アサギマダラ(2016-01・新生蝶(2016-No.45))

 
 朝方は11℃、3日続きですが本日は暖かく感じました。
 午前中は雲が空を覆うこともありましたが総じて晴れていて、最高気温は24℃になりました。




 昨日に続き本日もチョウいろいろでしたが、何といってもこれですね。
 
アサギマダラ #1(♀ タテハチョウ科マダラチョウ亜科)
アサギマダラ ♀
アサギマダラ ♀
アサギマダラ ♀
アサギマダラ ♀
アサギマダラ ♀
 裏の畑のサワフジバカマで吸蜜中です。周囲は草ボーボーです。
 この個体は、隣にある盛りを過ぎたフジバカマには見向きもしないでサワフジバカマ専一でした。

 特記すべきことは♀であるということで、過去の6年間で見かけた33個体+αでは♀らしいものが2個体(昨日の荒調べです。)だけで、これだけハッキリ♀と言えるものはいませんでした。
 
アサギマダラ ♀
アサギマダラ ♀
 恒例行事の飛翔撮影も試みましたが、ほぼ全滅です。(^^ゞ

 アサギマダラの初確認日、最終確認日、個体数などは以下のとおりで、今季の飛来日は例年より気持ち遅めです。

   2016: 10/12-
   2015: 10/05-10/17 13日間 3個体
   2014: 10/07-10/17 11日間 7個体
   2013: 10/06-10/21 16日間 3個体
   2012: 10/11-10/26 16日間 5個体
   2011: 10/09-10/24 16日間 5個体+α
   2010: 10/15-10/26 12日間 10個体前後(初見)

 午前、お昼前、お昼過ぎ、午後の4度パトロールしたところ見かけたのは午前だけで、陽が陰ると一旦姿を消し、陽が射すと短時間ですがまた戻ってきて、その後は上空高くに翔び立ちました。


 これ以外については、昨日の積み残しを含めて別記事にさせてもらいますね。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: アサギマダラ 

Comment

No:8437|アサギマダラ
アサギマダラとフジバカマ。
なんともいい雰囲気ですね~
たまに訪ねてくれるというのも嬉しい。
3枚目が構図がいいですね。よって、ラストの飛翔も好きです。
No:8438|ついに
こんばんは。
アサギマダラは
uke-enさんにとっても(uke-enさまにおかれましても)
「何といってもこれですね」のチョウなのですね~。

アサギマダラさまは ついにそちらにお渡りか・・。
追いかけてみても(乙女高原のヨツバヒヨドリはもう花の時季は終わっていた)待ってみても(裏山入り口のシオンは咲いていたけれどはお姿はなく)・・結局今年は一度もアサギマダラさまには会えずじまい、ということになってしまいました。

2010年からのデータを興味深く拝見しました。
一桁の来訪者って・・集団で渡っているチョウでもないのですね。
いえ 集団の一部かしら。
そして やはり 会うためには午前中に行かなければいけませんねぇ・・

・・・おやすみなさいv-75

あ、書き忘れ・・
前のブログで「チョウの寝姿」が載っていましたね。チョウが寝るなんてイメージがなかったもので新鮮な驚き(寝ない生き物なんてあるかい!なんて叱られそうですが)
お邪魔いたしました~!!
No:8439|grassmonblue さん
我が家周辺でのアサギマダラ御用達は、お隣から我が家に続くヒヨドリバナで、夏眠明けのヒョウモンたちも寄っていました。
ヒヨドリバナ畑状態だった場所も、お互い手が入らなくなって草刈りもままならなくなると、より繁殖力の強い草がはびこり、数えるほどになってしまいました。

当地では、フジバカマがアサギマダラ飛来時期に盛りを過ぎてしまうので、園芸種のサワフジバカマが効果的ですが、畑になってアサギマダラの大群が見られるのはいつのことでしょうね。
No:8440|take さん
2010年の9月頃、あちこちのブログで渡りをするチョウの記事を拝見し、我が家にも来ないかなと思っていたら忽然とヒヨドリバナに現われ大興奮でした。1000枚ほど撮影し、捨々選択に苦労したことを今でもハッキリ覚えていますよ。(^^ゞ
今ではそれほどのことはなくても、秋になれば今季は来てくれるかなと心配七分、期待三分(うち大群一分)でそわそわしています。

↑のようにヒヨドリバナが消えかけていますが、まだ多く咲いていた時期に信州方面に向けてフジバカマが手に入らないとブツブツつぶやいていたら、請求した訳でもない?のにサワフジバカマとともに大量にお送りいただきました。
今の状況になると、余計に足を向けて寝られないと思っているのですが、口が向くように寝ていますからご承知のとおりの有様です。^^;

アサギマダラの渡りのコースはある程度まとまっているようですが、フジバカマ属がどこにでもあるということではないので、花が多い特定の休憩地では大集団になっても、それ以外の場所では散れ!現地集合じゃないかと思っていますが、その辺はまだ未解明のようです。

夜飛ぶ蝶々も嘘の花 ♪ ですから、チョウもどこかで静止していて当たり前なのですが、ついついヒト・スタンダードでものを考えがちになりますね。
みんなみんな 生きているんだ 友達なんだ ♪ と考えると、いろいろ疑問と興味が湧きますよね。

ところで、↑は藤圭子バージョンですが、夢は夜ひらくには歌詞の異なるものが多く、検索していると三上寛バージョンで面白いものがありました。

サルトル・マルクス並べても
明日の天気はわからねぇ ♪

最近の訳の分からないお天気と考え合わせて、ニヤッとしてしまいました。take さんだと三上寛なんて名前すらご存じないかも知れませんね。
No:8441|
こんにちは。
あぁー、ようやくネットの世界に戻ってまいりましたぁ〜
長年連れ添った相棒を買い換えることになっちゃいました。
今時はすごいです!
昨日の午前中に購入手続きしたら、今日の午前中に届きました。
さっきようやくネットが開通し、これからデータの移行とか色々大変〜
新しいiMacに電源を入れて、出てきた画面を見たわたしは浦島太郎です!
いろんなソフトのアイコンが全く変わってしまい、何が何やら・・・
こうして入力するのも一苦労です。

取り急ぎ、アサギマダラ飛来のお祝いを!

アサギマダラのお立ち寄り、おめでとうございます。
しかも第1号が♀とは・・・
立ち寄ってくれて、本当に良かったですね!
サワフジバカマでの吸蜜シーンを見て、自分のことのようにすごく嬉しいです♪

当方の飛来状況ですが・・・
最近では10月9日に3頭、10月10日に1頭の飛来があり、
その後の飛来は確認できてません。
なので、今年の最終飛来は10日ということになりそうです。
これからはそちらでアサギマダラを楽しませていただくことになりますね♪
No:8443|みさとさん
もしかすると、27インチ iMac Retina 5Kディスプレイモデルでしょうか。そりゃぁ使い(こなし)にくそうですね。^O^

私のは2013春モデルのNEC、ずっと富士通でしたから使い勝手が悪い上、調子もよくないので、密かに買い替えを考えています。ただ、NECも富士通もパソコン事業をレノボに身売りするみたいだし、どこのメーカーにするかの選択肢がありません。

アサギマダラが見られて、ホッとしているというのが実状ですね。しかもお初に近い♀ですから、ファインダーをのぞいてホンマ?と思い、写真をあちこちの角度から確認しましたよ。

パソコンを更新されたのなら、お出かけ先でアサギマダラを拾った?ことも↑の返コメもご覧になっていないでしょうけれど、フジバカマ、サワフジバカマのことは感謝してますよ。^O^

そちらの飛来期間と比較すると重なっても最終の1~2日、ということはそちらから早く旅立つとこちらが早く見られるという傾向はありそうです。

本日はお昼前後に陽射しがあっただけで、アサギマダラの姿はありませんでした。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する