青の宝石

[2010/07/06 29℃/23℃]

 久しぶりに裏の畑に上がってみると、草ぼうぼう、景色が変わっていました。
 これでは、キジが歩いていても、とても見えません。

ツユクサ(露草)

 陽射しの下の青色は、なかなか出ませんね。
イヨカン(伊予柑)

 鈴なりです。まだ、ゴルフボールより小さいでしょうか。
カキ(柿)

 少し傷んでいます。花はたくさんあったはずなのに、きれいな実すらありません。
スモモ(李)

 大きさは一人前ですが、鳥がつついたもの以外は、まだ青いままです。
関連記事

タグ: 野草  果樹 

Comment

No:476|No title
今日、HC園芸コーナーで宿根フロックスを見かけました。
白粉、赤粉...記事と同じ花でしたよ(素人目で)。
イヨカン、柿、スモモと順調に生育中ですね。
しかも、鈴なりとは・・・更に、鳥さんにも差し上げるなんて、我が家では考えられません。
やはり、栽培規模の差ですかね。
No:477|No title
 イヨカン、スモモなどの果物が自宅で収穫できるとは羨ましいですね!自家製で安心して食べられますね。
我が家は、場所がなくて果物は背丈2メートル位の富有柿の木といちじく位です。
柿の木は、昨年はヘタムシにやられ、実がすべて落下し全く口に入らなかったのでフウランでも着生させて香りでおなかを満たそうと考えたりもしています・・・?
No:478|No title
kucchan さん
 1年ほど前の「オイラン草」という記事で、宿根フロックスの件を確認させていただきました。kucchan さんのブログを、役立たせていただいてますよ。
果樹は、栽培規模の差と言うよりは、栽培態度の差でしょうか。思い入れのあるkucchan さんと、放任栽培の我が家では、比べものになりません。
まだupしていませんが、今日(7/7)の記事、きっと笑えますよ。
No:479|No title
hitori-shizuka さん
 我が家は夫婦だけですから、消費するにも限度があります。木が大きくなると、鳥害も生産調整と笑っておれますが、おいしいものを取っていくのがシャクの種です。
カキは、数年前に家内が植えたもので、私は今年初めてあることに気づきました。^^; まだ8年にならない若木なので、実はほとんど付きません。
それにしても、香りでおなかを満たせるhitori-shizuka さんは、仙人のような方ですね。^O^

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する