もしかして もしかして ♪(越冬蝶 2017-No.4)

  
 
 朝方は3℃でしたが、陽光燦々気温がグングン上昇し、最高気温は今季初?の20℃に達しました。
 
 
 
アセビ(ツツジ科アセビ属)
アセビ
 ジャノメ・ポイントから西へ50mほどのところに、立派なアセビがあります。
 以前探鳥の際はこの前を何度も通ったはずですが、花の時期ではなかったためか気にもかかりませんでした。

 この写真は午後のものですが、朝のうち陽が当たっても午後には陰ります。三方を高木に囲まれているため、夏の強い光は避けられるようです。
 日照を好む植物と思っていましたが、暑さや乾燥は苦手なようで、半日陰で育てるほうがよさそうです。

 我が家の地植えと鉢植えのいずれもが生育順調でなく、待てども待てどもコツバメは姿を見せないので、昨日あたりからパトロールのルートに入れています。
 
ビロウドツリアブ
 1回目のパトロールでは、ビロウドツリアブしか見かけませんでした。
 ホバリングしてくれても向こう向きのままで、ちょっと失礼しました。
 
ムラサキシジミ
 2回目に茶色のチョウらしきもの、いた!と思いましたよ。
 
ムラサキシジミ #2(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科)
ムラサキシジミ
 色が薄いとは思ったのですが、ムラサキシジミでした。それでも、ムラサキシジミがアセビで吸蜜するシーンは初めて見かけました。

 #2?と思われた方は鋭いですね。以下はおおむね時系列で載せます。
 
 
ムラサキシジミ #1
ムラサキシジミ
 こんな日ですから、朝早めにムラサキ・ポイントを回ったら、カシ類から翔び出したムラサキシジミがチャノキの葉上で日向ぼっこをしていました。ずい分粘ったのですが、気温が12℃ほどの時間帯だったからか、開翅してくれませんでした。
 左後翅に裂け目が見えます。
 
 
ムラサキシジミ #3(13:02)
ムラサキシジミ
 越冬中のムラサキシジミです。
 こんな日にどうやいねい(どこの言葉?関西弁もどきか?)とツッコミを入れましたが、午後1時過ぎまではこのままでした。
 
#3(13:11)
ムラサキシジミ
 再度確認すると越冬場所からいなくなっていて、キョロキョロ探すとすぐ上の葉上にとまっていました。
 左右前翅の外縁が切れたようになっていて右が大きいので、越冬個体に間違いありません。
 
ムラサキシジミ
 高いところでしたが開翅してくれました。
 
#3(14:47)
ムラサキシジミ
 次のパトロールの際葉上に見当たらなかったので、念のため越冬場所の枯葉をのぞき込んでみると、ちゃんと元どおりになっていました。
 この写真では分かりにくいですが、前翅外縁も同じように切れています。

 ちょっと待ってよ。越冬は完了して今夜の寝室にしてるだけなの、それともまだ越冬は続いているの、どう整理しようかなぁ。^^;
 
 
ムラサキシジミ #4
ムラサキシジミ
 この個体はヨレヨレです。高いところでしたが、青鱗粉もほとんど落ちているようです。
 
 
ムラサキシジミ #5
ムラサキシジミ
 #3の越冬場所出戻りを確認した後の時間帯に、チャノキの葉上から葉裏をなめていました。
 開翅はしてくれませんでしたが、外見上は傷みが少ないように見え、#1~#4とは別個体のようです。

 何かムラサキシジミに翻弄されたような一日でした。
 
 
キタテハ(タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
キタテハ
キタテハ
キタテハ
 東の畑のハナニラで吸蜜していました。

 過去6季、キタテハは全て3月末までに見かけていて中には2月中という例もあったのですか、今季初めて4月にずれ込みました。


[越冬蝶出現(初撮)日一覧表]
 20172016201520142013
 月日 順 月日 順 月日 順 月日 順 月日 順
ムラサキシジミ 3/27 1 3/31 6 4/24 6 3/17 3 3/9 4
アカタテハ 3/29 2 3/21 4 3/22 4 3/12 1 3/9 4
キタキチョウ 3/30 3 3/5 2 3/17 1 3/17 3 3/7 3
キタテハ 4/4 5 3/5 2 3/22 4 3/17 3 3/6 2
テングチョウ   3/4 1 3/17 1 3/12 1 2/28 1
ウラギンシジミ   3/29 5 3/21 3 3/28 6 8/26 6
ヒオドシチョウ   4/15 7 5/30 8 6/4 8  
ルリタテハ   7/3 8 6/3 9 5/17 7 10/5 9
ヒメアカタテハ   10/14 9 8/14 11 6/13 9 8/27 7
ムラサキツバメ   10/19 10 8/16 12 10/7 10 
イシガケチョウ     4/27 7    
クロコノマチョウ     7/11 10    
※ 我が家周辺で過去5年間に見かけた成虫で越冬するチョウを、今季の初撮日順
 に整理しています。
  今季まだ見かけていない場合は、原則として昨季の初撮日順です。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: 花木  昆虫(蝶以外)  蝶(越冬) 

Comment

No:9006|
雪が積もっているような花盛りのアセビ見事です。
チョウの知識が無かった私にはuke-enさんから得た刷り込み?ですが、アセビイコールコツバメが頭に浮かびます。
アセビの花の中のチョウ色合いからスプリングエフェメラル1号と見間違いましたよ。
越冬していたムラサキシジミが同じ塒(場所)に戻る自体、私はどう考えても不思議に思います。
他のキタキチョウやモンシロチョウには見られないように思いますが?
No:9007|hitori-shizuka さん
家庭でもしっかり作っている方のアセビには、美しいものも多いですが、我が家では2株枯らしたし、やはり野に置けと思わされました。

アセビのチョウがコツバメと思ったのはほんの一瞬で、ムラサキシジミだとすぐ分かってしまいました。ストーリーの関係で引っ張りました。(^^ゞ

ミドリシジミ亜科のゼフといわれるチョウは、初夏~夏場朝早く下草に降り、夕方遅くまで翔び回るので、その伝でいけばムラサキシジミも宵っ張りの早起きなのかも知れません。
それでも寝る必要があるハズで、私は寝相を見たことがなく、先輩諸氏のブログでも見たことがありませんが、緑葉の上なら天敵に無防備ですから、枯葉の上で寝ているのだろうと想像しています。
今回の場合、この個体は用心深く元の場所が安全と承知しているので戻ったのではないかと考えています。
No:9008|越冬蝶
お早うございます。

ムラサキシジミも、長いこと、眠りから覚めて、
飛び立つ準備ができたようですね。

周りは、おう、春一色です。
No:9010|mcnj さん
このムラサキシジミは、本日午前中にいなくなりました。また戻ったのか確認していませんが、この暖かさなら大丈夫でしょう。

春一色はいいのですが、花粉症が急にひどくなりました。
No:9011|
こんばんは。
最高気温が20℃ですか? 今日はもっと高かったのでしょうね。
きっとたくさんの出会いもあったのでしょうけど、
それは今宵のお楽しみってことで、更新を待たずにコメします。
こちらは17.7℃まで上がって、今年の最高でしたけど、
キタキチョウの目撃だけで収穫はゼロでした。
せっかく草取りに励んで、長い時間外にいたのに・・・なんだかなぁ〜

見事なアセビの木ですねぇ〜 大きくて花もたくさん咲いて!
あまりにも木が大きすぎて、小さなコツバメさんを探すのに苦労しそうですね。
毎日通っていれば、きっとすぐに出会えますよ〜♪

アセビで吸蜜してるムラサキシジミ、目の色が綺麗ですねぇ〜
ムラサキシジミ #3には驚きました!
お目覚めになっても、ご主人様が来るまで近くで待機してたのですね。
そして、越冬中に見守ってくれたお礼にと、開翅のサービスまでしてくれて・・・
その上、元の越冬場所へ戻って一夜を過ごすとは、なんてドラマチックなんでしょう。
さて、#3はどのように整理されて記録されたのでしょうね。
今日のご機嫌伺いが気になるところです・・・

ムラサキシジミのニューフェースが、また現れたのですね。
まぁ、ポイントがあるくらいですから、たくさんいても不思議ではないけれど、
でもワクワクしますね。
わたしは、ここ二年続いて年に一回だけの出会いしかありませ〜ん。

キタテハの出現が例年よりも遅い・・・
またひとつ、継続観察の成果が出ましたね♪
No:9012|昨日あたり
蝶の数は種類を含めても今年最高。
こちらさんの種のコツバメ以外はすべて見た気がします。
20℃を超えたら暑く感じます。
No:9013|みさとさん
いろいろとプレッシャーをおかけいただくので、返コメより本日の記事を先にアップしましたよ。ご覧のとおりそれほどパッとはしませんでした。写真の方はもっとパッとしませんけど・・・(^^ゞ

当地では昨日と違い陽射し燦々とはならなかったので、新生蝶でも、おニューはもちろんのことベニシジミなどは1頭も見かけませんでした。

このアセビに本日の黒いチョウなら遠目でも分かりますが、コツバメやムラサキシジミは紛れてしまいますね。ただ蜜が美味しいのか、それらは吸蜜に執心しているから大丈夫なところもあります。

ムラサキシジミは、ムラサキ・ポイント付近に全部で何頭いるのか想像しにくいですね。晴れの暖かい日が続くと目処がたちそうですが、明日からは雨続きのようです。
No:9014|自然を尋ねる人さん
そちらはもともと暖かい地域なので、穏やかな日が続いているのでしょうか。

お怒りやご不満な点もありそうですが、吾唯足知で心穏やかにお過ごしくださいね。^O^

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する