防霜

 
 
 朝方は-3℃、薄曇りで最高気温は12℃、午後3時頃からは雨になりました。



 リクエストがあったので、トゲの花を載せますね。
 あのぉ、犯人?探しはやめてくださいね。私がそう思っただけですから・・・(^^ゞ
 
オベリスク(2017/1/26 7:39)
霜
 庭に転がっている壊れたオベリスクの帯の部分です。鉄製だからトゲの花がよく咲いています。
 
ブッドレア(フジウツギ科フジウツギ属 2017/1/26 7:57)
霜
 裏の畑のブッドレアの花ガラです。裏の畑は開けているので冷え込みも厳しいようです。
 
 
キタキチョウ E05(11/22~ 秋型♀ シロチョウ科モンキチョウ亜科
2017/1/26 7:56)
キタキチョウ
 周囲にはトゲの花が咲いているものもありますが、キタキチョウにはほとんど影響がないようです。
 
 
ムラサキシジミ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科 2017/1/26 8:00)
ムラサキシジミ
ムラサキシジミ
 カシ類の葉にもトゲの花が咲いています。奥まったところにあるこの枯葉は大丈夫だと思っていたのですが、周りには霜がついています。

 ムラサキシジミは1/18まで2個体と確認していたのですが、1/25には1個体になってしまいました。


[ムラサキシジミ越冬個体数の推移]
11/12-11/1511/30-12/112/2-12/412/5-12/2412/25- 1/18 1/25-
112321
※ 日付は当初確認日から最終確認日を示しています。
  なお、11/16から11/29までは越冬個体 0、1/19-1/24は確認できていません。


 多分再会のウラギンシジミは、その翌日の1/18にいなくなってしまいました。
 この結果、本日現在で継続観察中の成虫越冬蝶は、ムラサキシジミ1個体、キタキチョウ1個体となりました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: 自然・季節  蝶(越冬) 

Comment

No:8896|観察
観察は好きですがここまで統計的観察は出来ません。
話変わってある人曰く
嬉しかったこと、本日備後自然のかの監査にでかけました。
無肥料、無農薬推進の会です。
嬉しかったこと慈姑を1kg貰ったこと。
砂留をオンリーワンになるかどうかの話を貰ったこと
ミコアイサを今までいなかった池で見つけたこと。
スーパーのレジの娘がかわいかったこと
結構あるものです。
No:8897|
花後のブットレアなのに花が咲いているような霜の花は見事です。
針のような長い霜の花が出来るのは寒暖の差が大きいからでしょうが、そのうえ空中の水分も影響するんでしょうね。
こちらではせいぜい車のフロントガラスにうっすらとできる程度で、鋭く長い霜の花は滅多に見れませんよ。
越冬チョウが2頭になってしまって少し寂しいですが、付近に移動したのでは?
今年こそムラサキシジミの越冬明けが見られることを願うばかりですね。
No:8898|越冬蝶
お早うございます。

頑張っていますね。
頼もしい限りです。

明日からは2月。
寒さも、これが最後でしょう。
No:8899|
こんにちは。
ムラサキシジミが1個体になってしまったのは、すごく残念です。
せっかくミニ集団越冬かと思っていたのにね。
何が気に入らずに塒を出てしまったのでしょう! …って、そんなことはないはず!
きっと、自分の意思とは違った何かがあって止む無く…ってことなのでしょうね。
残りのムラサキシジミさん、独り寝は寂しいでしょうけど、
どうか春まで頑張って!…と願わずにはいられません。

成虫での越冬蝶は、様々な試練が待ち受けているのですね。
先日の冷え込んだ日のことですが・・・
外で立ち話をしていたら、なんと目の前を蝶が飛んで行きました。
枯葉の見間違いかと目で追ってみたのですが、赤っぽくてタテハ蝶っぽい蝶でした。 
風に逆らいながらも舞ってましたから、あれは間違いなく蝶です!
強風が吹き荒れてた時だったので、きっと風で飛ばされてそのまま彷徨っていたのかも・・・
おしゃべり最中でしたから、追跡ができなかったのが悔やまれます。
その後庭や農機具小屋の中など、あちこち探してみたけれど見つかりませんでした。
どこかで無事に越冬していればいいのですが・・・
No:8900|
こんばんわー

環境が厳しいのでしょうか・・・
遂に、越冬蝶がムラサキシジミ1個体、キタキチョウ1個体ですか。
やはり、例年より寒さが厳しいのでしょうか。

No:8901|またまたです。
こんにちは。

四日市の、耳利神社、アップしました。
No:8902|自然を尋ねる人さん
もっと越冬集団数や構成する個体数が多ければ、それなりに比較もできるのですが、この場合は記憶用のメモ程度にしかなりません。
ただ、ブログを見返すといつ頃どうだったかは確認できますから、こういうようなデータ整理をしています。

うれしいことがたくさんあっていいですね、

京都のお雑煮は白味噌仕立てにエビイモなどを入れ、クワイはお節料理の定番なので、今頃クワイとおっしゃられても6日のアヤメという感じです。
No:8903|hitori-shizuka さん
空気中に含まれた水分が露点(湿度100%のときの気温)以下になると昇華して(朝)露になるのですが、露点が0℃以下だと昇華すると霜になります。
日中の気温が高いと空気中に水分を多く含むことができるので、冷え込むと多領の水分が昇華することになりますので、凍ったものが積み重なって針状になります。

以上、理科の時間でした。^O^
No:8904|mcnj さん
寒さがこれで最後ということはなく、今日も霜の花が咲いてましたよ。

後刻、耳利神社にお参りに行きますね。
No:8905|みさとさん
ムラサキシジミの集団が瓦解したのは、それはそれで仕方がないと思いますが、力尽きたのか、どこかに塒を移したのかそこのところが知りたいですね。
青ければ別ですが、枯葉が積もった場所でムラサキシジミの翅裏では、僥倖でもなければ見つかりませんけどね。

これまでムラサキシジミの越冬明けは観察したことがありませんので、今期こそはと願うばかりです。

気温が低くてもチョウが姿を見せるときは、落下したか危険を感じたかのいずれかでしょうね。家内が草刈りしていたら、足元から黄色いチョウがと言ってました。(^^ゞ
No:8906|kucchan さん
この冬は暖冬の予報でしたが、暖かい日が多いけれど冷え込みがきついといった印象です。
まぁ、当地は山あいの集落ですから、寒いのはいつものことですが、世間が雪なのに当地では積もらないというのは余り記憶にありません。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する