蝶ノート(その12)

 2コマ目です。
 
ウラギンシジミ(♂ シジミチョウ科 10月23日撮影)
uraginshijimi21.jpg
 ツバキの葉陰に逃げ込んで、ぶら下がっています。
(トリミング)
uraginshijimi22.jpg
 かなりスレています。
 いつも開翅は中途半端でしたが、やっと平開してくれました。
uraginshijimi23.jpg
 先輩諸氏のブログで、裏翅からオレンジ色を透かした写真をよく見ますので、真似してみました。
 イソップのカエルでしょうか?
テングチョウ(タテハチョウ科テングチョウ亜科 10月23日撮影 トリミング)
tenguchou02_20101101230431.jpg
 18日撮影分とは違って、傷みがほとんど見当たらない個体です。
 18日撮影分は「ヒメアカタテハ」フォルダに入っていましたが、今回は「アカタテハ?」フォルダでした。(^^ゞ
 この日も気付いていなかったどころか、撮影したという記憶すらあやふやです。^^;

関連記事

タグ: シジミチョウ科  タテハチョウ科 

Comment

No:1129|温もりのある灯り
今日は一人でのんびりしてますので、
ゆっくりと拝見しながら、コメント書かせていただいてます。

ウラギンシジミ、まだ出会ってません(泣)
三枚目の写真、狙いどおりに透けてますねぇ~
温もりのある灯りのようなオレンジ色を感じます・・・

そう言えば、我が家の和の空間に提げてある電気の傘、
真っ白い和紙でできているのですが、
なんか、この透けてるウラギンシジミさんに雰囲気が似てます(笑)
No:1135|みさとさん
上まで一通りコメントいただいているのは分かっていますので、おヒマだろうと想像はできますよ。ありがたいお友達です。

>三枚目の写真、狙いどおりに透けてますねぇ~
透けてはいますが、ウデが伴わないくせに、狙いどころのレベルは高いのです。(^^ゞ
贅沢ですね、みさとさんは、まだご覧になられていないのですから・・・(^-^)v←?

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する