これが(新生蝶(2016-No.35))

 
 朝方は16℃、今頃にしてはヒンヤリ目でした。
 朝のうちは陽射しが強かったのですが、午後には雲が広がり、夕方には雨になりました。最高気温は28℃でした。
 
 
 
ウマノスズクサ(ウマノスズクサ科)
ウマノスズクサ
 ジャコウアゲハ御用達に植えた鉢植えのウマノスズクサが開花しました。信州からの到来苗です。
 花は期待していなかったのですが、それ以上にえっ!これがという感じです。どこがどう馬の鈴か理解できません。そもそもが、馬の鈴なんて見たことがありません。(^^ゞ

 家内が食虫植物みたいといっていましたが、食べはしないものの、ハエが入ってくると花粉を振りかけるまでは一時的に閉じ込めるそうです。
 今季まだジャコウアゲハを見かけていません。
 
 
オオウラギンスジヒョウモン(♂ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
オオウラギンスジヒョウモン ♂
オオウラギンスジヒョウモン ♂
 花壇のブッドレアで吸蜜中です。
 今季お初なのに、何があったのかあわれな姿です。

 オオウラギンスジヒョウモンは、2015/6/13、2014/6/19、2013/6/24、2012/7/6、2011/6/26がそれぞれお初で、昨季が少し早かったことを除けばほぼ例年並みでしょうか。



 ジャノメ・ポイント付近のパトロールでは収穫はなかったのですが、
 
オオチャバネセセリ(吸い戻し セセリチョウ科セセリチョウ亜科)
オオチャバネセセリ 吸い戻し行動
 東の畑のフキの葉上で、鳥の糞でしょうか、吸い戻し行動をとっていました。
 吸い戻しとは、獣糞などが乾燥していると吸汁しにくいため、腹端から排泄した水分(要はオシッコ)で溶かして吸い取ることで、セセリチョウの仲間ではよく見かけます。

 右ペーンのタグ欄の吸い戻しをクリックいただくと、中にはオシッコの水玉が見えるものもありますよ。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   花木  吸い戻し 

Comment

No:8112|昆虫が少ない
27日15時過ぎから雨になりました。

今年のホタルを総括しょうと資料を作りつつつあります。
ホタル昨年比半分、蜘蛛昨年比1/10 ヘビトンボ見かけず
蛾・・昨年50匹以上、今年5匹

玉ねぎ・・例年よりはるかに小さくラッキョウの親玉ぐらい

何処か異常です。
No:8113|自然を尋ねるさん
当地では昨日の夕方からの累計で33mm、ずっと降り続けているというパターンですが、6/25に裏の崖が崩落したので気持ちの悪いこと夥しい限りです。

早くに暑い時期があってその涼し目になったり、雨の量がそう多くはなくても日照時間が少なかったりという気象の影響が、まず植物に現れ、続いて動物にもということではないでしょうか。
いつからとは言えませんが、異常気象が当たり前の時代に入ったという印象です。
No:8114|
こんにちわー

ウマノスズクサが「ジャコウアゲハ御用達」花とは・・・
それにしても、この花が「ウマノスズクサ」とは
初見です。
オオウラギンスジヒョウモンも、私には初見です。
やはり、ブッドレアは蝶を呼ぶ花ですね。
家も欲しいのですが、場所が無くて・・・残念です。
オオチャバネセセリも、今期は未だ、出会ってません。
No:8115|
こんにちは。
ウマノスズクサ、本当にじみ〜なお花ですよね。
本日地植えのウマノスズクサをアップしましたけど、
我が家のウマノスズクサは、恐ろしい程に生い茂ってますよ〜
これを鉢植えで育てるとは・・・さすがは元(?)園芸家さん!

ウマノスズクサを、出窓から見える位置にも移植して、
そちらは、バラのアーチのような仕立て方をイメージして植えてあるのですが・・・
その時に、中庭の二ヶ所のウマノスズクサを全部抜いたはずなのに、
その後二ヶ所とも、ぞくぞくと芽が出てきて恐ろしいことになりつつあります。
ジャコウアゲハさんのためにと思っていたけれど、
かなり厄介な植物だと気付きました。今更ですが・・・
…ということで、鉢植えの方が庭を脅かされずに済むのかもね(^_-)-☆

ブッドレアも上手に育っているようで、良かったです♪
蝶をいっぱい呼んでくれるといいですね!

(↓)産卵中のアゲハさん、けなげですねぇ〜
網を外してあげないと可哀想ですよ。
今度また見かけたら、奥様にはナイショでこっそり外してあげてくださいね。
「折角届いたのにバランスを崩してスベッた決定的瞬間」←こんな写真を出展したいですね。
でも、みなさんには理解いただけないかも・・・
やっぱり子供たちや住民の方々には、「きれい」な写真がウケるのでしょうね。
No:8116|kucchan さん
ウマノスズクサは、私もジャコウアゲハの食草と知っていただけで現物を見るのはこれが初めてです。自生もしているそうですが、あっても気がついていなかったと思いますよ。
さぁ、ジャコウアゲハが来てくれるでしょうか。

ブッドレアは毎季根元からバッサリでも次の年には大きくなりますが、怪我や痛みの根源のブドウ栽培をやめると場所は確保できそうですよ。^O^
No:8117|みさとさん
ドクダミやスギナなど繁殖力の強い草木は、おおむね天敵と認識して駆除するのですが、我が家では一度しか見かけたことのないジャコウアゲハの食草ではやむを得ませんね。
ほかからもどうしようなんてお話が聞こえてきますので、気にかけておきましょう。
まぁ、畑の草除けくらいにはなるのじゃないでしょうか。

高さ70cmほどの花壇のブッドレアを伸ばし放題にしてたら、撮影のときに見上げなくてはならなくなりましたよ。黄色と赤紫はキレイに咲きましたが、白は花穂が白くなり始めた段階です。
鉢から裏の畑に植えたものは、ようよう順調になってきましたがまだ花は見えませんね。

網を外さないとアゲハが気の毒なのか、外して私が気の毒なのか、さて究極の選択ですねぇ。(^^ゞ
No:8118|
↓の斜面崩壊危なかったですね。
確かにキタキチョウの越冬場所は急斜面で崩壊歴があるので市に対策してもらえないのでしょうか。
私有地(農道)関係場所は難しいのでしょうか。
それにしても建物や人に被害が無かったことは不幸中の幸いでしたね。

ウマノスズクサの花は終わったと思ってました。
まだ咲いているんですね。花期を調べてみると8月ごろまで咲くそうなので期待できるかも・・・しかし、ジャコウアゲハは我家では無理でしょうね。
我家のブットレアもuke-enさんちの赤紫と同じ花が咲きましたが、まだチョウの姿は見ていませんよ。
オオウラギンスジヒョウモンいいですね。こちらでは絶滅危惧種になってます。
でも黒いアゲハの訪問位は欲しいですね。
No:8119|hitori-shizuka さん
ありがとうございます。
村ですけど防災意識が希薄で、住民もそれを許容しているような雰囲気です。まぁ地勢が地勢で、財源が豊かとはとてもいえないので、回らないこともありそうです。

ウマノスズクサは昨季の挿し芽苗で草丈が低いからか、やっと花をつけたという感じです。ジャコウアゲハの食草ですから、♂はともかく♀は必ずといっていいほど来るハズですよ。年三化でこれから二化が羽化する季節、三化が産卵したものは蛹で越冬します。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する