混群?(新生蝶(2016-No.33))

 
 朝方は雨の21℃、夜半から大雨警報が発令され、降り始めからの累計雨量は44mm、最大1時間雨量は午前4時までの23mmでした。私は白河夜船で、朝になって結構降ったようだと認識しました。(^^ゞ
 午前10時過ぎには雨も上がり、雲は残りながらも陽射しが強くなり、最高気温は28℃になりました。



 お昼前にパトロールすると、大きな黒っぽいチョウが目の前を過ぎりました。
 
ジャノメチョウ(タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
ジャノメチョウ
 追いかけると、ジャノメ・ポイントを南側から形成するシキビにとまりました。
 翅裏を見せてもらえなかったので確かではありませんが、大きさ、腹部の太さなどから♀と思われます。

 ジャノメチョウは、2015/6/22、2014/7/5、2012/7/9(初見)がそれぞれお初で、2013は見かけていません。村内他地域ではよく見かけますが、我が家周辺では個体数が少なく、一昨季あたりからぼつぼつ増えてきた印象です。



 午後のパトロールでは、
 
ムラサキシジミ(♀ シジミチョウ科ミドリシジミ亜科)
ムラサキシジミ ♀
 ムラサキ・ポイントのジャノメ・ポイント境で下草(小木)に開翅してとまっていました。割にキレイな個体です。
 近寄ると、ムラサキ・ポイント方向に逃げられました。
 
上:ムラサキシジミ・下:アカシジミ
ムラサキシジミ・アカシジミ
 ゼフが見当たらないとのぼやきが聞こえたので、案内してくれたのかも知れません。
 今季まだ見かけていないウラナミアカかと期待したのですが・・・
 
アカシジミ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科)
アカシジミ
 迷惑と思ったのか別の葉上に移動しました。
 スレが激しく、かなり傷んでいます。



 庭では、
 
アゲハ(夏型 ♂ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
アゲハ夏型 ♂
アゲハ夏型 ♂
アゲハ夏型 ♂
 エキナセア、ブッドレアの赤紫色と黄色を渡り歩いて吸蜜していました。夏型を見かけ始めたのは2、3日前なのにかなり傷んでいます。

 まぁ、花のレビューです。(^^ゞ
 ブッドレアは大きくなりすぎましたが、鉢で咲かせたより花穂が大きく色鮮やかになっています。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   ゼフ  草花  花木 

Comment

No:8098|赤と紫
アカシジミとムラサキシジミの同じ樹の葉に
仲良くのったツーショット良いですね!
2匹で何か話し合っているのかな?
No:8099|
こんにちは。
ムラサキシジミとアカシジミのツーショットですか?
なんという贅沢な・・・
ムラサキシジミの♀もきれいですねぇ〜
♀もこんなにオシャレだと、目をひきますね♪

ブッドレアが大きく育っているようですね。
我が家では、今一番の大株は白花ブッドレアです。
ピンクが強雨風でポッキリとやられてしまい、選手交代・・・
黄色も老木化して、今年は脇芽で更新中です。
白花は傾斜している場所に植えてありますから、
それなりに背丈を伸ばしてますけど、脇芽も出させて花数を多くと考えてました。
ところが、いつのまにか脇芽をバッサリと剪定されてしまいました・・・
「庭のお花はわたしの管轄なので、勝手に手を出すな!」
…と言いたいところなのですが、
最近何かとお世話になってる「♪私の大事な だんな様〜」なので、
文句も言えずにしょぼくれてます・・・
No:8100|ヒメオオさん
ムラサキシジミがとまったところにたまたまアカシジミがいたという構図なのでしょうけれど、ムラサキシジミ同士でもこんなシーンは見たことがありません。
あいさつくらいはしたのでしょうけれど、フン!と逃げられたように見えました。

トンボには手(口)を出さないほうがと経験上承知していますが、面白そうなムシ、と思ったら私へのリンクが・・・^^;
No:8101|みさとさん
ムラサキシジミとアカシジミと並んだところはオォッ!で、後の展開を期待しましたが・・・
折角の機会でしたが、高い場所だったのでこんな写真にしかなりませんでした。残念!

何度も業務連絡を入れたのですが、やっと届きましたか。^O^
未明の強い雨で赤紫色のブッドレアが傾いてしまいました。エキナセアは根が露出しています。そんなつもりでレビューしたのじゃないですが、在りし日の姿になってしまいました。^^;

前からあった青紫色のブッドレアは、花が終わったころに株元からバッサリで次の年には新芽(一種シュート)で十分な花が見られましたよ。そうはされないのでしょうか。

旦那様のことをグチるとバチが当たりますよ。当方はバチを当てられますなのですが・・・^^;
No:8102|珍しい
蝶が、たくさんですね。
さいきんは、あまり、見かけなくなってしまいました。
土手に行ってもはりあいがないです。

No:8103|
アカシジミとムラサキジシミが同じ葉上に並んでとまってくれるとは貴重なシーンでしょうね。樹液酒場ではたまに異種のチョウがいたりしますが・・・
チョウもさることながら私にはブットレアの花に目がいってしまいますよ。
黄色のブットレアも綺麗ですね。
我家も挿した苗が大きく育ち、芯を止め50センチ位の草丈の鉢植えで蕾は10センチ弱と小振りですが沢山蕾を付けてくれてます。
赤紫の花にはチョウの訪問が多いようですが、我家の花は濃い紫色なのでどうなんでしょうかね。(色の見分けが判るのでしょうか? それとも香りの識別でしょうかね。)
我家にもいろんなチョウの訪問があることを願って楽しみが増えましたよ。
No:8104|mcnj さん
今、土手でチョウが来そうなものはマリーゴールドくらいでしょうか。この時期に咲くアジサイやキキョウ、ギボシなどにはチョウが寄るのを見かけたことがないですね。

どこかでブナ科の樹液酒場を探されませんか。
No:8105|hitori-shizuka さん
アカシジミとムラサキジシミのシーンは、やはり日頃の行いでしょうか。口とは言いませんよ。(^^ゞ

ブッドレアの花序もいろいろですね。これまで青紫色しかなかったので、花穂はかたまった円錐形だと思い込んでいましたが、ダンギク状の赤紫色、下の半○から咲く黄色(白色も同じ?)を見てへぇでした。

チョウは花色を見分けているようで、種により同じ花でも決まった色に寄ってきますね。波長で見分けているそうですが、見慣れない花は一ちょ噛みして、密の味を確かめてみたいですよ。
ブッドレアの苗木をいただいた方のお話では、ピンク色が一番だそうですが、その色は我が家にあると思われて入っていませんでした。(^^ゞ

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する