暦では秋だが・・・

 
 朝方は24℃で熱帯夜が何とか途切れましたが、日中は36℃で3日連続の猛暑日、立秋の翌日とはいっても暑いことに変わりありません。



 さて、チョウの動向は・・・
 
 
ムラサキシジミ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科)
ムラサキシジミ
 久しぶりにジャノメ・ポイントで見かけました。日陰のため開翅してくれませんでしたが、翔んでいる際の翅表の青紫色は鮮やかでした。

 今季、ムラサキシジミの数が激減しているようで、パトロールしていても滅多に見かけません。特に、ムラシ・ポイントで見かけることが極めて少なく、名前を返上しなくてはと思いかけています。
 冬が寒くて雨が多かったため越冬に成功した個体が例年より少なく、その影響が尾を引いているのではないかと考えられます。
 
 
ウラナミシジミ(♂ シジミチョウ科ヒメシジミ亜科 2015/8/8)
ウラナミシジミ ♂
 裏の畑で見かけました。
 6/12に多分二化(第二世代)個体の産卵シーンを見ていますので、時期からみて三化個体と思われます。我が家周辺では元々秋のチョウだったので、これから増えてくるものと思われます。
 
 
チャバネセセリ(セセリチョウ科セセリチョウ亜科)
チャバネセセリ
 離れの柱にとまっていました。
 最近、黒いセセリチョウを全くといっていいほど見かけません。暑い時期にも多いと思い込んでいたのですが、端境期かも知れません。
 
 
サトキマダラヒカゲ(タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科 2015/8/8)
サトキマダラヒカゲ
 樹液酒場ではないところで、嫁一人(一番上)に婿二人です。
 
サトキマダラヒカゲ
 こちらは本日、ジャノメ・ポイント付近で♀(多分右側)を口説いています。

 どちらも成立しませんでした。
 正確とは言えませんが、ジャノメ・ポイント付近での個体数は2桁を超えたと思われ、こんなシーンをあちこちで見かけます。今季2回目の最盛期を迎えたようです。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:  

Comment

No:7216|
こんにちわー
今日の我が地域は、8時頃より雨(小雨)がぱらついて
きましたよ。
でも、相変わらず暑くて(蒸し暑い)参ります。
ムラサキシジミは出逢った事がありません。
が、チャバネセセリチョウやサトキマダラは懐かしさを
感じる蝶です。
さて、私は早朝散歩の「クヌギ坂」ポイントで、アカボシゴマダラの幼虫に出会いましたよ。
早速、家に持ち帰り飼育ケースで飼育をしました。
蛹になり、羽化するまで、育つといいのですが(昨年は失敗)。


No:7217|
こんにちは。
出逢ったことがないとおっしゃってるkucchanさんには申し訳ないのですが、
わたしはムラサキシジミを馴染み深く拝見させていただきましたよ〜♪
…といっても、偶然にたった一度の出会いでしたが、
こちらのムラサキシジミさんにもなんとなく親近感が・・・

ウラナミシジミを拡大して翅表をチェック!
これもう秋型でしょうか?
これだったらウラナミシジミだと、わたしでもわかります♪
記憶力が低下してきている昨今、ひと様のブログで拝見しただけでは、
悲しいかな、じきに忘れてしまいます。
やっぱり苦労して調べないと、なかなか身に付かないものですねぇ〜
No:7219|kucchan さん
今朝は涼し目でしたが、雨は8月になって一滴も降っていません。花壇も庭もカラカラです。

>ムラサキシジミは出逢った事がありません。
ホイ、きたきた。

http://kucchankucchan111.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-bc4c.html

http://kucchankucchan111.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-10c9.html

どちらもタイトルに入ってますよ。

外来アカボシゴマダラは、関東ではすっかり見慣れたチョウになっていますね。見たいような見たくないような、複雑な気持ちです。
No:7220|みさとさん
>出逢ったことがないとおっしゃってるkucchanさんには申し訳ないのです
↑のとおり、何も申し訳ながる必要はありませんよ。関東では見慣れたチョウになっているようです。
ですが、みさとさんの馴染み深いにも呆れますね。罪深いのはどちらでしょうか。Repent! ^O^

ウラナミシジミ秋型?季節型はありましたかね。
この個体は羽化間もないのではないかと思われ、青は鱗粉によるものではありますが、毛が生え揃っていてそこに鱗粉がついている空のようです。
例年ウラナミシジミを当地で見かけるのは9月下旬でしたから、よそから飛来したものでなくやはり近辺で羽化したもののようです。
No:7222|
おはようございます。
ギョギョッ! ギョギョギョギョー!!!
ごめんなさ〜い! 勘違いしてましたぁ〜
この蝶はウラナミシジミ・・・
…で、わたしが言ってるのはトラフシジミでした。
波模様と虎のシマ模様を間違えるなんて・・・
拡大して拝見したのに、わたしの目と脳は別々に働いてたのかっ!
こんなことも老化現象なのでしょうか・・・
年々、言い訳することばかり増えてきて、ホント困ります(^-^;
No:7223|さかなクン
大漁ですね。^O^

トラフシジミにだって秋型があったとは・・・でもこれ以上のツッコミはやめておこうっと。(^-^)v
No:7224|早く来い来い
昨年秋に「ウラナミシジミ」が数頭
「フジマメ」の花やってきて産卵し
ました。その卵が、10頭以上羽化し
たので、今年も一攫千金とばかりフ
ジマメをベランダのプランターに植
えて待っています。
早くやってきて欲しいものです。
No:7225|ヒメオオさん
6/12にスイトピーに産卵したハズなのに、蛹どころか幼虫すらも見つけられません。根気が足りないのか視力が足りないのか、この大きさでは、孵化も羽化も観察不能です。

昨季のフジマメは立派でしたが、今季も元気に育っているのでしょうね。
当方はウマノスズクサの苗をいただいたので、来季になりますがジャコウアゲハの産卵待ちです。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する