軍手乗り

 朝方は4℃、午前中は薄日が射す程度でしたが、午後からは陽射しが多くなりました。
 
ヤマトシジミ(シジミチョウ科)
ヤマトシジミ
 こんな姿を見かける時季になりました。
 かわいそうにと思う反面、見えないところでお願いと、勝手なことを思っています。

 午前9時前に回ってもチョウの姿がなく、10時頃また行ってみました。
 
ヤマトシジミ(シジミチョウ科)
ヤマトシジミ
 この時刻には、さすがに日向ぼっこの♀がいて、隣にはまだ寝ている♂のツーショットです。

 うん、待てよ。
ヤマトシジミ
 何ちゅう寝相の悪さ!大の字(中の字?)になって寝ています。
 こんな寝相は見かけたことがなくピクリともしませんので、てっきりご臨終と、念のため、右の指でツンツン安否確認しました。
 驚いたことにご存命でして、あちらも驚いたのか軍手につかまりました。

 さぁ、困った。
 手元にコンデジはないし、デジイチではとても無理、思案に余ってそのまま宅配することにしました。
 軍手の繊維が足に絡んでいたわけではありません。多分、寝起きでボーッとしてたのでしょうか、幸いなことに逃げませんでした。

 家内にコンデジを持ってきてもらい、失敗覚悟でとりあえず撮影してもらいました。(^^ゞ
 
(家内撮影)
ヤマトシジミ
 家内は、数枚撮ってやめましたが、一応何とかなっていますね。
 
ヤマトシジミ
 コンデジを受け取り、利き腕でない左手で四苦八苦して撮影しました。

 慌てふためいた上、撮影に苦労した割には、手乗りに成功したという喜びが、さっぱり湧いてきません。なぜでしょうね。

 やはり、チョウの足の動きを、直に皮膚で受け止めていないからでしょうか。^^;

関連記事

タグ: シジミチョウ科  寝相  手乗り 

Comment

No:1265|やったね!
こんにちは。
まずは軍手乗り、おめでとうございます!
とうとうやりましたね・・・
証拠写真も撮ることができて、よかったよかった!!!
夫婦連携プレイの勝利ですね(笑)
奥様の撮られた写真、いい感じです・・・
uke-enさんの左手で撮ったという写真もピントバッチリで、
さすがにプロ根性(?)出てますねぇ~
さぁー、お次はスキンシップです。
直に肌と肌が触れ合えば心も通って、ひと味違った感激かもよ(^_-)-☆

手乗り成功に、こちらまでご機嫌になってしまいましたが・・・
最初の写真は、本当に心が痛みますねぇ~
できることなら、このような姿は見たくないですよね。
でも、これも自然の摂理・・・仕方のないことなのでしょう・・・
昨年の冬に庭で雪かきをしていたとき、
キタキチョウの真っ黄色の翅が一枚、真っ白な雪の中で目にとまりました。
キタキチョウは成虫で冬を越すのだけれど、
何か災難にでも遭遇してしまった結果なのでしょうね。
それを見たときも、なんとも言えない気持ちになりました・・・
No:1268|No title
朝方4℃と、こういう時期になると一番上の様な可哀想な姿を見る機会が多くなるのでしょうね・・・悲しいですが、これも天より与えられた運命と思い諦めるしかないですね・・・でも、できるなら「見えない場所」でお願いの心境ですね。
大の字(中の字?)になって寝ている「ヤマトシジミ」~犬や猫と違い、誰が見つけても「ご臨終」と思いますよね…。
更に、つつくと、軍手に乗るなんて、これ又、異常事態発生ですよね。
もし、素手だったら乗り移りましたかね~これも知りたいですね。
それにしても、夫婦二人の共同作業なんて最高じゃぁないですか。
お二人の共同作業の姿が目に浮かびますよ・・・。
No:1269|みさとさん
>まずは軍手乗り、おめでとうございます!
>とうとうやりましたね・・・
はぁ、ありがとうございます。
でも、とうとうやったという気になれないのです。^^;
経過からお分かりのとおり、乗せようとして乗ったわけじゃなく、畑から玄関までの数十m、へっぴり腰で、右手を目の高さまで上げたまま、恐る恐るよたよたと、この動画のほうが値打ちありますね。(^^ゞ

>証拠写真も撮ることができて、よかったよかった!!!
はぁ~い、それはそのとおりです。いくら乗った!と言っても、写真がなければ言っただけですものね。

>奥様の撮られた写真、いい感じです・・・
ありがとうございます。1枚を除いてちゃんと写っています。
撮影に慣れていないので、ダメ元で頼みましたが、何とかなるものです。(^^ゞ

>uke-enさんの左手で撮ったという写真もピントバッチリで、
>さすがにプロ根性(?)出てますねぇ~
シャッターボタンは右側にあるし、左手で撮影するのがこんなに難しいとは思いませんでした。バリアフリーなんて全く考えてない道具だと痛感しました。必要ならリモートシャッターでも買え、ということでしょうかね。
とにかくこれが発見でした。

左母指と中指以下で挟み、人差指でシャッターボタンを押そうとするのですが、なかなか指が言うことを聞かず、何もしないでもカメラは揺れるし、ボタンを押すとてきめんにズレ、散々でした。
プロ根性(?)の?の意味をお聞きしたい気持ちはありますが、とにかく執念深さのたまものでしょうか。^^;

>最初の写真は、本当に心が痛みますねぇ~
そうですね。このようなことも直視しなくてはいけないのでしょうけれど、割り切れませんね。
割り切れなくていいのだ、とも思います。
No:1270|kucchan さん
>でも、できるなら「見えない場所」でお願いの心境ですね。
この写真を載せるかどうか迷いました。
2頭続けて見ましたので、こういう時季だと・・・

>大の字(中の字?)になって寝ている「ヤマトシジミ」~犬や猫と違い、誰が見つけても「ご臨終」と思いますよね…。
またか、てな感じでした。
こんな無防備な姿で寝ているとは思いもしませんでしたので、ダメだろうと思いながらのツンツンでした。

>更に、つつくと、軍手に乗るなんて、これ又、異常事態発生ですよね。
>もし、素手だったら乗り移りましたかね~これも知りたいですね。
生きていたことにも、離れないことにも驚き、どうしようと瞬間的にはオタオタしました。
今度こんな寝相を見たら、軍手を脱いで、左手で、安否確認してみますね。(^^ゞ

>それにしても、夫婦二人の共同作業なんて最高じゃぁないですか。
家内は訳も分からず、カメラ持って来い、撮影しろ、で泡を食ったと思います。共同作業なんて意識は、持てなかったと思いますよ。^^;

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する