らしくない(5(6)月の虫たち ガ編その2)

 
 朝方は9℃、ブログ記事の範囲では10℃割れは4/30以来です。
 陽射しが強く最高気温は26℃でしたが、ひんやりした風が爽やかでした。




 さて、ガ編その2ですが、全て6月のことになりました。その1はこちらです。
 
 
カシコスカシバ(スカシバガ科スカシバガ亜科 2017/6/3)
カシコスカシバ
カシコスカシバ
 ムラサキ・ポイントで見かけました。飛来したので、とまってくれぇと強く強く念じました。(^^ゞ

 どう見てもハチですから知らなければガとは分からなかったと思いますが、図鑑サイトでこれもガと見知っていたので、スカシバだとすぐ分かりました。
 私と一緒で賢いのかと思ったら、食草がブナ科だから樫小透羽だそうです。(^^ゞ
 
 
キスジホソマダラ(♀ マダラガ科クロマダラ亜科 2017/6/1)
キスジホソマダラ
 ワラビ畑で見かけました。
 昨季撮影してハチかなと悩んだので、これは覚えていました。と言っても、分かったのは今年の5月のことですから、それを忘れていたら危ないですよね。(^^ゞ
 
 
シロモンノメイガ(ツトガ科ノメイガ亜科 2017/6/1)
シロモンノメイガ
 これもワラビ畑で見かけました。
 すぐ葉裏に潜るので撮影は難しかったですが、こちらもワラビに埋もれて撮影しました。
 ガらしいガなのに、何故かマドガと勘違いしました。
 
 
マドガ(♀ マドガ科 2017/6/1)
マドガ
マドガ
 鉢植えのクレマチスの葉裏にとまっていました。うどんこ病が目立ちます。^^;
 まるでサングラスをかけたチンピラですね。
 
マドガ(交尾 左:♂・右:♀ 2017/6/1)
マドガ交尾
マドガ交尾
 多分同一個体だったと思うのですが、シークワーサーの防虫網にとまっていた♀に、飛来した♂が体当たりしたかと思うと一瞬の後に交尾成立です。
 マドガの交尾はお初です
 
 
キンモンガ(アゲハモドキガ科 2017/6/2)
キンモンガ
 ワラビ畑で見かけました。黄色味の強い美しい個体でした。
 少なくても年1回は撮影しますが、まだ閉翅姿を見たことがありません。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: 昆虫(蝶以外)  交尾 

Comment

No:9321|気になる
私と一緒で・・・と思ったらのくだりについて
自然を尋ねると銘打ってブログに参入して10数年
その私が先生とよばさせて貰っている人がこの世に2名
一人は先生です。当ブログの主です。
しかしよくご存知ですね。・・・簡単!

ところで10時前ホタル観察から帰りましたがかなり冷えた感じですが
まだ19℃、
その観察で今年は蛾類、トンボの抜け殻、ホタルの数
どれも今のところ少ないです。
蜘蛛も大変少ない。
何が原因か調べていますが分かりません。
No:9322|自然を尋ねる人さん
大抵は役に立ちもしない知識の断片を弥縫して切り売り(売れもしないか。)しているだけで、おっしゃられるほど大層なものではありません。ネットが発達しているから、間違っている場合もあることを承知していれば、誰しも「先生」になれる時代です。

お褒めいただいて当然ながら悪い気はしませんが、女性の美しさの評価以外はそんなにべんちゃらがお上手ではなかったと思っていましたので、何があったのだろうと逆に心配しますよ。^O^

ほかの昆虫はもう一つよく分かりませんが、チョウについてであれば、本日回っても翔び交っているというシーンは見かけませんね。
種類数では、新生蝶は5/30段階で一昨季は32、昨季は28、今季は32と遜色ないように見えますが、個体数は段違いに少なく感じています。
越冬蝶については、一昨季は8、昨季は7、今季は6で、分母が小さいですから種類も個体数もかなり少なくなっていると思えます。

単に遅れているだけではなさそうで、原因としては冬が厳しく成虫だけでなく卵、幼虫、蛹での越冬も例年より難しかったこと、天候が芳しくない日が多かったのに5月は雨が極端に少なかったことあたりではないかと思っています。
逆に、花はほぼ平年並みに戻っていますから、それとのギャップもありそうです。
No:9323|が
こんにちは。

帰って参りました。
また、よろしくお願いします。

蛾にも、たくさんの種類がありますね。

蛾らしくないがもあります。

No:9324|
こんばんわー

↓記事・・・テングチョウ、ムラサキシジミ、アサマイチモンジ・・・
相変わらず私は今季お目にかかってません。
早く出会って撮影したいですね。
ピカピカのアゲハは、間もなく我が家でもお目にかかれそうです。
そして、今回の蛾・・・
蛾の種類が多いのは知ってましたが、実物を見るのは
少ないです。
今回、登場の方はどれも初見です。
特にカシコスカシバは蛾というより蜂に似てますね。
私なら、ぱっと見で蜂と間違ってしまいます。
残りの方は、怖くて近寄れそうにありません。


No:9325|mcnj さん
どちらにお出かけだったのか、また記事を拝見させていただきますね。

ガは種類が多いので、ガらしくないものを主に撮影しています。同定は種類が多い分、チョウより格段に難しいですね。
No:9326|kucchan さん
我が家のアゲハの幼虫は、行方不明になってしまいました。体液らしきものが残っていたので、ネットがあっても何かに捕まったのかも知れません。。

マドガやキンモンガは日中に活動しますので、ご覧になってるかとそちらでググってみましたが、出てきませんねぇ。
飛来したら毛嫌いしないで観察してみてくださいね。

カシコスカシバの翔び方は、説明できませんがハチとは異なる感じでした。まぁ、ハチでもこんなに細身なら撮影しますけど・・・(^^ゞ

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する