空抜け(アサギマダラ(2016-05))

 
 朝方は12℃、雲が広がっていました。雲間から時おり太陽がのぞき始め、午後には青空になり、最高気温は23℃でした。
 夕方には冷え込みが強くなり、本日の最低気温は深夜の10℃割れとなりそうです。



 過去6年のアサギマダラ観察では一番遅い確認日が10/26だったし、陽射しのある午前中にも見かけることがなかったので、そろそろ終幕宣言かなと思いながら午後も出動しました。
 
 
アサギマダラ #3(♂ タテハチョウ科マダラチョウ亜科)
20161027-asagi-01.jpg
アサギマダラ
 定番写真です。かなり敏感で、背後に回って開翅写真を撮影することに苦労しました。
 左後翅に欠けが見られ、翅表もスレ傷が多く見えます。

 斑紋を見比べると #3 のようで、10/23の個体も #3 と確認できました。#3 を初めて確認したのは10/18ですから、実に10日間我が家周辺に滞在していることになりますが、これまで確認した連続滞在は4日間が最高ですから、エライ長居しています。
 翅が傷んでいるのも当然に思えます。
 
アサギマダラ
 かなり敏感だったのは、こういう小さなアブ(かな?)やハチ、ほかのチョウからちょっかいを出されたことも理由の一つだと思われます。
 
アサギマダラ
アサギマダラ
アサギマダラ
 アサギ・シーズンも終わったと考えていたので課題を設定していなかったのですが、身の程知らずにも青空を見て空ヌケの飛翔写真をと思い立ちました。
 マクロレンズでは難しいことを承知でトライしてみましたが、フレームに収めることも難しく、何とか見られるものを選んでもこの程度です。広角レンズが必要と再認識しました。(ウデ?)(^^ゞ
 
アサギマダラ
 モンシロチョウにちょっかいを出されている証拠写真も撮影できました。アサギマダラは右端に頭部だけがピンボケで写っています。^^;
 
アサギマダラ
アサギマダラ
 いつもの飛翔写真もこの程度、どんな日もありますね。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: アサギマダラ 

Comment

No:8524|
こんにちは。
まだアサギマダラを楽しまれているのですね。 いいなぁ〜♪
ん? 10日も滞在ですか? 後ろ髪引かれ隊かっ!
いつまでも引き止めてないで、早く南へと旅立たせてくださいね。
南の方々が、首をなが〜くして待っているのですから・・・
遠回りでも四日市あたり経由で…と、よ〜く言い聞かせてくださいね。

青空をバックにサワフジバカマでの吸蜜シーン、やっぱりこれですよね!
小さなアブ(蜂?)と共演の写真や最後の2枚を拝見して、
見事に咲いてるサワフジバカマに感動です。
これだけ咲いていれば、アサギマダラもついつい長居をしてしまうでしょうね・・・

さて飛翔の1枚目、これってウォーリーかと・・・
空ヌケの飛翔写真挑戦だったのですね。失礼しましたっ!
2枚目は浅葱色の陰影も美しい〜
そして3枚目は後翅に光が当たって…と、
アサギマダラの美しさを上手に捉えて、本当に素晴らしい飛翔写真です♪
(下げたり上げたりと、ホント忙しいわぁ…)
No:8525|アサギマダラ
長居をしてくれたようです。

これから、どこまで行くのでしょうね。

長い旅路です。
のんびり、行かせてやりたいですね。
No:8526|みさとさん
我が家周辺に姿を見せるアサギマダラなんて、砂浜の一粒の砂程度ですから、大勢には影響なさそうです。大勢に影響を与えるほど来て貰うには、フジバカマ属をのっぺさんほど増やさなければなりませんし、それも大変ですね。
四日市?隣り合わせの県ですが、東端に近いですからUターンしてねはアサギマダラに酷で、来季の今頃まで生きてて四日市に寄ってから来るように言い聞かせておきます。ついでに後は福島いえ福山へ行くようともね。
ほかに手を上げる方はいらっしゃいますか。^O^

この場所のサワフジバカマは今が盛りで、ホントによく育ってくれました。ほかの場所のサワフジバカマは歯抜け+生育不良の凸凹で、株の回りに草花や木を植えていて風通しが悪いからでしょうか。今季のことを思うと、サワフジバカマは我が家にもあるのになぁと考えた私がバカでしたよ。<(_ _)>

青空バックの飛翔写真は、土の表面が乾いていることを確認した上で、仰向け近くに寝そべって撮影しました。
この日のこの個体は邪魔者が多くていら立っていたのか、ユラリユラリとは翔んでくれずビューでしたから、パシャパシャやってもサワフジバカマの上方空ヌケに見上げたアサギマダラの写真(2枚目もどき)は夢のまた夢でした。
結構苦労して、報われないってことよくありますよね。ウォーリーじゃなくって、マーフィですよ。(^^ゞ
No:8527|mcnj さん
アサギマダラも性格はいろいろで、我先に翔ぶ方、長いものには巻かれろで群れと同調する方、しつこく後朝の別れを楽しむ方、いろいろのようですよ。(ほんまか?)
信州お方もそのように思っておられるようですが、もっと居て欲しいと思う反面、もう出発しかなくていいのと心配する個体が必ずのように毎季いますね。
No:8528|
こんばんわー

アサギマダラは相変わらずuke-enさんの相手を
してくれてますね。
写真の上から4枚目以降は、なーんだ…撮り損ねかーと、
思ってましたが意図的だったのですね。
さすが、余裕あるuke-enさんです。
わが地域では、撮影したい蝶が訪問してくれません。
No:8529|kucchan さん
昨日は、アサギマダラに遊ばれました。長い時間粘ったのですが、どうにもうまくいかず諦めました。

撮り損ね?そりゃ山ほどありますが、春先のように証拠写真でどうしても載せなければ以外は選びに選んでますよ。それでこれかとのお声は聞こえません。^O^
余裕?アサギマダラ7年目でもやはり焦ることが多いです。意図しても狙いどおりなんてことはまずありませんよ。
No:8530|まだ
こんばんは。

アサギマダラさまは、まだ ご滞在してらしたのですね~。
私は今季はあきらめて、もうチョウの季節は終わったような気分でいました。
はい、まだ、終わったなんて早いですよね。
そして キタテハでもいいからと飛翔写真に挑戦してみました。「ごみの山」はできました。
これからも精進いたします。

そして・・
私が書いた返コメに書き忘れていたことをこちらに・・。
「××平」のこと
>信州の善光寺平は知っていても甲州にあるのかどうか知りません。
♪信州の「善光寺平」は知りませんでしたが「松本平」という言葉はきいたことがあります。
「松本盆地」とは言わないのね」と娘と会話したことがあります。
uke-enさんのコメントで気が付いたのですが 我が地区では「地名」になっている「○○平」です。
「柳平」「牧平」「窪平」・・など山あいの小さな平の土地に付けらえた名前です。
規模が大きければ「○○盆地」となっていたのかもしれないなんて考えています。
以上、書き忘れていたことです。

そして本日、松本への道で「鳥居平(とりいだいら)やまびこ公園」という案内板を見ました。
「鳥居平」・・そういえば私が生まれた甲州市にもあります「鳥居平(とりいびら)」。

以上 ご報告まで。
No:8531|take さん
書きかけて、そちらへおジャマしているうちに消してしまいました。怪しい記憶を呼び戻してっと・・・

はぁい、今朝も、アサギマダラ様はご滞在してらしたですよ。
このコメントを拝読して、外は陽射しもあって気温もそんなには低くないので、パトってみました。アサギ様は建前で、本音はムラサキツバメ、ムラサキシジミが下草に降りての平開狙いでしたが、ウラギンシジミを見かけただけでした。
アサギ様が翔び去ったので帰ってくると、急に薄暗くなり、今は雨、お陰様気分です。

翔び回っていたので、空抜け精進しましたが、相変わらず僥倖待ちです。

ここまでを見直したら、私も日本語を乱している一員ですね。ら抜き言葉は使わないようにしていますが、そんな比じゃないようです。(^^ゞ

多分一番有名な平は、名優平幹二朗(ちゃう!)、八幡平(はちまんたい)でしょうけれど、た(だ)いらが多いと思ってたらひ(び)らもあるのですね。当地(私?)の常識、他の地域の非常識だということを知って面白いですよ。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する