トリ放題

 朝方は曇り空、一時的ですが陽も射しました。午後3時頃から本格的な雨になりました。

 裏の畑でチョウの撮影に四苦八苦していたところ、鳥の集団が近くのスモモの樹に飛んできました。エナガです。10羽以上いましたが、ちょこまか動き回り、撮影に焦っていたため、数えられませんでした。(^^ゞ
 イモムシを食べるヒト、新芽を啄むヒト、益鳥か害鳥か分かりません。人間のエゴに関係などなく、あるがままなのでしょう。
 あっという間だったと思いましたが、10分ほどもいて、潮が引くように去っていきました。
エナガ(エナガ科)
エナガ
エナガ
エナガ
エナガ
 一番下の飛び出しの写真のみトリミングしました。

 じっとしていない、枝がジャマ、逆光、焦りなどで、トリミングしないで載せられるのは数枚、近いところでは2~3mまでのところまで来てくれたのに、情けない話です。
 どうせウデですよ。(スネテル?)
 以前の教訓が生かされていませんね。^^;

 エナガばかりと思いましたが、おなじみさんが1羽ずつ混じっていました。
 
シジュウカラ(シジュウカラ科 トリミング)
シジュウカラ
 
ヤマガラ(シジュウカラ科)
ヤマガラ
 このヒトだけ少し居残って、イモムシを食べていました。

 ところで、苦労していたチョウの撮影は何か、ですって。(聞かれなくても言わないと、記事が終わりません。(^^ゞ)
 
ヤマトシジミ(シジミチョウ科)
ヤマトシジミ(シジミチョウ科)
 ワラビの茎になっていました。
 6頭のうち奥の2頭は♂、寝起きの悪い手前の4頭は全部確認していませんが♀ばかりでしょうか。男女7歳?にしてベッドを同じくせず、ですね。

 望遠側(55~250mm)しか携えていませんでしたので、無理があります。これもウデ?^^;

関連記事

タグ: 野鳥  シジミチョウ科  寝相 

Comment

No:1115|No title
昨日の優秀作「水滴」写真~雨か霧かは良く理解できました。
こちらでは、霧が殆ど出ず、撮りたくても撮れません~まぁ、腕もtoolも無いもんで(笑い)無理は承知ですが・・・。
そして、今日のテーマのトリ放題…思わず「撮り放題」と想像しましたが「鳥放題」とは・・・座布団を2~3枚差し上げなくては・・・。
↑から四枚目のトリミング エナガは素晴らしいですね。
デジ一では、こんな状態も撮れるのかと~これではカメラは手からはなせませんね・・・それにしても、素晴らしいです。
一番下のヤマトシジミの隊列を組んだ様子~以前、何かは忘れましたが見た事があります。
もしかして、集団で防衛体制を組んでるのですかね・・・。
No:1116|kucchan さん
雨か霧かの件、おかげさまで、お蔵入りの写真が陽の目を見ました。2匹目のどじょうはいなかったですが、鯛が釣れました。^O^

歌丸師匠、トリ放題で2~3枚も座布団がもらえるのでしたら、今頃スカイツリーより高いところで座ってますね。(^-^)v

エナガの飛び出し写真は、狙ったヒトに逃げられ、隅にこれが写っていました。ばらしてしまうと、身も蓋もない話です。
たくさん撮ると、たま~にご褒美が落ちています。捨てたものにそんなものがあるかもしれないと、ゴミ箱を漁ることもありますよ。

ヤマトシジミのこんな状態は、私には初めてでした。
寝てる間に見に行くこともしばしばですが、あちこちでバラバラに寝ています。ワラビも辺りに一杯あります。
集団的自衛権を行使する条約でも結んだのでしょうか?
No:1117|ジュディ・オングさん?
こんにちは。
いいですねぇ~ 野鳥たちがいっぱいで・・・
これじゃあ、ブログのネタに事欠きませんね(笑)
エナガ・・・横向きの姿がステキ!

飛び出しの写真は、格好いいですねぇ~
さすが、飛翔写真のプロ!(やっぱデジイチに完敗じゃなくて、乾杯!)
翅がこんな風に見えるのですねぇ~
♪Wind is blowing from the Aegean 女は海~…
たぶん、ジュディ・オングさんもビックリ!

枝の1本や3本、全然気になりませんよ!
(…とはいっても、手前の1本は邪魔!!!)
みんな綺麗な鳥ですねぇ~
ヤマガラの色合いがお美しい・・・

あらっ、今頃ワラビの花が咲きましたかぁ~
すごい光景ですね!
京都って、不思議がいっぱい・・・
No:1118|みさとさん
>いいですねぇ~ 野鳥たちがいっぱいで・・・
>これじゃあ、ブログのネタに事欠きませんね(笑)
それがそうでもないのですよ。
雨の3日も・・・で、すぐサボろうと考えてしまいます。(^^ゞ

>翅がこんな風に見えるのですねぇ~
この姿は珍しくはありますが、何故皆さんが感心されるのか、やっと気づきました。
羽は残像ではありません。ハリセンみたいな羽が、畳み込まれているのです。小鳥では、こんなタイプの羽は、結構あるようです。
美しいことには変わりありません。UhUhUh- AhAhAh- ♪

>ヤマガラの色合いがお美しい
シジュウカラの背中と、どちらがお好みでしょうか。
http://ukeminoengei.blog103.fc2.com/blog-entry-85.html

>京都って、不思議がいっぱい
はい、名字は安倍と言います。晴明38代の子孫です。(ウソの三八)
寒くても、ワラビに花を咲かせるなんて、お茶の子です。
ところで、ワラビの花って、どんなのでした。
No:1119|No title
エナガのドレスを広げた姿 本当に綺麗ですね。
それにしてもいつも鳥や蝶の写真を感心して見せてもらっていますが、毎日どのくらい観察されているのでしょうか?

ヤマトシジミ 同じ枝に数頭も連なり、また♂♀が別々に止まっている光景、水滴の付いたシジミチョウ、さらにはアサギマダラ君の渡りなど、uke-enさんの記事で初めて見聞きさせてもらいました。(^∀^)感謝
先日、TVでアサギマダラが「蔵王から与那国島まで2200㎞」を飛んだ記録があるとの話を聞き、小さな蝶の生命力に感動させられました。
No:1120|hitori-shizuka さん
>毎日どのくらい観察されているのでしょうか?
痛いところを突きますね。
朝6時半までには起床し、朝食後いったん玄関先に出て、竹やぶ、電線等を点検します。
連ドラ終了後、家の周囲、畑をパトロールが日課です。

園芸作業、畑作業の場合も、当然、近くにカメラを置いています。
さえずり、羽音で、そっとダッシュです。

自然や生き物が織り成す現象は、ほとんどが私も初めてです。^^;
瞬間、瞬間で、素晴らしい、面白い場面を見過ごしたのではないかという焦燥感に駆られることがあります。ホントにビョーキですね。

No:1127|律儀にお答えします・・・
とっても律儀なわたくしですので、お答えをば・・・
>シジュウカラの背中と、どちらがお好みでしょうか…
私は基本的にサーモンピンクが好きなので、やっぱりヤマガラ。
シジュウカラの背中も、拝見してみるとシックで素敵な色合いでしたけど・・・

>ところで、ワラビの花って、どんなのでした…
アハハハ・・・ワラビに花なんて咲きませんよね!
ワラビではないけど、『冬の花ワラビ』ってご存知?
一昨年にご紹介した記事ですが、興味があったらご覧くださいね。
URLは、こちら(↓)から・・・
http://i-like.blog.ocn.ne.jp/iblog/2008/10/post_20a3.html
No:1133|みさとさん
>律儀にお答えします
この上に5コマあるのが分かっているのですから、嬉しいですが律儀すぎます。^^;
適当に流してくださいね。

よく見かけますので、ヤマガラくんに伝えておきますね。
最近我が家では、何や状態ですから、喜ぶと思いますよ。

「冬の花ワラビ」って、引きこもっていましたから、ご存知ではありません。
抜け目なく、マイブログのPRをされてますね。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する