残暑はどこに

 
 朝方は何と15℃、最高気温は29℃になりましたが、残暑はどこに行ってしまったのでしょうか。例年なら暑い暑いと騒いでいたはずなのに、こう涼しいと逆に心配になります。
 
 
 
メスグロヒョウモン(♂ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
メスグロヒョウモン ♂
メスグロヒョウモン ♂
 庭のブッドレアと鉢植えのカリブラコアで吸蜜中です。

 記憶力のいい方なら、ちょっと待ってよとお声がかかりそうですね。後翅裏に3本の白線があるように見えるじゃないか。とすると、9/5のミドリヒョウモンの♂もメスグロヒョウモンの♂じゃないのということです。
 確かによく似てはいますが、ピン大甘に見える前翅表には肩にハの形の黒斑がなく、模様もミドリヒョウモンのように見えますので、まぁそうさせておいてください。(^^ゞ
 
 
ミドリヒョウモン(♀ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
ミドリヒョウモン ♀
ミドリヒョウモン ♀
 代わりに♀ですがミドリヒョウモンを載せておきますね。
 東の畑のヒャクニチソウで吸蜜中です。左前翅から後翅にかけて大きく欠けています。

 我が家で見かけたことのあるヒョウモンで残るはクモガタヒョウモンだけになりましたが、さてこの秋会えるでしょうか。



 で、本日の黒系アゲハです。^O^
 
 
ミヤマカラスアゲハ(♀ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
ミヤマカラスアゲハ ♀
 庭のロウバイの葉上でペタリ、とりあえずの証拠写真です。
 珍しく新鮮そうな個体だったのでしつこく追いかけましたが、超敏感でとまっても遠くですぐ翔びたちます。
 
 
クロアゲハ(♀ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
クロアゲハ ♀
 花壇のペンタスで吸蜜中です。♀にしては赤斑が少し寂しい感じですが、鱗粉がはげ落ちたようでもないので個体差でしょうか。


 最近ペンタスに黒系アゲハが立ち寄るようになりました。モミジアオイやヒオウギが花期の終わりを迎えたため、ブッドレアとペンタスが第三の選択のようです。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: 自然・季節    草花  花木 

Comment

No:7321|天候不順・・・・
今年の気象はどうなっているのか?
とても心配しています。
早く雨があがり安定して欲しいです。
No:7323|
ヒョウモン柄のチョウは何度見ても何チョウだったかな?さらにブログの図鑑で確認してもスレや欠け、さらには撮れた姿で特徴も判りにくい場合もあり、最後はuke-enさん頼みにしていますよ。
uke-enさんがミドリと言えばミドリ、メスグロと言えばメスグロで間違いないと思ってまーす。(^∇^)
ミヤマカラスアゲハやクロアゲハの翅姿は鱗粉も綺麗ですね。
私も先日徳島の山でクサギで吸蜜中の黒系チョウを見つけてミヤマカラスアゲハを期待しながら向かったのですが近づく前に飛び立たれ ショック☆<( ̄□ ̄;)>☆ショックでした。
しがし、ツマグロヒョウモン?やダイミョウセセリに出会えましたよ。
No:7324|ヒメオオさん
35℃が当たり前の猛烈な暑さ、狭い地域での100mm/hを越える猛烈な雨、これまで余り聞いたこともない竜巻の頻発などなど「これまでに経験したことのない」天候の異変ですが、若しかするとこれが異常気象ではなく常態の時代に入ったのではないかと思えてなりません。
想定外だから許されるというようなことでなく、こちらの安全保障を真剣に対応して欲しいものですね。
No:7326|hitori-shizuka さん
>uke-enさんがミドリと言えばミドリ、メスグロと言えばメスグロで間違いないと思ってまーす。(^∇^)
「指鹿為馬」でも大丈夫でしょうか。(^^ゞ
怪しいこともしばしばですから、目を凝らしてくださいね。
とは言うものの、山野草でhitori-shizuka さんがこうだとおっしゃられば、間違いないと思ってまーす。(^∇^)

余程の相手でなければ、最近は逃げられてもまた会えるよと思うようになりました。枯れてきたのでしょうか。(^^ゞ

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する