キタキチョウ越冬団地移転

 
 やみ間のない雨の一日でした。



 昨日一昨日の様子です。
 
 
キタキチョウ(シロチョウ科モンキチョウ亜科 13:23 2016/11/26)
キタキチョウ
 東の畑の崖面です。
 中央少し右の黄色いものは草が×印をしているようにキタキチョウではありませんが、それでも3個体います。上側の1個体が11/15から継続観察しているものと思われます。

 この団地は2個体が増えた新規のもので、11/19の3団地はすべて消滅し、どの場所でも1個体すら見つかりませんでした。その原因は、日中でもキタキチョウが翔ぶような暖かい日が何日かあったこと、強い風などで草むらの状態が様変わりしていることなどが考えられます。

 これ以外は、同じ崖で1個体を見つけただけで、キタキチョウは都合4個体と激減しています。



 さて、ムラサキ・ポイントでは、
 
ムラサキシジミ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科 2016/11/26)
ムラサキシジミ
 枝が大揺れの風が吹いていたので、この日はムラサキシジミ1個体だけを見かけただけでした。
 下草(シダ)に降りてくれたのですが、開翅はお預けでした。
 
 
ウラギンシジミ[11/15~](シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科 2016/11/26)
ウラギンシジミ
 こちらは変化がありません。

 スズメバチも一日で1~2頭しか見かけなくなったので、そろそろムラサキ兄弟の塒やウラギンシジミのぶら下がり追加個体を探してみたいと思っています。
 
 
ツマグロヒョウモン(タテハチョウ科ドクチョウ亜科 2016/11/25)
ツマグロヒョウモン
 こちらは一昨日、裏の畑で見かけました。
 ツマグロヒョウモンはずっと♂ばかりでしたが、久しぶりの♀でした。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: 蝶(越冬)   

Comment

No:8679|キタキチョウ
お早うございます。

今回は、3個体とも、見つけました。

ツマグロヒョウモン、元気にしていましたか。
こちらでは、すっかり、見かけなくなってしまいました。
No:8680|kucchan
こんばんわー

キタキチョウ越冬団地とは・・・
この様な団地が有るとは・・・素晴らしい。
最初の写真で2頭は簡単に確認出来ましたが、
残りの1頭は・・・多分、中央部のやや右下の
方が対象かも・・・。
我が地域では、一昨日にルリタテハが遊びに
きましたが(証拠写真なし)、他の蝶は見かける事は
殆どありません。
やはり、この寒さでは・・・。
No:8681|mcnj さん
今回はウオーリーのつもりではありませんでしたよ。もう少し写真がクッキリしていて、かつ、難しくないと皆さんに失礼ですからね。

ツマグロヒョウモンは、思ったより元気でした。この距離程度で逃げられましたから・・・^O^
No:8682|
今日の記事ではスズメバチが気になりました。
我が家のモロギ(ネズミさし・室の木)の皮を毎日持ち帰り、巣ずくりにせいだ下から、近くにいるはずです。
その巣が見つからず茂った木の中に入っていません。
キタキチョウ本日は見つかりませんでした。
No:8683|kucchan さん
正解です、って、ウオーリーのつもりではありませんでしたよ。まぁこれなら分かるでしょうという程度でした。
この場所は崖でも少し窪んだところですから、雨や風も少しは避けられるから、このように集まるのでしょうね。だけど、12-4=8で、一体どこへ行ったのでしょうか。

ルリタテハは成虫で越冬しますから、暖かい日にはまた見られるでしょうけれど、そろそろ力尽きるチョウをよく見ておいてくださいね。
No:8684|自然を尋ねる人さん
そちらではスズメバチがまだ営巣中なのでしょうか。女王蜂はもう死んでいる頃だし、越冬可能なのは朽木に潜り込む次期女王蜂だけのハズですから、今頃営巣しないと思われますがいかがでしょうか。

まだ生き残っているスズメバチが危険なことは変わりありませんので、薮に入るのはもう少し先の方が安全な気がします。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する