シカと左様か

 
 14℃と暖かい朝でしたがお天気はスッキリせず、最高気温は21℃どまりでした。
 
 
シラー・ベルビアナ(ユリ科)
シラー・ベルビアナ
 冬の間に葉をこんなに食い荒らされました。こんな悪さをするのはシカとシカ思えません。
 おかげで10株余りのうちこの2株にそれぞ1個の蕾シカありません。(^^ゞ



 今朝、家内が東の畑で黒い地に水色の筋が入ったチョウをらしいものを見たそうです。
 ちょっと早すぎるけどアオスジアゲハと思い、東の畑で待ち構えていましたが目視ですら見ることができませんでした。
 
 
ベニシジミ(産卵 シジミチョウ科ベニシジミ亜科 13:25)
ベニシジミ産卵
 裏の畑の西側、お隣の畑の尾根近くはもう少しするとワラビ畑になるのですが、エライ赤味の強いベニシジミがうろうろしていました。
 と思うと産卵し始めました。草むらの中で腹端がうまく捕らえられませんが、この植物は食草のスイバ(スカンポ)のようです。
 
 
モンキチョウ(上:♀・下:♂ シロチョウ科モンキチョウ亜科)
モンキチョウ求愛
 裏の畑で絡み合っていました。
 
 
ツマキチョウ(♂ シロチョウ科シロチョウ亜科)
ツマキチョウ ♂
 東の畑のアジュガで吸蜜中です。
 
 
 
シオカラトンボ(♀ トンボ科)
シオカラトンボ ♀
 裏の畑で見かけました。新生のトンボでは今季の初トンボです。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: 草花    産卵  昆虫(蝶以外) 

Comment

No:7875|モンキチョウのアベック飛翔
黄色と白色のモンキチョウのペアの
飛翔シーン、チョウの色合いが綺麗
ですね!
No:7876|
こんばんわー

シラーベルピアナの葉っぱが、こんなに食べれれてるとは・・・
犯人は「シカとシカ思えません」ですか。
所で、この葉っぱは美味しいのでしょうか?。
我が家のベルピアナは、2鉢中、1鉢の花が終わったので
今日処理しました(花茎の切り取り)。
残りの1鉢は、丁度、満開状態で、uke-enさんちが満開の
頃は花も終わり花茎を切り取ってると思います。
そうそう、アジュガも本日、花が終わりに近づいてたので
花茎を切り取りました。
どちらも、我が地域の方が開花が早いですね。
蝶の撮影は、相変わらず、素晴らしいですね…スゴイです。
No:7878|食草
ベニシジミがやけに多いと思いました。
今シイバの花が沢山咲いており、除去を考えています。
イタドリモ芽が出てきてこれも始末が悪い草です。
蝶は見たいが草はいらない。
もう一つオオキンケイギクがさ昨年の数倍に増えました。
ヒガンバナにも被害が出そうです。
No:7879|ヒメオオさん
ハハ、お恥ずかしい。

ヒメオオさんがカメラを4台も持たれてお出かけとは思いませんでしたが、私は100mmマクロで何でも済まそうと横着なことをしてますからこの程度にしかなりません。

いいレンズをと思わないでもありませんが、所詮ホコリだらけにしてしまいそうで踏み切れません。^^;
No:7880|kucchan さん
シラーの球根は毒性を持つとは聞いていますが、それ以外は無毒のようですね。私は食べられるかどうかを探求する趣味はないので、葉がおいしいかどうか味わってお教えください。^O^

シカは若木を植えると、葉が柔らかい頃に口で株元から扱いて、ウッカリするとからしてしまうので、裏や東の畑には何でも植えるという訳にはいきません。
イノシシは土を掘り起こすし、ほかにも悪さをするものがいるようで、自然が豊富ということはそういうものも現われるということですね。
No:7882|自然を尋ねる人さん
庭や花壇にはスイバやイタドリは出てこないし、出てきてもほぼ根絶は可能です。我が家の天敵はスギナとドクダミでしょうか。
畑ではなるがまま、スイバはベニシジミの食草なので、産卵を撮影するまでは気にかけています。

オオキンケイギクは特定外来生物ですが、道路の法面緑化に推奨されていた時期もあり、ことほど左様に大抵は人為的に入ってきたもので、生物の多様性を破壊するとはいうものの動植物に責任がある訳じゃないですね。
No:7883|トンボ
もう、はやばやと、出て来ましたか。

こちらの土手にも、べにしじみですか、この蝶が、出て来るようになりました。
No:7884|mcnj さん
我が家周辺には水辺らしいものがないので、ほかのところよりトンボの出現は遅いようです。
見たいと思うイトトンボ系も種類が少ないようですね。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する