大きけりゃいい(のか?)

 
 朝方は14℃、最高気温は29℃、夏日は5日連続で真夏日目前です。
 ただ、乾燥注意報が出っ放しでムシムシしていない分凌ぎやすくはありますが、ギラつく陽射しには太刀打ちできません。



 そんな日でも、
 
 
テングチョウ(産卵 タテハチョウ科テングチョウ亜科 10:11)
テングチョウ産卵
テングチョウ産卵
 ムラシ・ポイントのムクノキで産卵中です。

 越冬個体の産卵は4/154/16ほか都合3日観察していて、それから1箇月余りを経過しています。
 したがって、この個体は今季羽化した一化個体ではないかと思われますが、新生蝶らしいピカピカさがうかがえません。

 時期としては越冬個体が生き残っていることが全くないとは言えませんが、もうボロボロになっていると思われますので、一化個体としておきます。



 樹液酒場も割に閑散としていて、ほかには目ぼしいものがありませんが・・・
 
 
クロアゲハ(♂ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
クロアゲハ ♂
 ジャノメ・ポイントのスイカズラで、移動しながら吸蜜していました。
 ♂は今季お初ですが、左後翅が大きく欠けて、美しい青黒色の面影はありません。
 
 
クロアゲハ(♀)
クロアゲハ ♀
 ジャノメ・ポイント付近に翔んできてとまれば平開するので、羽化直後の個体に違いないと追いかけました。
 
クロアゲハ ♀
 ジャノメ・ポイント内で静止中です。
 羽化直後の個体にしては左前翅の翅頂が欠けていますが、ほかに傷みは見当たりません。
 左右目一杯の写真もありますが、触覚が飛んでしまいました。(^^ゞ


 昔、大きいことはいいことだ ♪ というCMソングがあったことを思い出しました。
 
 
コチャバネセセリ(♀ セセリチョウ科セセリチョウ亜科)
コチャバネセセリ
 ムラサキ・ポイントで静止中です。
 レンズフードが葉に接触しそうです。(^^ゞ
 
 
ツマグロヒョウモン(♀ タテハチョウ科ドクチョウ亜科 2016/5/13)
ツマグロヒョウモン ♀
ツマグロヒョウモン ♀
 庭のネギ坊主で吸蜜していたところをやっと接写できましたが、載せそびれていました。
 左前後翅に欠けが見られます。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   産卵  花木 

Comment

No:7980|テングチョウ
これは、1化個体でしょうね。
No:7981|tef_teff さん
ありがとうございます。
そちらでのご返事で、越冬個体に傾きかけていました。

とすると、真夏の頃(記憶があいまい)、黒味の強い新鮮そうなテングチョウを見かけたことがあるのですが、当地でも二化の可能性があるのでしょうか。気にかけておきます。
No:7983|くろあげは
来ていますね。
うらやましいです。

おにゆりのつぼみが、大分膨らんできました。
楽しみにしております。
No:7985|mcnj さん
我が家周辺で見られるチョウは、現在のところ合計で66種でなかなか増えません。
好き好きですが、そちらでもシャカリキにさがすともっと多くが見られるかもしれませんね。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する