ウラギン

 
 朝方は17℃、久方ぶりの20℃割れで震えました。
 空は青空、風はさわやか、最高気温は27℃で陽の下では暑さも感じましたが、秋らしい快適な一日でした。


 予報では秋晴れは明日までと脅迫されたので、勇んでパトロールに出ました。
 
 
ウラギンヒョウモン(♂ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
ウラギンヒョウモン ♂
ウラギンヒョウモン ♂
 東の畑のヒャクニチソウで吸蜜中です。
 左の前後翅とも大きく欠けています。初夏に羽化して厳しい蝶生を送ってきたようです。
 
 
オオウラギンスジヒョウモン(♀ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
オオウラギンスジヒョウモン ♀
オオウラギンスジヒョウモン ♀
 同じようにヒャクニチソウで吸蜜中です。庭ではお好みのアフリカン・マリーゴールドが咲いているのに、ヒャクニチソウの誘引力が強いようです。
 傷みのほとんどない個体で、個体識別はできませんが9/5の個体と同一個体と思われます。
 
 
ウラギンシジミ(♂ シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科)
ウラギンシジミ ♂
 庭で家内が片付け途中の防虫網にとまっています。
 秋になって見かけるのは2回目ですが、撮影は初めてです。今季は見かけることの少ないチョウですが、これから多くなることを期待しています。
 
 
アオスジアゲハ(アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
アオスジアゲハ
アオスジアゲハ
 アセビやカルミアを植えている庭のはずれの花壇で翔んでいました。
 とまってくれないので飛翔撮影を狙いましたが、ヒットしたという手ごたえが感じられず、案の定でした。(^^ゞ
 
 
ヒメジャノメ(♂ タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
ヒメジャノメ ♂
 ジャノメ・ポイントでは数頭のチョウを見かけましたがみんな逃げ出し、付近でこのチョウだけが撮影させてくれました。
 樹液酒場でもスズメバチ1頭が居座っていただけでした。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: ヒョウモン  ウラギンシジミ  アゲハチョウ科  ジャノメチョウ亜科 

Comment

No:7322|苦戦続き
来客予定が続きます。
新聞・ラジオが月、火と続き
24日には海外のお客様
草刈りした後の枯れ草の処理を市に
お願いしてOKまでは良いのですが
道路まで草の運搬をする人がいない。
雨続きで皆やさい物を植える人が多いのが原因です。
セスジスズメの幼虫と確認できました。
感謝です。
No:7325|自然を尋ねる人さん
家庭菜園も含めて、農業は天候の加減を見ながらですから、集まりが悪くなるのも仕方がないですね。できる範囲で対応せざるを得ないと割り切らなければ、事務局長さんの負担が大きくなるばかりですよ。

セスジスズメで合ってましたか。尾部に角があるので多分○○スズメの幼虫だろうとは思いましたが、その先は手さぐりです。
ガの場合、種類が多い上、幼虫も齢数により別人?のような姿になりますので大変です。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する