日向ぼっこたち

 
 朝方は13℃、晴れときどき曇りながら陽射しは強く、最高気温は21℃に達しました。

 福島県沖のM7.4の地震と津波での被害は少なかったとはいうものの、余震が続いていて早くおさまって欲しいものだと思っています。




 暖かくて陽射しがあったので、ムラサキ・ポイントのパトロールです。
 
 
ウラギンシジミ(♀ シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科)
ウラギンシジミ
 
(♂)
ウラギンシジミ
 私の承知しているところでは、この時期のウラギンシジミは、厚みのある葉の裏に爪を突き立ててぶら下がっているからそうそうは出て来られないというものですが、このヒトたちはまだ越冬態勢に入ってなくて、葉に爪を引っ掛けておねむしている段階なのでしょうか。
 本日は風があって大量の枯葉やドングリが落ちてきていたため、驚いて翔びだしたのかも知れません。
 
ウラギンシジミ
 いずれかの個体がぶら下がっていた方なのかと確認しましたが、こちらは特に変わりがないようです。
 
 
ムラサキシジミ 上:#2・下:#1(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科)
ムラサキシジミ
 本日の2ショットです。
 
#1(♂)
ムラサキシジミ
 葉表のアブラムシ類の排泄物を舐めていたので口吻の先を接写しようとしたのですが、すぐやめて開翅してくれました。あのねぇ。
 
#2(♂)
ムラサキシジミ
 前翅外縁が両方とも縦にカッターで切り取られたような先日の個体ですが、どうしてこうなったのかの理由を未だに思いつきません。
 
#3(♀)
ムラサキシジミ
 樹下のチャノキに降りて開翅してくれました。
 比較的傷みの少ない個体です。♂と違って相方を探す必要のない分、活動することが少なかったからでしょうか。


 本日は、ムラサキ・ポイント常連さんのムラサキツバメは姿を見せてくれませんでした。



 残り少ない命を謳歌している方を記録として載せておきますね。
 
 
チャバネセセリ(セセリチョウ科セセリチョウ亜科)
チャバネセセリ
 裏の畑で見かけました。
 これまで11月中旬の撮影記録はあるのですが、11月下旬の撮影は初めてです。記録として残そうという思いはなかったので、見かけても撮影しなかっただけかもしれません。
 
 
モンキチョウ(♀ シロチョウ科モンキチョウ亜科)
モンキチョウ
 裏の畑で久しぶりに見かけました。こちらの撮影記録も11月中旬までです。
 
 
ツマグロヒョウモン(♂ タテハチョウ科ドクチョウ亜科 2016/11/20)
ツマグロヒョウモン
 裏の畑で毎日のように♂ばかり1個体だけ見かけます。撮影できなかったので一昨日の写真ですが、黄色のブッドレアで吸蜜中です。
 こちらの撮影記録も11月中旬までです。


 ほかに、ウラナミシジミ、ヤマトシジミ、モンシロチョウを見かけましたが、ベニシジミは姿を見ませんでした。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: 蝶(越冬)   

Comment

No:8665|
今日は暖かかったから昼から蝶も沢山飛びました。
赤とんぼも発見、明日から寒くなるようですが
トンボは生き延びられるのか多少心配しながら
紅葉見物をしました。
No:8666|自然を尋ねる人さん
本日は朝の気温が最高気温になりそうな気配で、昨日までとは一転して寒くなりそうです。

成虫で越冬するトンボは、オツネントンボとホソミオツネントンボの2種だけだったと思いますが、当地ではそれ以外のトンボは数えるほどになっています。
チョウは成虫で越冬するものが結構いますが、アサギマダラのように渡りができる訳ではなく、避けることのできない冬を越すのは昆虫などにとって大仕事なのでしょうね。
No:8667|ウラギンシジミ
まだ、活躍中なのですか。

日当たりが良いと、こうして、出てくるのですね。
いまのうちに、養分を蓄えて、冬眠生活に備えるのでしょうか。
No:8668|
多くの蝶が11月中旬に姿を消すのですね。
明日は関東でも雪の予報が出ていますが、そのあと蝶はどうなるでしょうか、心配であると同時に興味あります。
No:8669|mcnj さん
本日もお昼前後に陽射しがあったので回ってみましたが、12℃では姿が見えなかったですよ。やはり15℃程度は必要みたいで、真冬でもそんな日には現われることが珍しくありません。

クマやリスのような食いだめは効かないようですが、寒さを凌ぐためある程度は養分を貯えているのでしょうね。
No:8670|ダンダラさん
関東の気象情報では、雪で明朝までには積もりそうということのようですね。当地でも11月中に雪なんて記憶にありませんが、冬には死滅するチョウを雪の中で撮影できるチャンスですね。^O^

寒さの厳しい当地では、成虫越冬するもの以外早い時期に見られなくなるとの印象でしたが、見慣れたチョウは撮影しなかったとも考えられますので、今季はいつまで見られるのか気にかけてみたいと思っています。

No:8671|
こんにちわー

我が地域・・・54年振りの初雪で・・・
最高気温も4℃と部屋に閉じこもり状態です。
ここ最近、ウラギンシジミは飛んでる姿は
見かけますが、停車してくれずです。
チャバナセセリも、らしき姿は見かけますが
撮影はしてません・・・撮影すべきと反省してます。
モンキチョウも・・・ときどき見かけますが、何ーだ
モンキチョウかで見過ごしてます。
この考え方が、uke-enさんとの違いだと・・・反省。
No:8672|あたり
嘘の38から販売枚数まで怖いくらいの正解。
正解の方にはプレゼントをしていますが!
ご要望ならメールをください。
No:8673|kucchan さん
当地も先の暖かさから急に寒くなって、身体がついていきかねる状況です。今日は朝からしとしと雨で、気温の上昇も陽射しも期待できそうにありません。
それにしても、先日の関東の積雪には驚きました。記録的な11月中の積雪もあるのですが、当地より雪が先に降ってあれ?という感じですね。

成虫では越冬しないチョウがいつまで見られたかについて、これまで気にかけず撮影もしなかった点は一緒ですよ。何の理由でそう思ったのか不明ですが、この時期だろうの印象では当てにならないことは身にしみましたので、最終確認日を記録しておきたいと思いました。
昨日もツマグロヒョウモンを見かけましたが、えっ!まだいたのという受け止めです。
No:8674|自然を尋ねる人さん
二股かけてみましたが、やはり密かの方が当たったみたいですね。^O^

枝豆も遠に終わったと思いますし、プレゼントの中身が気にかかりますが、いつも面白い記事を拝読させていただいてますので、お気遣いなく。
No:8675|やっと見つけるも
ウラギンシジミにムラサキシジミの開翅画像
お見事です。小春日和には越冬蝶たち楽しそ
うですね!
私も昨日1頭だけ見沼田んぼでキタキチョウ
の越冬個体を見つけましたが、その後の気温
上昇で飛び出して見失ってしまいました。
No:8676|ヒメオオさん
当方でもキタキチョウ団地3箇所は、その後の気温上昇で全て瓦解して、1頭も残っていませんでした。昨日改めて探すと、新設団地1箇所を見つけましたが、トータル数は激減です。
本日upする予定です。

一方では、ムラサキ兄弟の塒も、ウラギンシジミの追加ぶら下がりもさっぱり見つかりません。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する