ベニシジミ羽化(新生蝶(2016-No.2))

 
 暖かくて晴れ間の多かったこの間、後ろ髪を引かれながら出かけていたので、我が家周辺で何が起こっていたのかはさっぱり分かりません。

 午後帰宅して3時を回ってからパトロールしてみました。
 
 
ベニシジミ(春型 ♀ シジミチョウ科モンキチョウ亜科)
ベニシジミ
ベニシジミ
 裏の畑でヒョロヒョロと翔んでいて、枯草にとまりました。
 開翅しても、どこかアンバランスな感じです。
 
ベニシジミ
ベニシジミ
 キウイの幹に移動しました。
 平開する訳でもなくどこか違和感があるので、羽化間もない個体ではないかと・・・
 
ベニシジミ
ベニシジミ
 何のためらいもなく乗ってくれました。
 羽化直後、寝起き、羽化不全個体、交尾中の手乗り四原則はやはり有効のようです。(^^ゞ

 ベニシジミの出現時期は下表のとおり変動が大きく、気温や私のパトロール頻度では説明がつかないようでその要因を考えあぐねています。


[新生蝶初見(初撮)日一覧表]
 20162015201420132012
月日 順月日 順月日 順月日 順月日 順
モンシロチョウ 3/8 1 3/20 3/16 3/16 3/27
ベニシジミ 3/17 2 4/15 3/25 3/16 4/8
ルリシジミ   3/20 3/28 3/17 3/31
コツバメ   3/22 4/3 3/19 4/13
トラフシジミ   4/12 4/14 11 4/16 12 4/15
アゲハ   4/16 3/29 3/30 4/17
ツマキチョウ   4/17 4/10 4/2 4/27 11
ツバメシジミ   4/24 4/12 10 4/1 4/17
ヒメウラナミジャノメ   4/24 4/26 12 4/15 10 4/27 11
モンキチョウ   4/24 3/28 3/25 4/14
スジグロシロチョウ   4/25 11 4/27 13 4/15 10 4/12
ヤマトシジミ   4/26 12 4/9 4/10 4/15
コチャバネセセリ   4/26 12 4/27 13 6/27 16 5/5 14
ツマグロヒョウモン   5/4 14 5/11 15 5/13 14 4/29 13
クロアゲハ   5/5 15 5/6 14 5/13 14 5/7 16
ミヤマセセリ     3/31 5/8 14 5/5 14
※ 我が家周辺で各季の4月末までに見かけた新生蝶を、今季の初見日順で整理
 しています。今季まだ見かけていない場合は昨季の初見日順です。
  ただし、初見が5月以降の場合、この16種内での相対的順位を表示している
 ことがあります。
 
 
 
テングチョウ(秋型 タテハチョウ科テングチョウ亜科)
テングチョウ
テングチョウ
 庭の盛りを過ぎたアセビ(桃花)や裏の畑のウメで、数個体のテングチョウが吸蜜していました。


 ほかには、裏の畑を歩いているとチャノキの間から何個体ものキタキチョウが翔び出してきます。越冬明けでいつでも翔べる状態になっているようです。
 観察中の越冬キタキチョウは2個体になりました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   手乗り  花木  羽化不全 

Comment

No:7735|今は雨
1日中降ったりやんだり、さすがに蝶は見えません。
春の花の蕾の膨らみが目立ちます。
ベニシジミ可愛いですね。
No:7736|自然を尋ねる人さん
こちらは朝のうち薄日が射す時間帯もあったのですが、だんだん雲が増えてきて午後3時過ぎから雨模様です。翔んでいるチョウの姿は見えませんでした。

ベニシジミもたくさんいるから珍しがられませんが、美しいですし、目元もパッチリ、個体数が少なければみんなが追いかけるのでしょうね。
No:7737|
ベニシジミの出現ですか。
早いですね我家近くではまだ姿は見えませんよ。
出現時期は、全く同じ環境の下で育っているのではなく陽だまりや日陰等の環境も影響するんじゃないのでしょうかね。それに観察人に偶然発見されるかどうかで日も変わってくるでしょうね。
新生蝶の早速の手乗りのゴットハンドおめでとうございます。
種明かしの「手乗り四原則」で今年は挑戦してみょーう。(^∇^)
昨日は暖かくてこちらの野山ではテングチョウ数頭と黒いチョウ(ルリタテハ?)の姿が目れましたよ。

No:7738|
こんばんは。
新生ベニシジミ、きれいな色ですねぇ〜
春らしくて、なんだかウキウキしてしまいそう・・・
一枚目の写真を拡大してみたら、隠れん坊してるみたいで、
ホント可愛いわぁ〜
こんな可愛らしい子を、手玉に取っちゃあだめですよ!
確かに、羽化直後は手乗りさせやすいでしょうけどね(^_-)-☆

テングチョウもお出ましですね。
花の盛りを過ぎているとは言え、花と蝶はやっぱり絵になります。
青空からも春らしいポカポカ陽気を感じますしね。
昨日はキタテハに出会いましたが、
枯葉の上で翅を閉じられちゃったら、証拠写真にしかなりません。
No:7739|hitori-shizuka さん
早春一番のチョウは我が家では決まったようにモンシロチョウですが、地域によってはモンキチョウだったりします。そちらの傾向はどんなものでしょうか。

ベニシジミは早い部類に入りますが、個体数が多いハズなのに見かける時期にこんな幅があるのはなぜだろうと思ってしまいます。いくら見落としが得意?な私でも、そうそうは見逃さないと思いますよ。

昨季も春先には当たるを幸いという調子で手に乗ってもらっていて、ほんまにゴッドハンドやろうかと勘違いしました。春の終わりには大スランプ、時期の問題で今が狙い目かもしれませんね。
No:7740|みさとさん
早春のチョウは初めてならどれもオッ!と思うのですが、ベニシジミはその色合いからかオオッ!という感じです。こりゃ1個体ですが写真の枚数も増えてしまいます。
色合いとのバランスなのでしょうか、黒い眼も美しく感じます。

家内に手玉に取られているからか、家の仇を畑でという意識が働いているのかも・・・(^^ゞ
それは別にしても、オンシーズンになると余り載ってくれないですから(トライしない?)一季に一度はと思います。

以前はテングチョウが稀少な部類だったのに、最近は庭ですら複数頭なんて珍しくありません。産卵だって珍しくないのに、この方の交尾は見たことはありません。
ジャノメチョウの仲間やヒョウモンは交尾を見かけたことがあるので、目指せタテハチョウ亜科、テングチョウの交尾シーンですかね。
No:7741|
こんいちわー

昨日は午前中晴れで、午後は曇り・・・夜遅くより
雨が降り出し、今も雨ですよ。
なので、部屋で静かにPCとにらめっこです。
ベニシジミが、もう出現したのですね。
そおー言えば、ベニシジミの出現は早かったですよね。
でも、我が地域では見かけてません。
ヤマトシジミらしき姿は昨日に見かけましたが・・・。
更に、テングチョウも・・・
我が地域では、なかなか見れない蝶です。
No:7742|kucchan さん
当地も、本日はうっとおしいお天気でした。見回しても蝶影は全く見えず、それでもウロウロしたら少しは収獲がありましたよ。

当地ではベニシジミが早いようで、関東ではモンキチョウがモンシロチョウより早いと聞いていますが、まだ見かけませんか。
我が家周辺ではモンキチョウの個体数が少な目なので、その関係からもお目見えが遅いようです。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する