京都にいるときゃジャコウと呼ばれたの(ゼフ第2号・新生蝶(2016-No.29-30))

 
 朝方は18℃、陽射しが強く気温はグングン上がって31℃、真夏日になりました。




 久しぶりの暑い日ですからグッタリしてしまい、パトロールする気も起こりませんでした。
 コクタンの花もほとんどが茶色になって庭では目ぼしいものを見かけませんでしたが、午後3時を回って黒系のアゲハが現われました。
 
黒系アゲハ
カラスアゲハ ♀
 花壇のランタナからニチニチソウ、庭のスイセンノウを巡回して、何回りか訪れてくれました。同じ花壇にある黒系アゲハおもてなし用のペンタスには見向きもせず、たった2株のランタナのうち黄色をそっちのけで紫色に執着していました。

 尾状突起は千切れていて、ずい分傷んでいます。ちょこまかと移動し、翅を忙しく開閉するので。特に日陰になっているランタナではゴミの山です。(ウデ?)

 ↓の記事でウマノスズクサについての薀蓄?を傾けていましたから、ジャコウアゲハの♂と疑いもしませんでした。赤斑も、フィールドではもっとクリーム色に近く見えました。(^^ゞ

 おまけに、
 
ウマノスズクサ(ウマノスズクサ科)
ウマノスズクサ
 日陰になっていた鉢植えのウマノスズクサを西日の当たる場所に出しました。
 で気がついたのは、ジャコウアゲハの♂なら花もない食草は無用の長物ということで、苦笑いしていました。^^;
 
カラスアゲハ(♀ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
カラスアゲハ ♀
 まだ陽が当たっているニチニチソウで撮影でき、それでもジャコウアゲハの後翅に青紫色があったかなでしたが、PCに落としてやっとカラスアゲハと気がつきました。

 カラスアゲハは、2015/5/17、2014/6/15、2013/9/13、2012/6/10がそれぞれお初です。我が家周辺ではミヤマカラスアゲハのほうがカラスアゲハより個体数が多く、その関係もあってか出現時期にはかなりバラつきがあります。




 ジャコウアゲハを見かけたと思っているから怪我の功名で元気回復、夕方のパトロールに出かけました。前方や足元を恐る恐る確認しながらジャノメ・ポイント付近の捜索です。
 
 
ミズイロオナガシジミ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科)
ミズイロオナガシジミ
ミズイロオナガシジミ
 ジャノメ・ポイントを形成している南側のシキビの葉上で見かけ、葉込みに潜り込まれました。
 食草はブナ科と知っていても、一瞬ん?産卵と思ってしまいました。

 ミズイロオナガシジミは、我が家周辺では2015/6/5、2014/6/13(初見)がお初で、村内では2013/6/13が初見です。出現時期としてはそれなりでしょうか。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   草花  ゼフ 

Comment

No:8052|
こんばんわー

今日は暑かったですねー・・・
ニチニチソウやランタナにクロアゲハ・・・
やはり、クロアゲハは、この様な花が好きなのですかね。
で、ニチニチソウなんですが、傷んでるような気が・・・
こぼれ種、それとも、苗調達のいずれでしょうか。
我が家は、いくら植え付けても、この様に傷んだ
状態になります。
ミズイロオナガシジミは、私はお目にかかった事が
ありません。
一度でいいから遭遇してみたいです。
No:8053|kucchan さん
最近になく今日は蒸し暑かったので、過ごしにくかったですね。それでも陽が落ちると涼しくなりました。まだ扇風機も出していないので、窓を開けるまでは家の中も蒸し暑いままでした。

ニチニチソウに気づかれましたか。このムラサキの2株は家内に頼んで追加調達したものですが、ポットから抜くと根が貧弱で大丈夫かなと思ってました。向こう側は何とかなったようですが、手前はダメかもしれません。他の株はどうもありませんよ。
kucchan さんちは、飼育されているコガネムシの幼虫のせいかもしれませんね。^O^
No:8054|
出かけた時はチョウも確認しているのですが今季はミズイロオナガシジミの姿はまだ見かけてませんよ。
ウマノスズクサはジャコウアゲハの食草だったんですね。
私も盆栽クラブで今年いただき、花を見るのが楽しみですが今年は無理みたいです。
ウマノスズクサは挿し木で増えるそうなのでジャコウアゲハ呼寄せように増やさなければ・・・来てもらえるのはまだまだ先になるでしょうね。
ジャコウアゲハが訪問してくれるかどうか疑問ですが楽しみが出来ましたよ。
No:8055|黒いアゲハ
凄いですね。
飛んでいるのですね。

こちらでは、モンシロチョウしか、見かけません。
No:8056|ブックマーク
わからないままにホームページをブックマークに入れて
すぐ見られるようにしました。
そして先生のブログも入れさせていただきました。
事後承認依頼でですみません。
No:8057|hitori-shizuka さん
本日もミズイロオナガシジミの記事になりますが、見せつけている訳ではありませんよ。そろそろそちらでも見られるのじゃないでしょうか。

ご承知のとおりウマノスズクサの花は見栄えのするものではありませんよね。これが盆栽になるのですか。
ブッドレアをいただいた方に物欲しそうなそぶりを見せたら、一緒に送っていただきました。(^^ゞ

ジャコウアゲハが卵を産みつけると、その先の枝は萎れさせてしまうそうで、生き残りの戦略でしょうか。ですから枝数を増やしておく必要があるそうです。さて、今季お菊虫が見られるでしょうか。
No:8058|mcnj さん
今季は5月の中旬以降の天候不順でチョウの出現ペースが大きく落ちました。新生蝶について、昨季は6/10までに36種、今季は30種です。
春先はペースが速かったので、どんどん見られるかと思ったら当てが外れました。
No:8059|自然を尋ねる人さん
リンクいただくのは何ら差し支えありませんが、当方のリンク先にはチョウ先輩諸氏がたくさんいらっしゃいますので、恐れ多い説明文は変更してくださいね。m(._.)m

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する