三重奏

 
 朝方は曇り空の6℃、薄日が射したのは午後になってからで、最高気温は17℃どまりでした。



 こんな日だったからチョウは日中も寝ているだろうと思ったのですが、キタキチョウやヤマトシジミ、足元から翔び立ったキタテハなど1~2頭ずつを見かけました。
 
 
ウラギンシジミ(左:#2・右:#1 シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科 13:15)
ウラギンシジミ
 午前10時半過ぎにも確認していますが、その後風のため葉が動いたのか#2 が半ば隠れています。
 
#1(13:16)
ウラギンシジミ
 10/31から継続観察中の個体です。
 午前には全格納の状態だった触覚の先端が出ている以外、特に変化はありません。
 
#2(13:17)
ウラギンシジミ
 触覚は全格納の状態です。

 ウラギンシジミは越冬中葉の縁近くにぶら下がっていることがほとんどですが、この個体は主脈をまたいでとまっているためまだ越冬態勢に入っていないのではないかと考えています。
 葉の縁近くを越冬場所としているのは、葉表の水滴を口吻を伸ばして水分補給するためだそうです。

※「葉の裏で冬を生きぬくチョウ―ウラギンシジミ10年の観察 (わたしの研究) 」(高柳芳恵著 1999 偕成社)
 
 
 
ムラサキシジミ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科 13:19)
ムラサキシジミ
 どこかからのそのそと姿を現した印象ですが、寝場所は相変わらず見つかりません。
 
 
 
キタキチョウ(トリオ シロチョウ科モンキチョウ亜科 13:12)
キタキチョウ
 東の畑の崖(東面)の少し窪んだ場所で、昨日の2ショットが3ショットになっていました。
 実は、撮影の際昨日の下側の個体を屈んで何度も探したのですが見つからず、上に移ったのだろうと思っていました。写真をPCに落としてつらつら眺めていて、下部中央に何かキタキチョウらしきものが・・・(^^ゞ
 
 
キタキチョウ(ペア 13:46 横 4:縦 3を3:2にカット)
キタキチョウ
 裏の崖のコシダの葉裏にぶら下がっています。
 先日とは異なり3mほど離れていて、足場の関係でコンデジでないと2ショットが撮影できませんでした。

 キタキチョウは、ほかに1個体を11/4から継続観察中です。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   蝶(越冬) 

Comment

No:7531|
>葉の主脈をまたいでとまっているためまだ越冬態勢に入っていないのでは・・・
え!「なぜ判るの」でしたが納得できました。
今まで越冬体制に入れば何も口にしないものと勝手に思い込んでましたよ。
 昆虫の世界でも知れば知るほどいろんな実態が分かり面白そうですね。
しかし、私は根気が無いので長い観察は到底無理です。
今季もuke-enさんの観察結果でチョウに関する知識を知ろうと思ってますよ。(^○^)よろしくお願いします。
No:7532|hitori-shizuka さん
高柳さんの場合、10年で350頭を見つけ、生じた疑問は観察や飼育までしてその答えを出そうとされています。
まだまだ不明な点は多いようですが、私の場合サンプル数も少ない上、3年ほどすれば飽きがきておざなりな観察になるように思います。

観察の時期がずい分以前ですから写真が見づらく、平易に書かれている反面バックデータがないのが難点ですが、私にとっては越冬蝶観察のバイブル、キタキチョウはどうかなと比較観察するのにも役立っていますよ。
No:7533|
こんばんわー
我が地域は、ここ数日ですが、最低気温10℃、最高気温17℃くらいです。
で、日差しが出て暖かくなるとシロチョウやキチョウがヒラヒラと
飛び回ってますが、殆んど、止まる事がなくて、撮影出来ない状態ですよ…ウラギンシジミは全然見かける事がなくなりました。
私も、uke-enさんみたいに根性が有れば、チョウの寝床を探し回るのですができません。
私は、受動で待つのみです。
No:7534|kucchan さん
この時期のチョウの成虫は、越冬のために栄養を補給するもの、死滅するものは子孫を残すため♀を探したり、産卵したり、いずれにしても最後のご奉公なんでしょうね。
総じてとまらないし、とまっても敏感なことが多いですね。

私に根性がある訳はないのですが、冬になるとこれしかブログネタがないので、完全武装で出かけてるだけです。庭で越冬してくれれば楽チンなのにと思うことしきりですよ。
No:7535|トリプルキタキチョウ
いよいよ越冬チョウ探しシーズン開幕
かな?
ムラサキシジミの寝床見つかると良い
ですね!
No:7536|ヒメオオさん
キタキチョウは12月に入らないと越冬場所が安定しないような気がしていますので、今月下旬に大捜索してみようと思っています。
2桁は大丈夫と皮算用していますが・・・(^^ゞ

少なくなったとはいえまだスズメバチがウロウロしていますので、ムラサキシジミ・ムラサキツバメの越冬場所探しは12月になってからと考えています。
数年前に見かけたことがありますが、それ以来なので何とかなって欲しいですね。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する