もう夏?(新生蝶 2017-No.15)

 
 朝方は15℃と高く始まり、最高気温は今季最高の27℃、二度目の夏日で暑く感じました。



 まずは、一昨昨日に見たお初くんです。
 
サトキマダラヒカゲ(タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科 2017/5/2)
サトキマダラヒカゲ
 裏の畑を歩いていると、どこかから翔び出して、フキの葉上にとまりました。
 すぐ逃げられたので、獣糞で吸汁していたのかもしれないと糞を探しましたが、いつもならパト中に避けてヨロヨロ歩かなくてはならないのに、いざ探すとなるとさっぱり見つかりませんでした。(^^ゞ

 1~2日後には何頭か羽化するだろうからと掲載を先延ばしにしてると、3日が過ぎてしまいました。

 サトキマダラヒカゲは、2016/5/1、2015/5/10、2014/5/13、2013/5/15、2012/5/19、2011/5/20がそれぞれお初で、出現時期はこれまでで一番早かった昨季より1日遅れになりました。




 本日は暖かい朝だったので、朝ドラ前にパトロールしてみました。
 
ヤマトシジミ(交尾 上:♀・下:♂ シジミチョウ科ヒメシジミ亜科)
ヤマトシジミ交尾
 裏の畑でワラビにぶら下がっていました。
(左:♂・右:♀)
ヤマトシジミ交尾
 極めて敏感であちこち翔ばれ、枯れかけた葉上ではホソハリカメムシ(かな?)が羨ましそうに見つめていました。
 交尾飛翔形式は←♀+♂でした。


 パトロールの収穫はこの程度で、以降は暑さに負けての庭の花壇に誰か来ないかなスタンスでした。
 
ベニシジミ(夏型? シジミチョウ科ベニシジミ亜科)
ベニシジミ
 デッキ前の花壇のアルメリアで吸蜜していました。背景はタイムです。
 前翅表外縁の黒帯の幅が広いので、えっ!もう夏型と思って追いかけましたが、なかなか開翅してくれませんでした。
 
(左:夏型?・右:春型)
ベニシジミ
 南側の花壇のクリサンセマム・ノースポールでの2ショットです。
 左側の個体が右側の個体にアタックしていたこともあったので、左側が夏型の♂、右側が春型の♀と思いましたが、定かではありません。

 ベニシジミの夏型はこれまで6月以降に撮影しており、その頃になってそやそや夏型の季節やなと撮影する程度でしたから、出現時期がいつ頃かの信頼できる記録はありません。
 
 
ツバメシジミ(♂ シジミチョウ科ヒメシジミ亜科)
ツバメシジミ
 この方も暑かったのか、デッキ前の花壇の濡れた土の部分で、移動しながらしきりに吸水していました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   交尾  吸水 

Comment

No:9169|良いこと
>枯れかけた葉上ではホソハリカメムシが羨ましそうに見つめていました。
その気持ちよくわかります。
ベニシジミはよく見かけますが今年は蝶を見かけるのが少ないように感じます。逆に私が出歩くことが少ないか行く場所が少ないかです。
No:9170|自然を尋ねる人さん
カメムシは、純生物学的に、最大の使命である子孫を残すことができることをうらやましがっているのであって、決してPeeping Tom 気分じゃありませんよ。

人間以外は、そういう下世話なことは考えもしないし、行うことはありません。だからこそ、人間も面白いのです。
No:9171|サトキマダラヒカゲ
お早うございます。

聞いたことのないな名前です。

初めてです。

シジミチョウのような、小さい蝶を、よく見つけられますね。
飛んでいるところは、見えますが、止まってしまうと、その場所を
探すのさえ、苦労します。

最初から、止まっているシジミ蝶は、まず、無理です。。
No:9172|
おはようございます。

不思議です・・・我が家庭内の事ですが・・・
蝶を探しに出ると殆ど会えず・・・
しかし、園芸作業など実施してる時は、えっ…蝶が・・・
ですよ。
昨日は、庭で雑用してると、シーズン越しのペチュイニアに
クロアゲハが・・・延々と吸蜜しており撮影が容易でしたよ。
サトキマダラヒカゲが、もう、出てるのですか・・・
我が家と比較すると早いですね。
ベニシジミ・・・良く見かけますが撮影してない。
なぜだろう・・・今度は撮影しよう・・・。
No:9173|
こんにちは。
新生蝶がもう15種!
こちらはようやく6、7番手として、
ツマキチョウやベニシジミのお庭訪問が始まったばかりです。

そちらでは、いよいよ「里山論争」が繰り広げられるシーズンになったのですねぇ〜
昨年初めてヤマに出会い、なんとなくサト・ヤマの区別ができたような気がします。
論争になりかけた時には、また同定をよろしくお願いしますね(^_−)−☆

朝ドラ前に、もう交尾カップルとの出会いですか?
蝶の行動開始は案外早いものですねぇ〜
「早寝早起き元気な子」なのでしょうか。
夕方早めにお床入りのような気がします。

ベニシジミのツーショット、素敵な一枚ですね!
ノースポールの白い花とのコラボが、とてもきれいです♪

このヨレヨレさんはツバメシジミですか?
まだ春なのに、まるでひと夏過ごした後のようでなお姿で・・・
表を見れば、今年の初見は4/16ですよね。
この子はどこをどう彷徨って、uke-enさんちのお庭に辿り着いたのでしょう。
No:9174|mcnj さん
サトキマダラヒカゲは信州にも生息しているので、お聞きになったことがあるとは思いますが、実際に見ないと覚えにくいですが、里黄斑日陰と書くとイメージが湧くでしょうか。

シジミチョウ科は大抵小さいですが、そういうものを探す目で見ていると結構見つけられます。交尾したまま翔んでいるものは、当たり前のことですが一回り大きいので、むしろ何や何やという気になります。
No:9175|kucchan さん
チョウ探しの場合大抵目当てがありますから、見慣れたチョウには目もくれない、すなわち不漁となります。それ以外のケースでは、期待もしていないのに見られたという印象が強くなるのでしょうか。
まぁ、一時流行ったマーフィーの法則なんて言い方もありますが・・・

>ベニシジミ・・・良く見かけますが撮影してない。
またまた、と思ってブログ内検索をかけましたが、今季は記事になっていませんね。
No:9176|みさとさん
チョウの出現時期が早かった昨季でも5/2時点で新生蝶17種、越冬蝶7種でしたから、遅い遅いと思っている今季でも、かなり追いついたという印象です。その地域で稀少性がある種は別にして、大部分は遅れても一定時期には見られるということでしょうか。

里山論争は卒業しました。と言うのは、我が家周辺にはヤマキマダラヒカゲはいないという結論によるものです。
山高きが故に貴からずですが、生きものの世界は山高きが故に貴し、寒さ暑さが厳しい故に貴しということがよくあり、そういう意味では当地は中途半端なようです。

このノースポールはこぼれ種によるものですが、たった1株なのに素直に大株になってくれました。昨季は一杯できてずい分引いて数株を移植したのですが、生育不良でいじけていました。大きなお世話だったようです。

ヨレヨレさんの複眼は黒、翅表は青、とすると見慣れたチョウならツバメシジミかルリシジミ、前翅裏の黒点の並びからツバメシジミと同定しました。
寿命について個体差が大きいのかどうか知りませんが、10日は超えていそうですね。
No:9177|
私は北海道育ちですが、子供の頃は「つまらん場所だな」といつも思っていました。子供向けの昆虫図鑑にさえ普通に載っている昆虫がいなかったからです。例えばカブトムシ(今では誰かが持ち込んだせいで生息していますが。。)アゲハ(北部では滅多にしか見れない)、ミンミンゼミ(一部の特定地域には昔からいましたが。。)等々です。今は。。サトキマダラヒカゲを見るためには少なくとも1時間位は車で走らなければなりません。
No:9178|ベニシジミ夏型
もうベニシジミ夏型登場ですか!
この蝶はブログを継続するのに最適な
被写体なので大事に撮影しています。
次はまっ黒個体を写してみたいです。
No:9179|clossiana さん
隣の芝生は青いじゃなくて、その地域で見られるものをちゃんと見て、きちんと撮影し、記録して考察?することが大切とは分かっていても、つい隣の芝生をのぞいてしまいます。

今となっては、北海道に住んでいたころに思いが残っていて、悔いも感じていらっしゃるのではないかと拝察しますよ。^O^
No:9180|ヒメオオさん
やはり夏型でしょうか。何となく感じていた季節差の移行時期より早すぎて、個体差の範疇かと心配していました。(^^ゞ

異常型は滅多にいないでしょうけれど、これからは日焼け組が見られるようになるので、ベニシジミは漏れなくのぞき込むようにしています。

日焼けコンテストを企画してくださいね。^O^

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する