大霜・初氷


 今朝はグッと冷え込みました。
 
ビオラ
パンジー
 寄せ植えのビオラも花壇のパンジーも、このとおりです。
 初霜ではありませんが、目に見えるように花がお辞儀したのは初めてです。

 温度計を見ると0℃、睡蓮鉢をのぞいたら氷が張っていました。
初氷
 初氷です。
 撮影しにくいと思って、端を持ち上げようとしたら、三角形に割れました。

 こういうものの写真は、やはり難しいですね。^^;

関連記事

タグ: 自然・季節  草花 

Comment

No:1359|さむっ!
こんにちは。
今朝は本当に冷え込みましたね。
辺り一面、真っ白い霧と真っ白い霜。見たからに寒そうな風景でした・・・

あららら・・・ビオラも寒そう!
でも、こちらでは毎朝お馴染みの姿なのですよ。
玄関先のガーデンシクラメンの花に霜が当たって、
可哀想な姿になってしまいました(泣)
ガーデンシクラメンは、ビオラより寒さに弱いんですってね。
日中は少しは暖かくなりそうなので、
傷んだ花だけ摘み取って、快復させてあげなくちゃあ・・・
そのくらいのことは、私がやりますよ!
(そうそう、金柑の甘露煮(↓)も、作ったのはわたしです、念のため…)

氷の写真・・・
一瞬なんだかわかりませんでした。
こうして見ると、きれいなものですねぇ~
水滴コロコロにしても、この三角氷にしてもそうですが、
uke-enさんって、不思議な世界を生み出すのですねぇ~
次は何が飛び出してくるのやら・・・楽しみ♪
No:1361|No title
朝方の気温が0℃、しかも、氷とは…ならば、ビオラやパンジーも「この様な姿」になりますよね。
更に、寒くなると、「花」や「葉」も「コチコチ」に、しかも、触ると「ポキリ」と折れてしまいますよね。
でも、日差しが当たると復帰する…本当に強い花ですね。
私も、この花たちと同じように「花の調達・植え付け」に頑張りますよ(笑い)。
No:1363|みさとさん
いくら我が家が寒いといっても、信州の方からご覧になれば、何言っとんねん(とは言わないか?)でしょうね。

鉢花は軒下に移動してもらう予定でしたが、冬支度が遅れました。
これから温度が下がると軒下でもお辞儀することはしばしばですが、それでも何とか生き延びて、冬の玄関を飾ってくれます。

>傷んだ花だけ摘み取って、快復させてあげなくちゃあ・・・
>そのくらいのことは、私がやりますよ!
>(そうそう、金柑の甘露煮(↓)も、作ったのはわたしです、念のため…)
金柑の甘露煮は、ご主人の得意分野そうに見えました。^O^
アルフィー?の株分けはご主人がされたと、最近のコメントがありましたね。よほど再コメントしようかと思いましたが、余りしつこいと嫌われそうなので、遠慮しました。(しとらんがな!)

>氷の写真・・・こうして見ると、きれいなものですねぇ~
>水滴コロコロにしても、この三角氷にしてもそうですが、
>uke-enさんって、不思議な世界を生み出すのですねぇ~
もっとおっしゃってください。(^^ゞ
水滴コロコロは、えっ!誰もやってないの?でしたが、こちらは苦し紛れです。

結果よければすべてよし!チャンチャン!^O^
No:1364|kucchan さん
植物が霜で傷むのは、霜が朝日で融けるとき気化熱を奪い、さらに温度が下がって、細胞を破壊するからです。
なぜこんなことを知ってるかといえば、当地では、お茶の霜対策で、水を吹き付けわざわざ凍らせる方法があります。
ゆっくりしか融けませんから、0℃以下に下がることはありません。
これにならって、大霜が予想されるとき、霧吹きをしてみようかな。
うまくいかないでしょうね。^^;

>私も、この花たちと同じように「花の調達・植え付け」に頑張りますよ(笑い)。
これこれ、適当なところでやめておかれないと、お身体にもさわりますし、どこかから鉄槌が・・・^O^

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する