二枚舌


 寒い朝でした。

 白いものは雪ではなく、霜の塊りです。
 
メジロ(メジロ科)
メジロ
 今にも倒れそうです。どのようにつかんでいるのでしょうね。
 
モズ(♀ モズ科)
モズ ♀
 珍しく番いで出て来ましたが、別のところにとまって、2ショットにはなってくれません。

 午後、買い物のお供で、伊賀市治田(はった)の治田川沿いで鳥見しました。冬になってからは初めてです。
 
コガモ(カモ科)
コガモ
 前が♂、後が♀ですが、近づこうとしません。
 こちらが近づくと、川幅が狭いため逃げ場がないからか、飛び立ちました。逃げる場合、向こう岸に遠ざかるのが通例ですので、心の準備ができておらず、アワワのうちに、見つけていなかった集団まで一斉に飛び立ってしまいました。(^^ゞ
 
エナガ(エナガ科)
エナガ
 十数羽の集団です。
 あちらの木、こちらの木に飛び移って、集合写真にはなりません。
 ほかに、シジュウカラ、メジロの集団が混在していました。

関連記事

タグ: 野鳥  自然・季節 

Comment

No:1694|No title
昨日のメジロの数合わせの件、虫メガネを利用して再確認しましたが、はっきりと確認出来たのは3羽でしたよ。
残りの3羽は、これがメジロなの?…てな感じで、確信が持てませんでした~確信が取れたのは、我が頭脳の衰えでしたよ(笑い)。
そして、今日のモズ~出来るならば、腹の様子も見たかったですね。
No:1695|No title
確かに寒いですね。
静岡県も、ぶち寒いです。

鳥は逃げますよねえ…そんなとこにいたのかよってな所から。
私も最近「オシドリ」に逃げられてしまいました。
逃がした鳥は大きいですからねえ…

エナガは声は聞くんですが、新潟では雪と氷の中へ出て行く勇気はなかったなあ…

で、2枚舌って(笑)??
No:1696|No title
小さな小鳥は軽業師のような身のこなしをしますが、特にメジロはウルトラC級の演技ですね。(今頃はウルトラCとは言わなくてGでしょうか・・・)
コガモの♀も人間同様奥ゆかしい所があるのか♂が亭主関白なのかどちらかでしょうかね。

今日里山で鳥がいたので撮影していたら本格的な野鳥写真家ふうの人達が三脚で構えた立派な望遠レンズで鳥を待っていました。
なにかこちらのカメラがみすぼらしく感じ、数羽写して退散しました。(^^ゞ
No:1697|kucchan さん
>残りの3羽は、これがメジロなの?…てな感じで、確信が持てませんでした~
>確信が取れたのは、我が頭脳の衰えでしたよ(笑い)。
ユーモアあふれたコメント、ありがとうございます。
まぁ、写真が・・・(^^ゞ

>モズ~出来るならば、腹の様子も見たかったですね。
おや、そうでしたか。
口を開けていて、舌が2枚に見えましたので、この写真にしました。
No:1698|take1 さん
>鳥は逃げますよねえ…そんなとこにいたのかよってな所から。
>私も最近「オシドリ」に逃げられてしまいました。
オシドリは私も探していますが、まだ出会えません。
しかし、あれだけ撮影されていて、まだ悔みますか・・・
逃げられたら仕方ない、また会えるだろう、ですよ。
また会えないこともしばしばですけど・・・^^;

>で、2枚舌って(笑)??
take1 さんのことです。^O^
↑の返事のとおりです。
No:1699|hitori-shizuka さん
>今頃はウルトラCとは言わなくてGでしょうか・・・
私は、E 難度までしか知りませんが・・・
メジロはあれだけ動くのですから、体をひねったりしないで、
回り込めば楽なのにと思うのですがね。

>野鳥写真家ふうの人達が三脚で構えた立派な望遠レンズで鳥を待っていました。
>なにかこちらのカメラがみすぼらしく感じ、数羽写して退散しました。(^^ゞ
分かります。
け~たいのカメラでパシャパシャやられると、(*^日^*)゛ヾ(ーー )ォィ と思うこともありますね。(^^ゞ
でも逆の場合、何がわりぃんやと・・・^^;

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する