間に合ってるよ

 
 朝方は19℃、最高気温25℃、台風一過の本日は曇り空のめっきり秋めいた一日でした。


 台風16号の影響は、昨日12:00~16:00の4時間で50mmの雨量、15:33に避難勧告が出され、風も強くいつまで続くのかと不安でしたが、雨は6時間の累計で60mmでした。
 避難所は川近くの水に浸かりそうな我が家より怖い場所なので、やむを得ず引きこもっていました。

 被害は2鉢が倒れて鉢土が少しこぼれた程度、笑い話で済みました。
 
 
裏の崖(2016/9/16)
復旧工事
復旧工事
 6月25日の大雨で裏の崖が崩れ、何やかやで延び延びになっていたのですが、9月14日復旧工事が完了し、この台風を迎えました。
 両側のオーバーハング気味だった箇所も含めての張芝で、物入りでしたがびくともしませんでした。

 地域の土木業者としては珍しいことに、本日台風の影響を確認に来てくれました。
 
 
ヤマトシジミ(左:♂・右:♀ シジミチョウ科ヒメシジミ亜科)
ヤマトシジミ交尾
 咲き始めたフジバカマにヒョウモンが来ていないかと見に行くと、ヤマトシジミが交尾していて、お邪魔虫がちょっかいをかけていました。
 
ヤマトシジミ交尾
ヤマトシジミ交尾
 諦めたのかと思っていると、また翔んで来て体当たりです。
 私は離れて撮影していただけで、定番?のお邪魔虫にはなりませんでした。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: 自然・季節    交尾 

Comment

No:8366|台風
おはようございます。

大した事がなくて、よかったですね。
こちらも、TVでさわがれるほどには、危なくありませんでした。
中小河川が、氾濫の危険があると言って、避難勧告がでましたが。

涼しくなって、蝶も、姿を見せてくれますね。
No:8368|
こんにちは。
台風での被害がなかったようで、よかったですね。
以前のブログで、裏の崖の崩落現場を拝見してましたから、
その後の大雨がとても気になってました。
今回は避難勧告まで出されたと伺って、本気で心配してましたよ。

でも、こんなにきれいな復旧工事がされていたとは・・・
これは水溶性のシートで、このシートに芝の種が植え付けられているのですか?
アフターケアもきちんとされる業者さんで、今後も安心ですね。
それにしても、復旧工事が台風前に済んでいてホントよかったですこと。
これなら「引き蘢り作戦」も納得です、ハイ。

なんとな〜くぼんやりとした緑の中、やさしいタッチのお写真で、
交尾とか横恋慕とかの生々しい光景なのに、
ほのぼのとしたシーンを見てるかのように拝見させていただきました。
う〜ん、こんな撮影テクニックもあったのかっ!
草の横たわり方や両側の草の生え方までも、
まるで計算され尽くされたような素敵な構図ですね・・・
ちょっと褒め過ぎ?
でも「そう言う問題じゃあない」の件もありますからね(^_-)-☆
No:8369|
こんにちわー

我が神奈川は今日も雨で、いい加減にしてや…の気分です。
避難場所が、自宅より怖い場所とは困りますよね。
町は、もっと安全な場所に確保しないと・・・誰もクレームを
入れないのでしょうか。
「裏の崖崩れ」対策が、完成ですね。
これならば、大雨が降っても安心ですね…安心しましたよ。
ただ、今までの越冬キタキチョの越冬場所は、どうなるのでしょうか。

No:8370|お邪魔ムシ
ヤマトシジミ交尾ペアに
ちょっかいをだすお邪魔ムシの雄
3匹の一連の写真
動きがあって面白いですね!
No:8371|mcnj さん
台風だけでなく、こんなに雨模様が続くと困りますねぇ。花の調子ももう一つだし、チョウもなかなか姿を見せてくれません。
それでも涼しくなって青空が見えるとと期待しています。
No:8372|みさとさん
崖の件は台風シーズンを前に気にかかっていましたが、曇り空でも雨が降らない日があって、16号には間に合いました。
水溶性のシートは青くはなってきていてもまだ根張りが十分とはいえませんが、崖の傾斜を緩くしてもらった分その点では安心な側面もあります。

今回の業者さんは、社長が地元でも会社は隣の市なので、いい加減なことはできないのでしょうが、それにしても良心的でした。

ヤマトシジミの写真をリップサービス半分(全部?)とはいってもそんなにお褒めいただくと流石の私も恐縮します。
雲の厚い時間帯で薄暗く、飛翔側に合わせた高速シャッターも使いにくかったので、いつもより少し落として撮影してみました。幾分ブレ気味ですが、その分ほんわかとした雰囲気になりました。
草ボウボウで据わりのいい場所はここしかなかったのか、ロケーションもまぁまぁでした。
No:8373|kucchan さん
こんなに雨模様続きだとイヤになりますね。当地で青空が見られるのは明後日になりそうですよ。

こんな防災体制では十分でないと思っている人は少なくありませんが、当地は昭和28年以来大きな災害がないので、他所の被災を見ては災害の少ないところでよかったと考える人が大半です。
これまでこんなことが起こったことがないということが全国各地で頻発しても、明日は我が身と考えない正常性バイアスという代物なのでしょうね。

キタキチョウの越冬場所は、この箇所の右(東)側がメインで西側にもあるほか、東の畑の崖もあります。この場所と決めて越冬するわけでなく、いろいろ探して適当な場所で越冬しているようですから、ほとんど支障はないものと思われます。
No:8374|ヒメオオさん
ヤマトシジミは露天で交尾し、個体数が多いこともあって交尾シーンをよく見かけますが、お邪魔虫はいろいろやってくれますね。
♂を押しのけようとしたり、♀にささやいたり、腹端を曲げてみたりなどなどの策を弄しますが、体当たりの撮影は初めてです。
連写モードではなかったのに、タイミングがうまく行きました。
No:8375|台風一過
おはようございます。
降ったり止んだりと、はっきりしない日が続いています。
ほんとうに
「もう雨は間に合っています。里芋も元気になりました」と天の神様に言ってはいるのですが・・。
「台風一過」って青空がやってくるのでは?
あ、私のところは通らなかったからか・・と。

先日の台風の影響・・植木鉢2鉢が倒れるくらいの被害でなによりでした。
裏の崖はしっかりとがんばっていた様子・・業者さんの念の入れ方でも安心感がありますね。

今年は次々とやってくる台風にハラハラさせられっぱなしです。
ただ 私のまわりでも
「他所の被災を見ては災害の少ないところでよかったと考える人が大半です」
同じです。
こちらでは「富士山が守ってくれる」と・・
確かに上陸しても富士山にぶつかり台風は弱くなっていたことが多々ありました。
が 小さい時に台風で被害を受けた経験もありますので台風はこわい。娘たちは本当の怖さを知らないので台風襲来に備えて物干し竿をしまったりする私を見て 怪訝そうな顔をするのです(!)
これではいけませんね。しっかりと「教育」しなくては・・
あらためて 防災のことについて考えながら書いていました。

いつもチョウのことでは 見たこともないチョウを楽しませていただいたり、私が撮ったチョウは何チョウかとwordに写真を張り付け uke-enさんが撮られた写真と見比べて「お勉強」させていただいています。いただいてはいますが・・なかなか・・で ついついお世話になってしまっています。

ありがとうございます。
No:8376|
今回の台風は豪雨被害が多かったですね。
斜面の整備もされた後で被害が無くて何よりでしたし、斜面の角度もゆるやかになって安心ですね。
他に建物のすぐ横に迫った斜面もあったのでは・・・
緑の後ボケにヤマトシジミの横恋慕、いいシャターチャンスですね。
蝶の密度が高いんでしょうか?それとも私の観察力が足りないんでしょうかね、私は未だに直に見たことが無いんですよ。
No:8377|take さん
本日も雲は厚く朝のうちは雨、お昼になっても21℃で寒々しい感じでした。
こうなると勝手なもので、残暑が懐かしいですね。まぁ、また暑い日が続くようになると、いい加減涼しくならんのかいなだろうとは思いますが・・・

防災は行政が旗を振らなければ広がらないとは思いますが、地域や組織体、個々人がどうすればよいのかを常々考え、訓練し、実行しなければなりませんね。
自身を振り返っても、確かに避難所では余計に危険とは思っても、それならと代替策を考えていたのかは危ういところです。
ましてや、子どもたち、児童生徒に徹底するためには、教える側が真剣に考え対応しないと不可能だと思います。
釜石の奇跡を奇跡でなくするのは難しいことではあっても、これからの異常が平時になった時代には何より大切な気がします。

見たこともないチョウは大抵南方系のもので数少なく、私の見たこともないようなものがそちらではずっと多く見られるハズです。
熱しやすくさめやすい私ですが、当方のブログが少しでもお役に立っているのであれば、何よりです。
チョウを除いては余り触れませんが、美しい写真や人の営みはしっかり(斜め?)拝見しているつもりです。
No:8378|蝶の世界
あたしも蝶になりたい。
恋も出来れば、愛も出来るから。
当方のヒガンバナも8分咲き。
黒いのやら黄色いのやら並みアゲハのような
ものまで乱れています。
忙しくなったのにまだ仕事やPRをしてやると
マスコミさんが追いかけてきています。
No:8379|hitori-shizuka さん
蔵の裏手の崩土箇所は、重機も入りにくい上除去する土量も多そうで、更に土が落ちても蔵が止めてくれるので、費用対効果から対策を見送りました。

我が家周辺で一番よく見かけるのがヤマトシジミだったのですが、昨季には見かけない時期がかなり長く、今季もそんなに多いという感じではありません。
それでも交尾とお邪魔虫はやはり一番多いでしょうか。葉上や草などの高いところで交尾していますので、ベニシジミなどより割に見つけやすいですね。
No:8380|自然を尋ねる人さん
えっ!まだ女性を騙し足りないのですか。^O^

我が家のヒガンバナもかなり咲き揃ってきましたが、チョウは見かけません。裏の畑のフジバカマやブッドレアも似たようなもので、今日なんかはむしろ庭にチョウが多かったですね。

仕事なんてものはお金と一緒であるところに集まるみたいですよ。意識して断捨離しないと埋もれてしまいそうです。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する