待てど暮らせど(新生蝶 2017-No.6・越冬蝶 2017-No.6)

  
 
 朝方は1℃と冷え込み、茶園では防霜ファンがブ~~~ンとうなっていました。
 久しぶりの晴れ間で気温が高くなるかと思ったら、午前のうちから雲が多くなり、昨日一昨日の名残りのような風も吹き始めて、最高気温は何とかの17℃でした。
 
 
 
大阪城(2017/4/12)
大阪城公園
 昨日は左のクリスタルタワーに用事があったので、ついでに大阪城公園でお花見でした。
 まあどちらがついでか分かりませんが、一昨日の大荒れの日の余波で風が強く、晴れ間もほとんどなくて寒く、早々に引き上げました。




 3日お預けだったので、今日こそはと期待して出ましたが・・・
 
 
ツマキチョウ(♂ シロチョウ科シロチョウ亜科)
ツマキチョウ
ツマキチョウ
 裏の畑の続きのお隣の畑周辺で白いチョウが翔んでいて、どうせモンシロチョウだろうとは思いながらも、翔び方に違和感があったのでスジグロかも知れないとパシャパシャやってみました。
 眼が悪いのでフィールドでは前翅頂の黄色がさっぱり見えず、PCに落としてありゃりゃでした。(^^ゞ

 ツマキチョウなんてちょっと早すぎるのではと思って過去のデータを参照すると、近年は4月上中旬に見かけるのが通例で、今季はほかのチョウの出現時期がかなり遅れているからそう感じたようです。


[2017 新生蝶初見(初撮)日一覧表]

 20172016201520142013
月日 順月日 順月日 順月日 順月日 順
モンキチョウ 3/22 1 4/6 6 4/24 3/28 3/25
ルリシジミ 3/23 2 3/21 3 3/20 3/28 3/17
モンシロチョウ 3/23 2 3/8 1 3/20 3/16 3/16
ベニシジミ 4/2 4 3/17 2 4/15 3/25 3/16
アゲハ 4/9 5 4/9 7 4/16 3/29 3/30
ツマキチョウ 4/13 6 4/9 7 4/17 4/10 4/2
ヤマトシジミ   4/4 4 4/26 12 4/9 4/10
コツバメ   4/5 5 3/22 4/3 3/19
ツバメシジミ   4/9 7 4/24 4/12 10 4/1
ヒメウラナミジャノメ   4/10 10 4/24 4/26 12 4/15 10
トラフシジミ   4/12 11 4/12 4/14 11 4/16 12
キアゲハ   4/20 12 5/6 16 5/6 15 6/9 16
スジグロシロチョウ   4/20 12 4/25 11 4/27 13 4/15 10
ツマグロヒョウモン   4/20 12 5/4 14 5/11 17 5/13 14
クロアゲハ   4/26 15 5/5 15 5/6 15 5/13 14
アオスジアゲハ   4/30 16 5/4 14 5/7 17 5/8 13
コチャバネセセリ   5/12 17 4/26 12 4/27 13 6/27 17
ミヤマセセリ       3/31 5/8 13
※ 我が家周辺で2011年からの各季の4月末までに見かけた新生蝶を、今季の初見日
 順で5箇年分を整理しています。
  今季まだ見かけていない場合は昨季の初見日順です。
  ただし、初見が5月以降の場合、この18種内での相対的順位を表示していること
 があります。



 一方、アセビでの待ち人は、
 
テングチョウ(タテハチョウ科テングチョウ亜科)
テングチョウ
 自生のアセビで、今度はテングチョウでした。
 頭(鼻?)を花に突っ込んで吸蜜していて、うまく撮影できませんでした。こりゃウデです。^^;

 テングチョウは近年増えて、越冬明け個体を3月中旬までには見かけていたのですが、今季はかなり遅れています。


[越冬蝶出現(初撮)日一覧表]
 20172016201520142013
 月日 順 月日 順 月日 順 月日 順 月日 順
ムラサキシジミ 3/27 1 3/31 6 4/24 6 3/17 3 3/9 4
アカタテハ 3/29 2 3/21 4 3/22 4 3/12 1 3/9 4
キタキチョウ 3/30 3 3/5 2 3/17 1 3/17 3 3/7 3
キタテハ 4/4 4 3/5 2 3/22 4 3/17 3 3/6 2
ルリタテハ 4/5 5 7/3 8 6/3 9 5/17 7 10/5 9
テングチョウ 4/13 6 3/4 1 3/17 1 3/12 1 2/28 1
ウラギンシジミ   3/29 5 3/21 3 3/28 6 8/26 6
ヒオドシチョウ   4/15 7 5/30 8 6/4 8  
ヒメアカタテハ   10/14 9 8/14 11 6/13 9 8/27 7
ムラサキツバメ   10/19 10 8/16 12 10/7 10 
イシガケチョウ     4/27 7    
クロコノマチョウ     7/11 10    
※ 我が家周辺で過去5年間に見かけた成虫で越冬するチョウを、今季の初撮日順
 で整理しています。
  今季まだ見かけていない場合は、原則として昨季の初撮日順です。
 
 
アカタテハ(タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
アカタテハ
 庭の花数が半分ほどになったアセビでは、アカタテハがぶら下がりながら吸蜜していました。


 待ち人はアセビにも枝垂桜にも姿を見せず、新生蝶と越冬蝶の各1種がお初なのに全然達成感がありません。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: 花見    蝶(越冬) 

Comment

No:9052|
こんばんわー

クリスタルタワーでの用事、それとも、大阪城での花見・・・
本当にどちらがついでだったのかと・・・。
悲しいですが私にはクリスタルタワーが何なのかわかりません。
(出不精なので)
ツマキチョウ・・・すっかり忘れてました。
白っぽい蝶が現れたら、しっかり確認しなくては。
アセビにテングチョウやアカタテハが・・・
私もアセビのある場所は注意して観察してますが、
我が地域のアセビは花が散っており蝶に出会う事が
ありません。
我が屋の赤アセビを含めて、もっと遅く開花してくれればと
嘆いてますよ。
今日の収穫は、ヤマトシジミとキタテハでした。

No:9053|
確かにツマキチョウが写っていますね!
おめでとうございます。
それにしてもアセビにはいろいろな蝶がお出ましですね。
きっと待ち時間を伸ばせばお目当ての蝶も現れるんじゃないかな。
No:9054|kucchan さん
クリスタルタワーは、地上37階、地下2階、約150mの言わばテナントビルですね。大阪城の近くでずっと高いから、対比写真をよく見かけます。WIKIにも載っています。

ツマキチョウは一回り小さいし、翔び方が特徴的ですから、モンシロやスジグロとはすぐ区別できると思っていたのですが、このときはそんなものが翔んでいるとは思いもしなかったので気がつきませんでした。

アセビに花がなくても、コツバメにとっては食草ですから、産卵に来ることがありそうです。
No:9055|twoguitar さん
ハハハ、ありがとうございます。
次の機会にはまともな写真にしますね。

この自生アセビは午前中しか陽が当たりません。だから生育が順調のようですが、今のところ陽が当たる時間帯になかなか気温が上がりません。
これだけあちこち探してもコツバメの姿が見えないのは、当地ではまだ羽化していないように思えます。
No:9056|
蝶を追う時間がないのでブログに載せられません。

ご指導いただいた神社
私の家の近くには山王さんとか日吉神社とか呼んでいるのは
2つで、湯野地区に1つ、御領地区に1つ(石段174登ります)
どちらも山の中腹か山頂です。どちらも人によって呼ぶ名が違います。
No:9057|自然を尋ねる人さん
不信心もいいところなのに、神社やお寺というとすぐ反応します。神社の本社末社やお寺の派などが、だんだん身についてきましたよ。(^^ゞ

当地の鎮守は諏訪神社といいますが、信州の諏訪大社にはろくろく詣でることがなく、何かといえばお伊勢さんです。まぁ、あそこは神さんの中の神さんですから、間違ってはいないのでしょうけど・・・

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する