腕の見せ所(新生蝶 2017-No.13)

 
 朝方は6℃、最高気温は21℃、風の強い一日でした。



 ハナズオウではクマバチしか見かけず、裏の畑に回ると黄色味の強いアゲハチョウが翔んでいました。
 キアゲハに違いない、飛翔撮影のウデの冴えを見せなくっちゃでしたが、
 
キアゲハ(♂ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
キアゲハ
キアゲハ
 あっさりヒメオドリコソウにとまり、吸蜜し始めました。(^^ゞ
 色合いも少しくすんだ感じで、左の尾状突起は欠けています。

 キアゲハの出現時期は、昨季初めて4月中に見かけただけで、それまでは全て5月以降でしたから、今季が遅いとは思えません。


[2017 新生蝶初見(初撮)日一覧表]
 20172016201520142013
月日 順月日 順月日 順月日 順月日 順
モンキチョウ 3/22 1 4/6 6 4/24 3/28 3/25
ルリシジミ 3/23 2 3/21 3 3/20 3/28 3/17
モンシロチョウ 3/23 2 3/8 1 3/20 3/16 3/16
ベニシジミ 4/2 4 3/17 2 4/15 3/25 3/16
アゲハ 4/9 5 4/9 7 4/16 3/29 3/30
ツマキチョウ 4/13 6 4/9 7 4/17 4/10 4/2
ツバメシジミ 4/16 7 4/9 7 4/24 4/12 10 4/1
ヒメウラナミジ
ャノメ
 4/16 7 4/10 10 4/24 4/26 12 4/15 10
ヤマトシジミ 4/18 9 4/4 4 4/26 12 4/9 4/10
ミヤマセセリ 4/18 9     3/31 5/8 13
スジグロシロチ
ョウ
 4/18 9 4/20 12 4/25 11 4/27 13 4/15 10
トラフシジミ 4/22 12 4/12 11 4/12 4/14 11 4/16 12
キアゲハ 4/24 13 4/20 12 5/6 16 5/6 15 6/9 16
コツバメ   4/5 5 3/22 4/3 3/19
ツマグロヒョウ
モン
   4/20 12 5/4 14 5/11 17 5/13 14
クロアゲハ   4/26 15 5/5 15 5/6 15 5/13 14
アオスジアゲハ   4/30 16 5/4 14 5/7 17 5/8 13
コチャバネセセ
   5/12 17 4/26 12 4/27 13 6/27 17
※ 我が家周辺で2011年からの各季の4月末までに見かけた新生蝶を、今季の初見日
 順で5箇年分を整理しています。
  今季まだ見かけていない場合は昨季の初見日順です。
  ただし、初見が5月以降の場合、この18種内での相対的順位を表示していること
 があります。


 チョウではほかに特筆すべきものはありませんでしたが、他の昆虫などではそれなりの成果がありました。
 虫たちで別記事にしますね。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   野草 

Comment

No:9114|取材
新聞社の取材中、トンボは来るし、ルリアゲハも来る。
空ではのどかにジェットの白い雲、藤は咲いても、蝶は撮れない。
無理もない二股かけたりどちらもダメになる。
よく理解できました。
No:9115|アオスジアゲハ
この蝶をよく見るのは堂々川の中流域標高30~100mの範囲
クスノキはほとんど見かけません。
ところで普通なら冊子が欲しいと言われるはずなのに
何もないところを見ると歴史は嫌いですね。
No:9116|
おはようございます!
あ、もう更新されている。
まずは前回の記事への感想をここに。

みさと64さんの
>「花と蝶のコラボがきれい〜」…というだけの写真ではなかったみたいです。
ドキッ!
「花と蝶のコラボがきれい~」
「どうして 逃げないの? どうしてちゃんとカメラに収まってくれるの? 産卵シーンまで!!」
この感想だけで送信!
と、思っていたのです。

・・奥が深い!
私はチョウがいたら まず写真を撮る!そこからはじまり。
・・はじまり期間が長いけれど・・

で、 今回「腕の見せ所」
こんなにきっちりと撮影されているのにご不満そうですね。
小さなヒメオドリコソウによくぞこんなに大きなチョウが!
隣の畑にも咲き誇っている「ヒメオドリコソウ」・・よく見ていようっと。
我が家のユズの木はその畑に1mのところ、あの蛹から飛んで行かないかなあ・・。

そして 自然さんからのコメントで・・
あら、そういえば今の季節のルリタテハ、アオスジアゲハが載っていない。
いないのかしら?見たような・・ブログ内検索。
いた!
ネギボウズに止まってた。
「我が家ではアオスジアゲハは比較希少種で」なのですね。そろそろお出ましあるかしら・・。

先日 九州でクスノキの群生を見て「アオスジアゲハ」がいないかなぁ、と探した私です。
山梨へ見かけるクスノキは学校の庭、神社・・個人宅の一本クスノキ、です。

あらら、長くなってしまいました。
 でも一括送信!!
No:9117|
こんにちは。
「撮影するこちらの身にもなってよね!」と言いたくなるような、
そんな場所に止まる蝶が恨めしいですよね。
他にもヒメオドリコソウはたくさん咲いていると思うのですが・・・ねぇ〜
でも、きれいに初撮りできたのですから、よしとしてください。
飛翔撮影の腕の見せどころは、これからいっぱいありますって!
さぁーて、今季の飛翔写真は期待しちゃうよぉ〜

キアゲハの出現はほぼ順当のようですが、
残る蝶の中で、順番が一桁なのはコツバメただ1種!
uke-enさんの今の心境は、たぶん「一昨日までのわたし」とおんなじなのでは?
…と、ご推察す申し上げる次第であります・・・
わたしは今、晴れ晴れとした気分で庭を眺めてま〜す♪
uke-enさんもいましばらく、心穏やかにお待ちくださいね。
いつの日かスッキリする日がやってきますから・・・

当方のモンシロもそうでしたが、コツバメがこんなにも出遅れとは・・・
一体どこに原因があるのでしょうね。
昨季のuke-enさんの行動に、何か思い当たる節はないですか?
母コツバメをいじめちゃったとか、愛の営みを邪魔しちゃったとか、
他にも子孫の代まで恨まれてしまいそうな、悪行三昧はございませんでしたか?
そんな影響しか考えられませんよね、ね!
わたしのところのモンシロの場合は、
自宅周辺の気候によるものなのかなぁ…なんて思ってますが・・・
No:9119|自然を尋ねる人さん
>二股かけたりどちらもダメになる。
>よく理解できました。

ホントですかぁ。
和紙作りでもするのかなと思うほど、ミツマタが何本もあるのじゃなかったですか。^O^
どこからそんなバイタリティが湧いてくるのか、いつも不思議に思ってますよ。


アオスジアゲハの水色のラインが美しく思えて、そちらで多い理由は何だろうと気にかかっています。当方でクスノキ科の木は、ヤブニッケイくらいです。
お寺や神社にはクスノキがよく植えられていると思うのですが、気づいたことがありません。


歴史は昔から好きで、今はチョウに次いでくらいの位置づけでしょうか。
ただ、郷土史の場合は、余程縁がないとちんぷんかんぷんが多いですね。
上御領は駅名にあっても御野という地名は地図でも見当たらないし、と思っていたら、平野村、下御領村、上御領村が合併して御野村になったのですねぇ。
そりゃ地元だわぁ。(^^ゞ
No:9120|take さん
>あ、もう更新されている。
季節の進みは早いのです。久遠寺の次に行かないとGWに入って、ますます行動力が先に進んでしまいますよ。

はじまりがないと始まらないですからね???興味を持っていただく方が増えると自身の観察以上の情報が集まりますね。

腕の見せ所は、次のコメントをご参照ください。見せられなくてホッとしている面も多分にありますよ。

>隣の畑にも咲き誇っている「ヒメオドリコソウ」
おうちの畑にはヒメオドリコソウがないのですか。さすがぁ!日頃のお手入れに、おさおさ怠りがないのですね。

我が家の畑では、そこここにかたまって咲いていて、アゲハチョウの仲間、ミヤマセセリなどが吸蜜に訪れるので、踏まないように歩いていますよ。花が終われば、そんなものがあったことすら忘れます。

注意書きのとおり、この表には今季を含めた7年間で4月中に見かけたものをリストアップしていて、アオスジアゲハは昨季初めて4月中に見かけました。明日以降まだ5日も!あります。

ルリタテハのように成虫で越冬するチョウは、別の表にしてあります。そちらが6種ですから、現在19種の種類を見たことになります。
No:9121|みさとさん
惜しかったぁ!キアゲハくらいの大きさであれば、飛翔撮影なんて朝飯前(ん?朝食は食べたっけ。)だったのですが、残念でした。
一度撮影できたら、以後飛翔を狙うことは少なくなるので、来季までお待ちくださいね。

この時期にモンシロチョウを見られなくたって、夏も秋もあるわいですが、コツバメの場合この時期を逃すと来季まで見られないことが大きな相違点ですね。
しかも、アセビでも枝垂桜でも逃げられたということもなく、気配する感じられないですから、一体どうなってるのという気持ちです。

あまり意識していないコツバメの終撮日ですが、2016は初撮日と同じ4/5しかなく、2015は4/28、2014は4/14でした。それ以前ならもっと大事に扱っていたのだろうと思いますが、それからすると今期は難しそうです。

交尾は見たこともなく、産卵は当たり前のように見かけていましたから、親の因果が子に報うでしょうか。ちょと違う?
No:9123|キアゲハ
こんばんは。

また、きましたか。

いいですね。

こちらは、ようやく、アゲハを初撮りしたところです。

No:9124|mcnj さん
これからは黒系アゲハの季節になります。お互いに楽しみですよね。
やはり大きいチョウは、迫力満点です。
No:9127|
こんばんわー

アゲハかキアゲハかは不明ですが、頭上を
よく通過します。
が、運よくピタリと着地は全然ありません。
私には飛翔撮影は無理なので早く着地して
欲しいです。
そうそう、今日は、アオスジアゲハも頭上を
通過しましたよ。
No:9128|kucchan さん
アゲハの♀なら、本日もミカン科の木に産卵に来てました。そちらでも気をつけててください。

キアゲハはシソ科ですから、そんな花があったでしょうか。パセリやニンジンは、確か栽培されてなかったですよね。我が家では、これも本日キアゲハがフェンネルに立ち寄っていましたが、産卵した様子はなくすぐいなくなりました。

アオスジアゲハ?影も形もありません。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する