節分の鬼

 
 朝方は27℃で5日連続の熱帯夜、最高気温は37℃で猛暑日復活、昨日とは異なりカラリと晴れていましたが、体温超えには耐えられません。
 夕方にはかなり近くで雷鳴が聞こえましたが、本日も空振りでした。



 そんな暑さの中なので、朝早めにパトロールに出てみました。
 チョウはお馴染みさんがほとんどでしたが、立秋を明日に控えた節分の今日、時宜を心得た方が姿を見せてくれました。
 
 
オニヤンマ(♂ オニヤンマ科)
オニヤンマ ♂
オニヤンマ ♂
 裏の畑で見かけました。背景がゴチャゴチャしていて、写真としてはちょっと・・・

 オニヤンマは日本最大のトンボですが、この個体は小ぶりで体長は90mmほどに見えました。
 2012年には庭でよく見かけたのですが、庭では見かけなくなり撮影はそれ以来です。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: 昆虫(蝶以外) 

Comment

No:7208|威風堂々
我が家のメダカの水槽には小さなイトトンボ
のヤゴが住み着いています。大きさがあまり
に違うので比べようもありませんが、オニヤ
ンマは威風堂々としていて格好イイですね!
No:7209|
こんばんわー
昨日は暑かったですねー。
私は、朝寝坊で早朝散歩(昆虫探索)は出来ませんでした。
オニヤンマは、我が屋では殆ど見かける事がありません。
が、何時も散歩先の「クヌギの木」が有る坂道では、
良く見かけます。
でも、飛んでる姿で撮影は出来ません。
オニヤンマが、この様に止まってるのには驚きです。
多分、撮影して欲しかったのではないでしょうか。
それにしても、お見事に尽きます。


No:7210|ヒメオオさん
チョウの場合そうでもないのに、トンボだと日本最大に思い入れがあるのは何故でしょう。子どもの頃チョウは見ていても分からなかったけれど、トンボならやれオニヤンマ、やれギンヤンマと追いかけていたからでしょうか。

我が家周辺では種類も少ないですが、細身のトンボのメタリック塗装も好きです。塗りの浅いのやら、色褪せたものもあって困るのですが・・・
No:7211|kucchan さん
オニヤンマは、ほかの見慣れたトンボのように巡回はしないようですね。まぁ待ち構えて撮影しても、なかなかピントが合いませんが・・・
ただ、高いところを飛んでいるときは別ですが、結構とまりますよ。この写真は別の場所でとまっていて、回り込もうとして逃げられた後でした。長時間この場所でじっとしていて、私が暑さに負けて逃げ出しました。
No:7212|
こちらも猛暑続きで自宅でいても堪らず今日も県境付近を散策してみたのですが山間部に設置の温度計の表示も36度でしたよ。
途中黒いアゲハが吸水していたのでこれはチャンスとカメラを構え撮ったのですが「なに!」SDカードが入ってない。
山中ではカードも売ってなく本当にドジな一日でしたよ。
オニヤンマの姿は見れませんでしたが山間部では赤とんぼが群れている姿が見られたのでもう直ぐ涼しくなるでしょうね。
No:7213|オニヤマンマ
オニヤンマとコオニヤンマは幼虫の形が違うので
比較的区別は出来ます。
個オニヤマンマの幼虫がミミズ咥えているのを見て
びっくりしました。ナガイミミズを振り回していました。
No:7214|hitori-shizuka さん
それは残念でしたね。
私は、SDカードが入っていない場合シャッターが降りない設定にしています。カードを抜いたら蓋を閉めないようにしていますが、多分そこから虫が入ってこまったことがあります。
カメラを抱えたらとりあえず確認する癖をつけることでしょうね。

さて、涼しくなるでしょうか。生き物はタイムスケジュールに従って姿を見せたとしても、ずっと暑い日が続くような気がしています。
No:7215|自然を尋ねる人さん
コオニヤンマは確かに小型のオニヤンマと言ってもいいくらい似ていますが、科すらも異なっていますね。
ヤゴは水の中でしょうから、見たことがありません。

庭ではヤマトシジミ以外チョウの姿はほとんどありませんが、クマバチが元気です。それでもいるところにはいるもので、堂々川もそうなのでしょうね。
No:7218|オニヤンマ
残暑お見舞い申し上げます。m(__)m
日々のパトロールを欠かさない勤勉さを見習わなくては。(^^ゞ

畑で見たオニヤンマ、威風堂々の存在感がありますね。
マイフィールドではお目にかかったことがない種なので羨ましいです。
近くに水路とか小川とかがあるのでしょうか?
No:7221|Matsu さん
お加減はいかがでしょうか。PCの・・・(^^ゞ

勤勉さにはほど遠く、2~3日パトをサボると義務感、焦燥感などいろいろなものに襲われます。それ以上サボると、長くなりそうなので。

私のフィールドには小川も水路もありません。ですから、オニヤンマに限らずヤゴなんて見たことがありません。少し離れると水田もあり、その辺から飛来するのではないかと思っています。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する