フジバカマ属(アサギマダラ(2016-04))

 
 本日は今季何日あっただろうというような秋晴れで、最低気温10℃、最高気温24℃の過ごしやすい一日でしたが、アサギマダラは姿を見せてくれませんでした。



 で、積み残しの昨日のアサギマダラの様子です。
 
アサギマダラ #3?(♂ タテハチョウ科マダラチョウ亜科 8:17 2016/10/23)
アサギマダラ ♂
 
(8:28 2016/10/23)
アサギマダラ ♂
 ムラサキ・ポイントをパトロールしていると、頭上をアサギマダラが坂下に向かって翔んで行きました。
 当然、サワフジバカマ辺りで吸蜜するのだろうと見に行くと、チャノキの上を翔び回り、何かのツルにつかまりました。
 その後も、サワフジバカマの近くなどを翔ぶばかりで吸蜜することはありませんでした。

 右後翅に欠けなどが見られ、比較対照に適当な写真がありませんが、斑紋を見る限り#3とよく似ています。#3を見かけたのは10/18と期間が経過している上、そのときにはなかった欠けなどがあるのが気になりますが、一応#3としておきます。
 
 
アサギマダラ #4(♂ 10:56 2016/10/23)
アサギマダラ ♂
アサギマダラ ♂
 午前9時前と午前11時前に姿を見せた個体の定番写真です。
 割に敏感でこれらの撮影にはかなり苦労しましたから↑と同一個体と思っていたのですが、斑紋から見て10/22に見かけた#4のようです。
 
アサギマダラ ♂
アサギマダラ ♂
アサギマダラ ♂
 これも#4で、恒例の飛翔写真です。


 #4をかなり追っかけてみると、いいような悪いようなことがありました。
 
サワフジバカマ
 裏の畑の家内管理の野菜畑の一番下で、エゴマに囲まれたサワフジバカマです。株数はいつも撮影する場所より少なめで、背景は我が家の車庫(元納屋)です。
 家内の名誉のために申し上げておきますが、何を植えてもイノシシ、シカなどの被害を受けるため、やむを得ず耕作放棄気味です。(^^ゞ
 
サワフジバカマ
 ↑の野菜畑の一番上の段のサワフジバカマです。株数も少ないながら旱や雨続きに傷められ、生育不良で草丈も凸凹かなり枯れました。
 向こうのセイタカアワダチソウ畑はお隣です。
 
フジバカマ
 野菜畑の更に上の元茶畑で、家内がチャノキを抜根して果樹畑にしようと思ったようですが、とても追いつきません。左の網は、ナンコウウメの若木のためのシカ除けです。
 こちらはフジバカマですが、かなり枯れて歯抜け状態で、もう花期は過ぎています。 

 いいような悪いようなとは、アサギマダラがフジバカマ属を折角ハレしてくれたのですが、生育状況がもう一つで余りご覧に入れたくはなかったのです。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: アサギマダラ  草花 

Comment

No:8498|kucchan
おはようございます。
お久しぶりです。
PCのトラブルでお休みしてました。

ここ数日、朝夕の冷え込みが大きくなりましたね。
体調管理には気をつけねば…の、季節になりましたね。
そーですかー・・・
アサキマダラの時期なのですね。
わが地域は、この方の飛行ルートを外れてるので
見かけたことがありません。
ぜひ、実物を見かけたいものです。
「家内の名誉のために申し上げておきますが」・・・
uke-enさんの名誉も…でしょう・・・。
No:8499|アサギマダラ!!
おはようございます!

アサギマダラさまオンステージ!!
「恒例の飛翔写真です」
すてきです~!!
「クリックして大きく」して見るとまだ一段と臨場感あふれうっとりと楽しませていただきました。
舞っている姿など撮れないので 止まるまで待って撮っているだけの私。
おまけに今年は待っているチョウには全然会えず(ex.スミナガシ、オオムラサキ、そしてアサギマダラ!!)
もう今年のチョウ見も終わりかと・・
こちらでは(このブログでは)uke-enさまにおかれましての冬のパトロールで葉陰にいるチョウなども拝見でき
うれしいことです。

そして・・ここにコメント。
ムラサキツバメとというチョウもいたのですねぇ。
ムラサキシジミ、それにシジミチョウの青色?・・
私が、きれいな水色のシジミチョウ!!って思って追いかけても撮らしてくれなかったあのチョウはヤマトシジミだったのかぁ・・

あっ、こんな時間。朝食の準備をしなくっちゃ!
相変わらずバタバタと・・
送信!

No:8500|kucchan さん
当方のPCも調子がもう一つで機器更新も頭にはあるのですが、明確な原因は不明で動かなくなる訳でもないのでフンギリをつけかねています。そんな状態ですから、WINDOWS 10へのアップグレードはせずじまいです。
NECや富士通まで日本のメーカーが撤退していく中で、どこの何を調達しようかということもありますので、差し支えなければ機種は何かお教えいただけませんか。

今朝はかなり冷え込み、この秋初めてとりあえずの電気ストーブを入れたら、トースターと同じ系統だったのでブレーカーが落ちました。(^^ゞ
極度の寒がりの私ですが、家内がそうでもないので、ケンカはしませんが、使うことにプレッシャーを感じます。^^;

できないことだけでなくできることすらしない主義?ですから、草ボーボー程度は気になりません。花の手入れだって、貧相な花になって初めて後悔しますよ。
No:8501|
こんにちは。
アサギマダラは、どんな花にとまっていても良いですねぇ〜
花盛りのサワフジバカマだろうが、花殻と化したフジバカマだろうが・・・

…とは言っても、たった1頭の撮影だったら、
花がどんな状態だろうが、背景がどんなだろうが、
躊躇なくシャッターを切りますけど・・・
数頭目ともなればやはり心は揺らぎますよね。その気持ちはよ〜くわかります。
わたしも飛翔を撮る時なんかは、
なるべく人工物(電柱や屋根やハウスetc.)などが入らないような角度にして、
自然(木々や田んぼetc.)が入るような写真にしたいですもんね。
でも、何と言っても被写体が「アサギマダラさま」ですから、
様々な雑念は払拭して、遠慮なく思う存分撮影を楽しんでくださいね♪
この時期だけの、今だけの、季節限定のお楽しみなのですから・・・

なんだかんだ言っても、
やっぱりきれいに咲いてるサワフジバカマとのコラボは素敵ですねぇ〜
飛翔写真の真ん中、すっごくいいです!
アサギマダラを右端に入れたところなんか、
「憎いね 三菱」のCMフレーズをお借りして、
「憎いね uke-enさん♪」と言いたい!

そしてそして、翅を開いての吸蜜シーン・・・
サワフジバカマのピンクの花が、翅を透かして見えてます〜
わたしも、フジバカマでこのシーンを撮りたかったのですが、
どうしてもだめで、撮れたのはブッドレアの白花でした・・・
翅の向こうに透けて見えるのは、やっぱり青い空や色付きの花がいいです。
サワフジバカマのピンクは、フジバカマよりも色が濃くてなお素敵♪
No:8502|take さん
スミナガシのような渋くて美しいチョウが好きなのですが、まだ見たことがありません。食草のアワブキは沢沿いに多いそうですが、水辺のないMy Fieldはもちろん、地域でもコレと確認できたことがありません。アオバセセリの食草でもあるので探さなくっちゃとは思うものの、まだ果たせていません。

翔んでいるチョウがとまるのを待っていると、とまらないまま見失うことも経験上多く、アサギマダラくらいの大きさで優雅に翔ぶものであればパシャパシャやれば何とかなります。100点はなく70点くらいのものを載せていますが、当然!山のような廃棄物も産出していますよ。

チョウは11月になっても見られます。これからは朝霧の水玉をまとったヤマトシジミ、ベニシジミ、ウラナミシジミの出番です。ヒメアカタテハはまだ個体数が増えた気はしませんが、成虫越冬するものは今のうちに栄養を貯めるだけでなく、越冬し始めても陽射しのある15℃以上の日は姿を見せますね。
青の美しいムラサキ兄弟も真冬に日向ぼっこすることもあり、まだシーズンは終わっていません。
No:8503|アサギマダラ
お早うございます。

いいですね、アサギマダラの飛んでいる地域にお住まいで。
当地は、飛行ルートからはずれているのでしょうか。
みさと64さんからいただいた、フジバカマ、サワフジバカマを土手にうえたり、マリーゴールドもあるのですが、寄って来てくれません。
No:8504|みさとさん
一番まともなサワフジバカマは360°どこからでも撮影できますが、それでも段があったりします。ほかの場合は、木をよけ、草を分け入らなければなりませんし、イノシシの掘った穴など足場も悪いので難儀です。意図しても、なかなか背景までは選ぶことができません。

飛翔撮影の場合は、眼の加減で液晶では細部まで確認できませんので、撮れるだけ撮っておこうのスタンスです。もちろん花が入ることは狙っていますが、空を背景にするのはAFですからなかなかピントが合いませんし、合った頃には別の場所で翔んでいますね。(^^ゞ

開翅シーンは、みさとさんのアサギ色の向こう側の印象が強いので、ピント優先でもどちらかと言えばその写真を選んでいます。
No:8505|mcnj さん
アサギマダラの渡りのルートは、あってないようなものと思っていますよ。
本体は決まったルートがあるようですが、それはフジバカマ属が咲いている道を選んだ結果で決まったものと思われ、時期やルートには幅があるようです。

ですから、フジバカマ属をある程度まとまって咲かせれば、時期さえ合えばアサギマダラはどこにでも飛来すると思いますね。
その代わりと申し上げては何ですが、大集団の訳はないので、近隣で見られる地域の時期に合わせて、こまめに見回ることが必要でしょう。
No:8506|kucchan
こんばんわー

本日、二度目のコメントです。
私のPCは、1台目より富士通を使用してます。
勤務でも富士通製を利用してたので(勤務も)。
で、今回も富士通のFMV-BIBLOです。
>NECや富士通まで日本のメーカーが撤退・・・
本当に悲しい出来事です(情けない)。
No:8507|kucchan さん
わざわざありがとうございます。

私もずっと富士通のノートだったのですが、眼の加減もあって退職前にデスクトップに切り替え、現機種はNECのデスクトップですが、使い勝手が悪い上カスタマイズの幅が狭くて、次は富士通に戻すぞと思ってました。

かのIBMですらPCをレノボに身売りしたのですから、富士通の件も時代の流れかも知れませんが、産業の米と称された半導体からも撤退し、液晶のシャープはホンハイに、スマホはアップルや韓国勢に席捲され(バッテリーでヨタってるけど)、デジタル機器で日本が世界をリードするものは一体何なのでしょうね。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する