平咲きの梅の花、可愛らしいですねぇ~
>我が家には源平釣船草が咲きますが、
>源平咲きの梅の花は始めて見ました。
枝ごとに咲分けるウメは、接木でもつくり出せますので、珍しくないのです
が、一つの花でこのようになるのは、私も初めてです。

>『仲良きことは美しき哉』ですね!
なぜか、実篤がなかなか思い出せず、白樺派だけ思い出しました。^^;
No:2020|take1 さん
>一輪で「紅白」は珍しいですね。
>偕楽園は近所ですが、見たことが無いです。
そりゃ、花なんか見てなくて、上の方や足元ばかり・・・^O^

>基本的に「紅梅」は、スロープのあるところに植えられるわけですが、何
>故だかわかりますか?
オ~イ!山田君、take1 さんのザブトンを3枚取ってぇ~~
斜面と書けばいいのに、わざわざスロープでは・・・(^-^)v

>今日は、鹿児島で「花見」(ソメイヨシノ)をしました。
鹿児島は、仕事じゃなかった?それにしても、早い!

>4日レンチャンでドンチャン騒ぎです。
>あ、ブログ、復活しましたので…
ウサもかなり晴れたようですけど、カラ騒ぎに巻き込まれた私のウサは、
どう晴らせばいいのでしょうか。(*^日^*)゛ヾ(ーー )ォィ
No:2021|hitori-shizuka さん
>また、門かぶり仕立てのマサキは、初めて見ましたよ。
>マサキの実がはぜて赤い実が鈴なりになれば、より見事な門かぶりが
>出来るでしょうね。
へぇ、門かぶりというのですか。玄関先に直角に長く真っ直ぐ伸ばしている
ので、かなりのスペースがないと難しいなとか考えていました。(^^ゞ
昨年は、花が咲いていた時季に見ましたが、撮影してません。^^;

>まさにウメに加えマンサク、ロウバイ、ツバキ、アセビやマサキの実で花
>盛りそのもので綺麗ですね。
この記事の目当てはhitori-shizuka さんでしたから、手厳しくご批判いただ
かないと、進歩がありませんよ。(^^ゞ
特にマサキは、もっと撮りようがあったと、反省しきりです。

>アセビはこちらも今全開状態で先を越されてしまいましたよ。(^▽^;)
よっしゃぁ、やったぁ!(v^ー゜)

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する