蛙の面に水

 
 朝方は23℃、最高気温は34℃、雷注意報は出ずっぱり、一時は大雨洪水注意報も出ていましたがピッもありません。
 8月に入って以来雨は一度だけ、雨量累計は確か15mm程度、庭に水やりしても到底追いつきません。
 
 
 
シュレーゲルアオガエル(アオガエル科 2016/8/23)
シュレーゲルアオガエル
 鉢植えのクレマチスでうずくまっていました。
 シャワーしても屁の河童でした。
 
 
トノサマガエル(アカガエル科 2016/8/23)
トノサマガエル
 こちらも別のクレマチスの鉢にいましたが、シャワーすると逃げ出し、敷いてある砂利に落ち着きました。 
 この鉢の隣の花壇にも一回り小さいトノサマガエルが住み着いていますが、これもシャワーは嫌いなようです。蛙の面に水も種類差があると認識しました。^O^
 
 
ニホンアマガエル(アマガエル科 2016/8/23)
ニホンアマガエル
 玄関の明りとりの桟にうずくまって朝から夕方までジッとしていました。玄関戸を開け閉てしても気にもならないようでした。
 夜にはいなくなっていて、玄関灯に寄ってくる虫のハンティングに出たものでしょうか。


 以前チョウの楽園とおっしゃった方がありましたが、いつのまにかカエルの楽園になったみたいです。
 ただ、以前見かけたことのあるニホンアカガエルは見ることがなくなりました。
 
 
 
???(2016/8/16)
???
 裏の畑のナンコウウメにとまっていました。スズメより気持ち大きめだったでしょうか。
 以前は冬に探鳥していたこともあって冬の鳥にはある程度知識があるのですが、夏の鳥はさっぱりです。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: その他生き物  野鳥 

Comment

No:8254|あまがえる
こんにちは。

ご無沙汰いたしました。

あまがえるも、雨をまちこがれていることでしょうね。
今年の夏は、何とも、異常な夏です。
立秋も、お盆も過ぎたと言うのに、この暑さです。

No:8255|mcnj さん
カエルは湿地の生きものとの認識ですから、こんなにカラカラでどうやって生き延びているのか不思議です。対応力が大きいのかもしれませんね。

今年の気候は異常だと毎年言っている気がします。台風なんて上陸するのは伊勢湾が東限と思っていたのに、北海道でもう3回も台風に見まわれたなんてこれまで記憶にありません。
この秋どうなるのか恐れを抱いていますよ。
No:8256|あまがえる
あちらこちらに あまがえるさん! 雨欲しいと鳴いてください。
こちら徳島は、降りません。 
No:8257|ちごゆり嘉子さん
近畿の天気予報には徳島、香川が含まれ、徳島は梅雨時に海沿いや山側で雨が多いような印象ですが、やはり降らないのでしょうか。

カエルたちが鳴かないところを見ると、雨乞いしても効果がないと知ってるからでしょうか。それとも鳴くとヘビを呼び寄せるからでしょうか。
No:8258|両生類
カエルなどは絶滅危惧種になる種が増えています。
殿さまも地域によりますが準絶滅危惧

ところで雨が少ないです。
庭木もつつじ、アジサイが枯れる寸前
包丁木は1本枯れてしまいました。
桃も2本枯れ
私の彼はかなり減りました。
No:8259|自然を尋ねる人さん
私の彼?左利きの方でしょうか。^O^

トノサマガエルは、調べると環境省レッドリストの準絶滅危惧になってましたよ。我が家の庭でゴロゴロしてるものが載ってるなんて奇異な感じです。

包丁木って何でしょうか、分かりません。
我が家でも、地植えのサツキやアセビ2本などチョウが寄る木まで枯らしました。植物にも受難の年です。
No:8260|
地球はすでに壊れてしまったとの認識でいます。雨は先日の台風の際はどしゃぶりでしたが依然として群馬あたりのダムの貯水量は少ないらしくて取水制限中で節水を呼びかけています。
一体どうなってしまったのやら。。
No:8261|clossiana さん
壊れたかどうかは程度問題だとは思いますが、災害が頻発する「異常」気象が異常でなく平常化しているとの認識は持っています。

首都圏に台風が来るとNHKなどは大騒ぎするとやっかみ半分でそう思っていますが、報道されないと水不足なんて解消したと思いがちです。
No:8262|
トノサマガエルは自宅近くではまだ見られませんが、山間部ではよくみかけるようになりましたよ。
住宅地付近は草地が減った環境変化も影響があるんでしょうかね。
目の付近に黒色が入ったニホンアマガエルはよく見かけますが、
シュレーゲルアオガエルはuke-enさんの以前のブログで初めて名前をしりましたよ。
観察力が足りないので見かけたかどうかも判りません。
香川にもいるんでしょうね。
ナンコウウメの小鳥はホオジロの幼鳥の様にも見えますね。
No:8263|hitori-shizuka さん
トノサマガエルは以前から時々見かけていたので、準絶滅危惧とはいえ環境省レッドリストなんて思いもしませんでした。

シュレーゲルアオガエルは、アマガエルよりは少ないですがよく見かけます。まとめてアマガエルで片付けられていることは多いでしょうね。

顔はホオジロ系で幼鳥も考えないではなかったのですが、ホオジロなら胸が少なくてもオレンジがかっているハズですし、サンショウクイとか××ムシクイなどの幼鳥も考えてみましたが、ピッタリするものがありませんでした。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する