成虫越冬組

 
 朝方は強い霜で-3℃と冷え込みましたが、陽射しにあふれた一日で最高気温は15℃に達しました。




 春を告げる花は、
 
スノーフレーク(鈴蘭水仙 ヒガンバナ科スノーフレーク属)
スノーフレーク
 車庫前で開花し始めていることに気づきました。
 よく似た花のスノードロップの植わっている場所は分かりましたが、まだ蕾が分かれていない状態です。



 この陽気に虫たちも動き出したようです。
 
ツチイナゴ(イナゴ科ツチイナゴ亜科)
ツチイナゴ
 鉢植えのゴールドコイン(キク科アステリスカス属)から顔を出しました。
 バッタ目で成虫越冬する種ですが、成虫で越冬するバッタはツチイナゴしか知りません。

 この花は茎が木化し下葉が枯れ落ちて見苦しいので、毎季挿し芽更新しようと思うのですが・・・(^^ゞ
 
オツネントンボ(♂ アオイトトンボ科オツネントンボ亜科)
オツネントンボ
 裏の崖でキタキチョウを観察していると翔んできました。
 トンボ目で成虫越冬する種はオツネントンボとホソミオツネントンボしか見たことがありません。
 
オツネントンボ
 さぁ、お待ちかねのウォーリーですよ。さて、オツネントンボはどこに・・・^O^



 キタキチョウと言えば、
 
キタキチョウ #02・#03(シロチョウ科モンキチョウ亜科)
キタキチョウ
 昨日動いていた #03が更に右側(東側)2mほどのところに移動していました。
 昨日は飛ばされるほどの風ではなかったので、不安定な場所だったから移動したのでしょうか。
 
キタキチョウ
キタキチョウ
 今頃になって新たな個体を裏の崖で見つけました。
 見上げるとシダに隠れる場所だったので見過ごしていたのでしょうか。

 隣の畑の1個体と合わせて、観察中のキタキチョウは計4個体となりました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: 草花  昆虫(蝶以外)  蝶(越冬) 

Comment

No:7687|
こちらも今日は16~7度と暖かい日中でした。
久しぶりの野山散策でしたが暖かさに誘われテングチョウも2頭陽だまりで飛んでいましたよ。
こんな暖かい日が続くとキタキチョウの越冬明けも近く目が離せませんよね。
越冬するバッタやトンボもいるんですか。
オツネントンボは枯草にも似た地味な色のトンボで興味が無ければ見過ごしますね。
久しぶりのウォーリー、早速挑戦です。
紛らわしい枯草、枯草と探してようやく下部から2センチ位上部に右向きにとまっていましたよ。
No:7688|hitori-shizuka さん
今日のように暖かくて穏やかな日でも、当地では新生蝶どころか越冬蝶も翔んでいませんでした。季節の進みが早いといっても、皆さん寝坊助なのでしょうか。

冬に畑を歩くと、出てくることがあるのはツチイナゴばかりです。
オツネントンボはジッとされてるととても見つけられませんが、穏やかな日には陽だまりに飛来するのでよく見かけます。
ほかのバッタやトンボの仲間は冬に見かけたことがないので、成虫では越冬しないのだろうなと思っているだけです。

ウォーリーは分かったとおっしゃっていただければ信じますので、答えを言っちゃぁおしめいだ。あの方(特に名を秘す。)だけは勘違いじゃないかと疑いたくなりますが・・・
No:7689|春ですね~♪
明日は啓蟄、虫でなくてもごそごそ探索に出かけたくなる良い季節になりました。

ツチイナゴはムラサキシジミ並みに日向ぼっこに出て来ますが
私はまだ見つけられずにいます。
成体越冬するバッタの仲間にはクビキリギス(キリギリス科)もいて、これは枯れ葉をガサガサすると美しい黄緑色の体色で跳び出して来て、ほんとにびっくりさせられます。

ひな祭りの昨日モンシロチョウを見ました。
今日辺り数を増して乱舞が見られるかもしれません。
uke-enさんちの辺りでももうじき!
No:7690|
我が地域は、昨日17℃、そして今日は16℃くらいの暖かい日になりましたよ。

さて、「お待ちかねのウォーリーですよ。さて、オツネントンボ」・・・
はーい・・・今回は簡単みたいですね。
わざと、中心より離れた「下方」の個所で右上45°を向いて
止まってますね・・・傍の茎は何でしょうか。
No:7691|Matsu さん
何が気に入ったのか、ツチイナゴは今日もゴールドコインの鉢にいました。今季ご覧になっていなければ、鉢ごと受取人払いで送りましょうか。そうか、ご住所もお名前も存知ませんね。

クビキリギスはオンシーズンにも見かけたことがないので、水場に縁遠い我がフィールドではいても個体数が少ないのでしょうね。

モンシロチョウ、今日も見かけませんでしたよ。
例年モンシロチョウ初見日状況調査を↓で行っているので、連絡してあげてくださいね。
http://blog.livedoor.jp/grassmonblue/

P.S. 既にリストアップされていました。
No:7692|kucchan さん
当地の本日の最高気温は18℃、2日続きの暖かさでチョウも翔んでいました。撮影できたかどうかは後ほど・・・

今回のウォーリーはピントのあっている付近を探せばいいので、サービス問題でしたね。
実際問題として、フィールドでオツネントンボを見つけるのは難しいですね。翔んできたから見つけられたものの、よそ見したらあれ?どこだっけ、になります。
No:7693|
こんばんは。
このスノーフレークの開花は、フライング咲きではなくて、
れっきとした春告げ花なのですね。
我が家ではずっと遅くに咲く花なのに・・・
所変わればなんとやら…ってことでしょうかね。

今年初の「ウォーリー」ですね♪
オツネントンボは、枯れ草色でちょっと分かりにくいですけど、
上の写真でリハーサルさせていただいてますから、楽勝でしたよ〜ん!

uke-enさんもお優しいですねぇ〜
リハーサルとほとんど同じ向きのトンボを、出題してくださるとは・・・
(…って、たまたま止まったからですよね! ハイ、わかってます…)

観察キタキチョウが2頭も増えたのですね♪
この暖かさですから、目が離せませんね!
No:7694|みさとさん
今季ほど春を告げる花に注意を向けたことは珍しいことなので、どういう順番で開花するか記憶にありませんが、家内によるとスノーフレークは例年スイセンの仲間より遅いそうです。
暖冬で順番が後先しているのかもしれませんね。

ウォーリーもたまにはサービスしなくては、出題してもそっぽを向かれそうですからね。

本日の記事をご覧いただけたらお分かりのように、いつでも翔び出せる態勢になっているようです。こうなると越冬明けかどうかが分かりにくくなります。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する