木枯らし一号

 
 朝方は12℃、陽射しは強かったのですが空気は冷たく、最高気温は21℃でした。

 東京と大阪で木枯らし一号が吹いたそうですが、当地でもそれらしい風が吹いていたのに京都とか奈良とか言わないのかと思ったら、東京と大阪だけの表現だそうですね。
 なぜ木枯らし一番と言わないのかについては疑問に思っていましたが、春一番ほど広域的な話でないことを初めて知りました。

 午後9時の段階で気温は10℃割れ、明朝は6℃まで下がるそうです。そろそろ霜が気にかかる頃になりました。

 結局、あっさり5℃を割り込みました。乾燥注意報が発令されているので霜はなかったようですが、石油ストーブを引っ張り出さなければと思うほどに寒いです。(2015/10/26追記)



 チョウがめっきり少なくなり、アサギマダラは見かけないし、ネタに困っています。
 
 
サワフジバカマ(キク科 2015/10/24)
サワフジバカマ
 やっと咲き揃った感じですが、アサギ君には間に合わなかったようです。
 隣のヒヨドリバナ畑も、花が黒くなってほとんど目立ちません。

 とりあえず、アサギ終息宣言を・・・

   2015: 10/05-10/17 13日間 3個体
   2014: 10/07-10/17 11日間 7個体
   2013: 10/06-10/21 16日間 3個体
   2012: 10/11-10/26 16日間 5個体
   2011: 10/09-10/24 16日間 5個体+α
   2010: 10/15-10/26 12日間 10個体前後(初見)

 秋の深まりが早かった今季は、幾分早めに飛来して早めに出立したようです。
 
 
 
ヤマトシジミ(羽化不全 シジミチョウ科ヒメシジミ亜科 2015/10/24)
ヤマトシジミ
ヤマトシジミ
 これ以上いじけようがないくらいで、よくこれで羽化できたものだと思います。
 うまく翔べないようでジャンプする程度、生き延びるのは難しそうです。
 
 
 
ベニシジミ(シジミチョウ科ベニシジミ亜科 2015/10/24)
ベニシジミ
ベニシジミ
 庭で全開翅してじっとしていました。
 前翅前縁はギザギザでスレているようにも見える一方、毛はふさふさだし挙動などから羽化不全とも思ったのですが、↑との兼ね合いによる考え過ごしのようです。(^^ゞ

 今秋、ベニシジミが極めて少ないように感じます。これから増えてくるのでしょうか。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: 自然・季節    アサギマダラ  草花  羽化不全 

Comment

No:7461|朝早くから蝶
この冬1番の寒い朝
赤い蝶が飛んでいました。多分アカタテハ蝶です。
冬鳥のジョウビタキも初証拠鳥、いや撮りです。
仕事を欲張りすぎました。
少し旅をしてきます。これいやいやながらです。
No:7462|自然を尋ねる人さん
寒い朝でしたねぇ。晩秋を通り過ぎて一足飛びに冬になったような気がします。
我が家でも初冬鳥、ロマンスグレイのジョウビタキ♂でした。

どちらにお出かけかは存じませんが、仕事を忘れて残り少ない秋をお楽しみくださいね。
No:7463|
こんにちは。
アサギマダラの季節は、もうおしまいなのですね。
サワフジバカマが、こんなにきれいに咲きそろっているというのに・・・
なんだかもったいないような気がしますが、
急に寒くなりましたから、しかたがないですね・・・

今朝、こちらの最低気温は-0.9℃で、外は霜で真っ白!
明日からは寒さも少し緩むそうですが、
もうかなり前から、朝は薪ストーブを焚いてる我が家です。
例年ですと、最初のうちは温風ヒーターくらいで間に合うのですが、
今年はいきなり薪ストーブでした・・・

ベニシジミが少ないですか?
こちらは今ベニシジミが一番多く、いつもと変わらない気がします。
ヤマトシジミは、ちょっと少なめかなぁって思う。
(この時期なので、青メスと呼ばれる個体を探してるのですが…)

コメント(↑)拝見すると、もうジョウビタキがやってきたのですね。
お二方ともロマンスグレーの♂なのですね・・・いえ、ジョウビタキのことです!
わたしはまだお目に掛かってません。できることなら♀がいいなぁ〜
数日前にアオゲラが山から下りてきて、柿の木の幹を突いてました。
No:7464|
こんばんわー
こちらも朝晩の気温が急に冷え込んできました。
が、uke-enさん地域みたいな低い気温には至りません。
が、私の体には寒さに耐えられずストーブを出しましたよ。
木枯らし一号が吹きましたよ。
枯れ葉が駐車場内に…掃除で大変でしたよ。
そーなんですかー・・・関東語でしたか・・・初聞きです。
サワフジバカマが、やっと咲き揃った感じですが、我が家の
フジバカマと同じみたいですね…えへへへへ・・・。
せっかく、羽化したヤマトシジミは、かわいそうですね。
我が家ではツマグロヒョウモンの羽化不良を見かけた事がありますが、結局、飛び立つことが出来ずお★様になりました。








No:7465|アサギマダラの記録
アサギマダラの記録を見ると、この秋が早く通り過ぎたのがよく分かりますね。
uke-enさんのように記録を継続し、しかもきちんと時系列で示すとと色々なことが見えてきて面白いですね。有り難うございます。
アサギマダラは、台湾とか与那国島まで到達しているようですが、和歌山や三重での捕獲情報も続いています。
No:7466|みさとさん
ということで、ジョウビタキを載せました。
私は髪の量が多くしかも真っ黒け、時々かつらと疑われているような気がします。白髪は2~3本、ロマンスグレーは憧れだけに終わりそうです。

アサギ君は山場もなく終わってしまって寂しく感じますが、それでも来てくれてありがとうですね。
来季もサワフジバカマを切り戻すかどうか悩ましいところです。

ヤマトシジミやキタキチョウは例年並みにうるさいほどですが、ベニシジミはかなり少ないですね。ウラナミシジミも交尾シーン以来見かけません。露営3兄弟を一日でゲットが心配です。
No:7467|
24,25日は地域の文化祭が開かれ昨年入会した盆栽クラブ員として両日とも早朝から会員活動で野山散策は出来ずじまいでした。
こちらも25日夕方ごろには冷たい風が吹き、今日も夕方になれば肌寒くアサギマダラの飛来は望めないかもしれませんね。
せっかく綺麗に咲いたフジバカマなのに少し残念な気がしますが・・・
気ままな気候には勝てませんね。
来季は開花調整がジャストミートすればいいですね。
No:7468|kucchan さん
これまでのように徐々に寒くなってくるのであれば、身体が慣れて結構辛抱できるのですが、ドンと来ると寒さ一入で耐えられませんね。

kucchan さんちのフジバカマはサワフジバカマのようだと申し上げた記憶がありますが、開花が遅くて「これじゃないですか」がこんな時期になりました。(^^ゞ
アサギ君用には当てが外れましたが、畑に花の少ない時期で、有毒だからかシカも食べないようですから、これはこれでよかったですよ。

羽化不全個体を見るたびかわいそうと思うのですが、残り少ないシーズンをたくましく生き抜いてほしいですね。
No:7469|twoguitar さん
今季はそれぞれの個体の滞在期間が1~2日と短く、寂しい感じがします。季節の移り替えわりのスピードが速かったこともありそうですが、来季以降も今年は着てくれるだろうかの繰り返しになりそうです。

マーキング個体が来てくれるのを待っているのですが、6シーズンで1個体、YZAOの記号でしたから蔵王からだと思われます。アサギネットに再捕獲情報を投稿したら、何故か拒否されて詳細は分からずじまいです。

http://ukeminoengei.blog103.fc2.com/blog-entry-267.html
No:7470|hitori-shizuka さん
盆栽クラブだとこれからがシーズンでしょう。発表会もありそうですし、国風盆栽展にも行かれるのでしょうか。仲間がいるのは楽しいのでしょうね。

サワフジバカマの開花時期も気になるのですが、お隣が草刈りをしなくなってヒヨドリバナが減り気味なのが心配です。一旦草刈りをしてもらって日当たりをよくして、ヒヨドリバナが生長を始めたら草刈りしないが理想です。
我が家でもヒヨドリバナが減りました。ウィルス病にかかった株もぼつぼつ見かけるので、その関係もありそうです。
No:7483|観察しているからこそ
ヤマトシジミの羽化不全は、かわいそうな
感じもしますが、
自然界ではある一定の確率で発生している
ようなので、
頻度高く観察しているからこそと思います。
No:7484|ヒメオオさん
羽化不全は、モンシロチョウでよく見かけます。ヤマトシジミは小さいので、挙動に表われないと見つけることは難しそうです。たまたま撮影しようとして、ウン?というのもありました。

羽化不全は羽化場所の加減やサナギの殻が固かったなど物理的現象だと思うのですが、遺伝的なものもあるのでしょうか。どちらにしても、子孫を残す可能性は低くなりますよね。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する