朝霧の日の恒例行事(水滴コロコロ(2016-03))

 
 近畿では氷点下の地域もあったようですが当地の朝霧で最低気温は3℃どまり、午前中は陽射しがあり最高気温は18℃になりましたが、木枯らしが吹きそれほど暖かいとは感じませんでした。




 用事で出遅れましたが、恒例行事です。
 
 
ヤマトシジミ(シジミチョウ科ヒメシジミ亜科 8:08)
ヤマトシジミ
 
(8:14)
ヤマトシジミ
 
(8:16)
ヤマトシジミ
 草の茎などに頭部を上にしてつかまる、正座、葉上に横たわる、この3スタイルがヤマトシジミの主な寝相で、大半は正座している印象です。
 
(8:25)
ヤマトシジミ
 2ショットも3シーンほど見かけました。
 
 
 
ベニシジミ #1(シジミチョウ科ベニシジミ亜科 8:19)
ベニシジミ
 花ガラばかりのフジバカマで、水滴コロコロ今季初のベニシジミです。
 ベニシジミの寝相は、逆さ水平にぶら下がるか草の茎などに頭部を下にしてつかまるのいずれかがほとんどです。
 
ベニシジミ
 ヤマトシジミとの2ショットで、寝相の違いがよく分かります。
 
#1(9:26)
ベニシジミ
 この時刻になると、ヤマトシジミ2個体はおねむのままでも、ベニシジミは開翅しています。
 
 
ベニシジミ #2(8:32)
ベニシジミ
 セイタカアワダチソウの個体です。
 
#2(9:22)
ベニシジミ
 こちらも開翅しています。
 
 
ベニシジミ #3(8:32)
ベニシジミ
 エノコログサの個体です。アキノエノコログサではなさそうですが、どんなものでしょうか。
 かなり黒ずんでいて、前後翅とも縁がガタガタです。
 
#3(9:24)
ベニシジミ
 開翅すると、やはり傷みが激しい個体でした。
 
 
 
ムラサキシジミ(♂ シジミチョウ科ミドリシジミ亜科)
ムラサキシジミ
 ムラサキ・ポイントではこの1個体だけが翔んでいました。
 低い位置で気安く開翅してくれましたが、どこか形がアンバランスだと感じました。前翅外縁が左右とも縦方向に切れているようです。
 風で揺れ動く上、オオスズメバチが樹冠下を往来して2回鉢合わせしそうになったのでシッポを巻きました。^^;
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   水滴コロコロ  寝相 

Comment

No:8644|ヤマトシジミ
お早うございます。

このシジミは、なかなか、止まってくれないので、撮るのが、難しいです。
拡大して見ると、綺麗な模様をしていますね。
No:8645|
蝶の休む姿勢が確認できたのは黄色の蝶
道路には5頭程度の死がいが見つかりました。
葉のある枝の下方の葉の下で逆さにぶら下がっているのを発見
暖かくなると飛びまわり多い時は10頭を超えていました。
No:8646|mcnj さん
ヤマトシジミは結構よくとまってくれるのですが、この時期は確かに忙しそうにしていますね。朝ならお花畑でも見つけやすい場所にとまっていると思いますよ。
霧があれば、適度な大きさの水玉がついて美しいものです。

あのぉ、しょうもないことを申し上げるのが私の癖のようになっていますから、真面目に受け取っていただいて謝っていただくと何か悪いことをしているような気がします。
適当に流して、アイツまた何か言ってるで済ませてくださいね。
No:8647|自然を尋ねる人さん
越冬するキタキチョウは全て秋型で、寒さに耐性がないのか夏型や夏秋中間型は死滅してしまいます。

秋型は前翅表の両角の黒斑があるかないか程度で、今度★を見つけたら翅を開いて確認してみてください。前翅表の両角の黒斑が大きければ秋型ではありませんので、寿命です。
そんなに多くの秋型であれば事件です。はみ出した車の荷物か、悪意のある誰かが藪をつついたのでしょうか。
No:8648|ヤマトシジミには朝露が良く似あう
陽が射しまとった朝露が煌めく
「ヤマトシジミ」
その翅の地色が灰銀色なので、
逆に鮮やかに感じました。
No:8649|
こんにちは。
用事で出遅れたとおっしゃいますが、
この時期の野外出勤は、8時と言えばかなり早い時間ですよ〜
いつも早朝のお勤め、ご苦労様で〜す!

やっぱりヤマトさんのコロコロは素晴らしい・・・
どんな寝相でも、もれなくびっしりコロコロですね♪

ベニシジミとの色んな比較も面白いですねぇ〜
ベニシジミのコロコロと比べて見たけれど、
ヤマトのコロコロの方がきれいに見えるのは、やはり色柄のせいでしょうか。

ベニシジミは開翅して、ヤマトシジミおねむのままの2個体って?
これ、わたしにはちょっとしたウォーリーでした・・・
(下の白いヤマトさんに目がいかなかったけど、なんでだろう…)

「シッポを巻きました。」 …で、この蝶はムラサキシジミなのですね(^_−)−☆
No:8650|ヒメオオさん
ベニシジミにもう少し大きい水玉が結んでくれると美しいのだろうと思いますが、ピカピカ個体でも大きくはなりませんね。

この時期なると、ヤマトシジミの魅力再発見です。
No:8652|みさとさん
我が家は山に囲まれていますので、この時期には8時を過ぎるとお日さまが見えてきます。明るくなっていないと撮影してもブレブレ(ウデ?)ですから、明るくなってお日さまが見えるすぐ後まで勝負です。
時間がたつと水玉も乾いてしまいますし、チョウも目覚めることになりますので、悠長には構えておられません。

ヤマトシジミの水玉が美しく見えるのは翅色の関係もあるとは思いますが、よく見るとどの水玉も球のままでくっついているからではないでしょうか。ベニシジミの場合、触覚はそうなっていますが、ほかはくっつきすぎてひしゃげて、乱反射しているような気がします。
まぁ、余りよく分かりません。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する