遅かりし由良之助(新生蝶(2016-No.37-38))

 
 朝方は21℃、雲が厚くいつ降り出すかと思われるような空でした。午前10時過ぎからパラパラし始め、ずっと降ったりやんだりで、最高気温は27℃でした。



 お昼前と午後のやみ間にジャノメ・ポイント付近をパトロールしたのですが、お目当てのオオヒカゲは見つけられませんでした。



 一方庭では、
 
 
左:オオチャバネセセリ・右:イチモンジセセリ
セセリチョウ
 庭のリアトリスでの2ショットです。
 オオチャバネセセリは都合4頭いたのですがなかなか近くで整列してくれず、パラパラ雨の中ではこの程度の写真しか撮影できませんでした。

 黒っぽいセセリチョウを見かけると、イチモンジセセリやチャバネセセリはいないかと必ず確認していましたが、今季これまではほぼ100%オオチャバネセセリでした。
 
イチモンジセセリ(♂ セセリチョウ科セセリチョウ亜科)
イチモンジセセリ ♂
イチモンジセセリ ♂
 ↑と同一個体で、本日はこの個体しか見かけませんでした。
 リアトリスでは開翅してくれず、防虫網の上で開翅です。

 イチモンジセセリは、2015/5/13、2014/6/4、2013/5/24、2012/5/26、2011/6/15がそれぞれお初ですから、例年になく遅くて待ちくたびれました。イチモンジセセリは活動する気温が25℃以上だそうで、5月中旬以降の天候不順が大きな要因ではないかと思われます。
 
 
ミドリヒョウモン(♀ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
ミドリヒョウモン ♀
ミドリヒョウモン ♀
 庭のブッドレアで吸蜜中で、この方は赤紫色がお好みのようです。傷みも見えず、ピカピカです。

 ミドリヒョウモンは、2015/6/16、2014/6/10、2013/6/8 2012/9/25、2011/10/7がそれぞれお初で、秋のチョウから夏のチョウになった2013以降ではかなり遅れています。
 コクタンが早く咲き終わり、昨季まで庭にあった青紫色のブッドレアを裏の畑に移植し、花壇のブッドレアは苗からで開花が遅かったことくらいしか思い当たりませんが、原因がよく分かりません。
 
 
オオウラギンスジヒョウモン(♂ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
オオウラギンスジヒョウモン ♂
オオウラギンスジヒョウモン ♂
 先にはヨレヨレさんが黄色のブッドレアで吸蜜していましたが、本日は赤紫色です。何でもこいでしょうか。
 この個体もスレがかなり激しく、右前翅には破れが、左前翅には表裏とも表面が剥落したような傷が見えます。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   花木  草花 

Comment

No:8125|Oh!チャバネセセリ!
こんばんは。
お礼を申し上げに参りました。

チョウの名前がよくわからないままブログにアップしてしまい、他力本願的に名前を知ることになる私で 申し訳ないとも思っております・・。
いつもありがとうございます。

オオチャバネ!
先日畑で見かけたセセリチョウ・・早速こちらのブログで確認しました。
タイムリーにありがとう、と心の中でお礼を言いながら・・。

話は変わりますが ちょうど私の方で話題になっている「シキビ」「シキミ」についてお尋ねします。
先日のブログの中で「シキビ」が載っていましたね。
「西日本では シキミは仏事に必要」と博物館の学芸員さんから聞いていました。(私のまわりではほとんど見かけません・・八角と間違えていた友の家、1本だけ知っています)
で 話題とは
友人が「親戚のお葬式に行ったらシキビの葉っぱだけでさみしいお葬式だった」と・・こちらでのお葬式は花輪、かつては造花、今は生花が主流で 花の中にワインが何本か入っていたりもします。
それが ある宗派の葬儀ではシキミの葉だけで祭壇が飾られ 生花飾りはありません。
さっぱりとしていいような気もしますが・・

教えてください。
uke-enさんのまわりでは シキミの葉はお仏壇に供えるのでしょうか?お葬式にもシキミの葉がつかわれているのですか?
園芸家さんとは ブログ上かしら? お仕事だったのかしらと「思い悩みながら」
送信!

No:8127|セセリ蝶
セセリは、そのうちに、出てくる蝶です。
どちらの、セセリかは、わかりませんが。

ヒョウモン蝶は、まだまだのようです。
No:8128|take さん
私もあちこち頼ってばかりでしたから、頼られる立場もまたいいものですよ。イナゴが掻っ攫ってしまった後はガッカリしますね。^O^

例え地域が異なろうとも、若干の早い遅いはあっても季節は同じように進みますから、同じような花、同じようなチョウが見られることになりますね。
当方も850mの自然を堪能させてもらってますよ。木下闇でのコアジサイがあんなに美しいとは思いもしませんでした。

近隣ではお葬式の際周辺に飾るものは花輪のところとシキミの両方があり、以前は花輪かシキミかと念入りに確認していました。
葬儀社の会館でのお葬式が主流になってから、どちらもすたれたような気がしますよ。そちらも今は式場内のフラワースタンドじゃないのでしょうか。

当地では、各家には必ずシキミが何本かは植えられています。土葬の関係もあって、み墓と石塔場の2箇所があり、緑でしおれにくいシキミの需要があったからだと思っています。仏壇にも飾ります。
花のない時期やすぐしおれる真夏などは必需品です。

ところで、シキミの実を八角と間違えるとは恐いですね。ご承知のとおりシキミは木全体が有毒で、かなり毒性が強く、ヤマガラが好んで食べていますがおいおい大丈夫かいと声をかけたくなります。
No:8129|mcnj さん
当地は(も?)今日は真夏日で、身体がついていきません。
チョウも同じようで、暑い時間帯には姿を見かけず、どこかの涼しいところで涼んでいるのじゃないでしょうか。

ヒョウモンは暑さを避けて夏眠したり山に登ったりしますので、この時期に見かけなかったら秋になりますね。
No:8130|
おはようございます。

昨日は蒸し暑さが厳しかったです。
お蔭で、一日中、部屋の中でエアコンの
世話になってましたよ(スヤスヤです)。
オオチャバネセセリとイチモンジセセリ・・・
我が地域では、なかなか同時に撮影する
機会がありません。
故に、識別も忘れてしまいましたよ。
また、ミドリヒョウモンとオオウラギンスジヒョウモンも
見かける機会がなく、私には識別が困難です。
所で、豪雨対策(崖)は進んでますか。

No:8132|イチモンジセセリ
おす、めすでしょうか。
そうだとしたら、お見合いですね。
No:8134|kucchan さん
午前10時を回ると30℃を超えたので、我が家も今季2回目のエアコン稼動です。やはり楽ですね。ただそうなると、庭仕事はもちろんのことパトロールにも出たくなくなるので、痛し痒しですね。

そろそろチャバネセセリも出てくる頃で、花穂の長いリアトリスで3ショットが見られるかもしれません。ただ一つの花に集まってくれてもすぐ離散するので、あってもチャンスは瞬間ですね。
No:8135|mcnj さん
オオチャバネセセリの雌雄は分かりません(多分♂)が、白斑の数を目で数えて、お仲間か別種か確認しているのじゃないでしょうか。(ほかで言わないでくださいね。(^^ゞ)
No:8138|
こんにちは。
今日は朝から雨の信州です。
午後には、以前住んでいた隣組の方の告別式に行くのですが、
涙雨になってしまいました・・・
(takeさんのコメに続いて葬儀とは、梅雨時期とは言え湿っぽかった?…)

先日趣味の園芸↓(本番は観られずに再放送)を観て、ちょっとがっかりしました。
http://www.nhk.or.jp/kurashi/engei50/garden/
だって、「庭にチョウを呼ぼう」でしたから、ものすごく期待しながら、
色々と参考に…と思って、二人で正座(ウソです)して観てたのですが・・・
前置きが長く内容があまりにも初心者向け(?)過ぎて、な~んだ! …でした。
uke-enさんのブログの方が、よっぽど参考になります!
(ゴリゴリとゴマを擦ってる音が、遠くで聞こえませんか?…)

我が家でも、畑花壇でリアトリスが咲き始めてきましたが、
リアトリスって、こんなにセセリが集まるんでしたっけ?
畑花壇は、大きなチョウが来ていれば部屋の中からでも気付きますが、
小さなセセリじゃあねぇ~
早速、出窓下のささやかなバタフライガーデンへ移植しなきゃあ!
uke-enさんのところを参考に、
雑草と化したムシトリナデシコの大株を抜かずにここで咲かせて、
今年は色んなチョウを呼んでもらいました♪
マリーゴールドは、先日種まきしたけれどあのクリーク色ではなくて、
チョウもビックリして逃げてしまいそうな、鮮やかな赤い花です。
チョウ好みの色ではなくダンナ好みの色にしちゃったのは、失敗だったかも・・・

ヒョウモンの種類も増えて、これから益々楽しみですねぇ〜
No:8139|みさとさん
趣味の園芸でウマノスズクサが云々とか、庭にエノキやクヌギを植えてどうこうとやれば、どなたが見るのでしょうね。間違えて見た人がそのとおりにすると、1年若しくは10年20年後に抗議が殺到するでしょうね。

ゴマはゴリゴリすると風味が失われますので、スリスリくらいでお願いします。うどんやそうめんには合いますが、ソバにはゴマは合うのでしょうか。
私なんかツッコミたい気分をほんのちょっとに抑えて、スリスリで皆さんに喜ばれていますよ。(^^ゞ

リアトリスにはセセリチョウが寄りますが、私が見た範囲では黒系の3種のみでキマダラもコチャバネも見たことがないですね。ただ花穂(花茎?)が長いので、1株でお見合いとか三種混合とかいろいろ見られます。ほかにはアゲハ、アカタテハくらいでしょうか。
やはり同じ時期に庭でどんな花が咲いてるかで、どの花に寄るか決まるみたいです。

アフリカンマリーゴールドに赤い花ってあったでしょうか。普通種でも真っ赤は知りませんね。
今季はクリーク色(どんな色?)にヒョウモンが寄りません。そもそもヒョウモンの数が極端に少ないですよ。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する