7月後半の虫たち(ムシヒキアブ編)

 
 朝方は25℃超え、今季初の熱帯夜でした。道理で昨夜寝つきが悪かったわけです。
 曇りがちで最高気温は32℃どまり、蒸し暑く、午後遅くから夕方にかけて遠雷小雨がありました。



 庭では見慣れたチョウ以外ほとんど見かけず、ジャノメ・ポイントも閑散としています。そこで困ったときの虫頼み、始まりです。
 
 
アオメアブ(産卵 ムシヒキアブ科 2015/7/27 7:17)
アオメアブ 産卵
 ブッドレアで産卵しています。

 とサラッと書きましたが、私が寝ぼけていたのか、見ていてもどうなっているのかさっぱり分かりませんでした。
 まず、ブッドレアの花穂の蕾と白いものがクモに見えアオメアブが捕食されていると思ったのですが、アオメアブが腹端を動かしていることに気づきました。陽射しの関係でその名の由来である複眼が緑色でないため、回り込もうと思ったら逃げられました。
 この方の寝相はこんなのかととりあえず納得し、まぁ写真を見れば分かると放置していました。^^;
 
アオメアブ(卵塊 2015/7/28)
アオメアブ 卵塊
 昨日の朝、このメレンゲ状のものが卵塊ではないかと気づき、慌てて前日の写真を見て初めて産卵と気づきました。
 そもそもムシヒキアブの産卵なんて、マガリケムシヒキが落ち葉の下に産卵している(らしい)シーンを一度見かけたきりで、卵がどんな形状かは全く知識がありません。アオメアブがカマキリのように泡状のものを何度もすりつけて卵塊を作ることを初めて知りました。

 この卵塊は泡状で真っ白、何度も撮影しましたがどうしてもピントが合ったという気になれませんでした。^^;
 カマキリの卵塊のように固まるのかどうか観察したいと思っています。
 
 
アオメアブ(捕食 2015/7/23)
アオメアブ 捕食
 裏の畑で見かけました。獲物はコガネムシの仲間のようです。
 空ヌケで細部が暗く、アオメアブの緑眼もよく見えません。
 
アオメアブ 捕食
 フラッシュを焚いたら、赤目アブになってしまいました。(^^ゞ
 
 
シオヤアブ(交尾 ムシヒキアブ科 2015/7/26)
シオヤアブ 交尾
 我が家周辺では、ムシヒキアブ科の中でシオヤアブの個体数が断然多く、交尾シーンもしばしば見かけます。
 左が♀、右が白いポンポンを持つ♂と思われますが、ポンポンがどちらのものか定かではありません。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: 昆虫(蝶以外)  産卵  捕食  交尾 

Comment

No:7188|不思議
アブの世界では普通の事でしょうが
こちらは人間界、生まれて初めて見る
アブのアブない関係を知りました。
私ごとですがクマゼミの手乗りが撮影できました。
蝶はダメでしたがセミは協力してくれました。
No:7189|
アブの産卵は初めて見せてもらいましたよ。
植物の先端にカマキリの産卵のような塊を産み付けるなんて予想もしませんでした。
アブの姿を見ていなければ、私ならクモ類のタマゴかな?で終わってしまいますよ。
今まで考えた事も無かったですがアブの姿からハエのような生態と同じでないか思ってましたよ。
今後の観察結果が楽しみですね。
猛暑続なのであまり無理をしませんように。
しかし、今後の変化を見てみたいですよ。


No:7190|
暑いですねー・・・
当方は、この暑さで、早朝散歩以外は外に出てませんよ。
アブ・・・
アオメアブか、シオヤアブなのかは分かりませんが
時たま、見かけます。
が、産卵や交尾シーンは見かけて事がありません。
で、私は昨日の早朝にウラギンシジミの手乗りに
トライしましたよ…当然、成功ですよ。
No:7191|守備範囲
だんだん守備範囲が広がっていますね。
アブの卵塊は知りませんでした。
↓のキアゲハ、夏型の黒い個体で美しいです。
後翅などはあまり見ないほど黒色が発達していますね。
ところで、先日、所ジョージの「日本列島ダーツの旅」で御地が出ていましたので、なんだかうれしくなりました。
No:7192|自然を尋ねる人さん
動物を餌にしている動物は、哺乳類から始まって全ての脊椎動物にいますし、昆虫類でもホタルを始め多いですね。見たことはないですが、チョウにも1種いるようです。
生きのびるために肉食し、生きのびるために捕食者から逃れる、それが自然の摂理で結果として調和を保っていることになるのでしょうね。
そんなことを考えていると、人間の寿命を無理にのばすことは自然の調和を乱していることになりわしないかとも思えます。

セミは案外手に乗っても逃げませんね。逃げられた際は、雨にご注意。
No:7193|hitori-shizuka さん
アオメアブがカマキリ同様卵塊を産みつけるなんて考えもしませんでした。他のムシヒキアブも同じなのか興味があります。
検索したら、1件だけそれもアオメアブの産卵と卵塊の写真でした。もしかすると、貴重な写真?(^^ゞ

アブはハエ目(双翅目)ですから似たところがあっても不思議はないですね。形態の似ているハチはハチ目(膜翅目)ですが、アリはこちらですから、分類もよく分かりません。
No:7194|kucchan さん
今日は私の体温を超えそうな暑さです。花たちもすっかり暑さ負けしているようです。庭ではチョウもほとんど見かけませんが、パトロールする気にもなりませんよ。
水やりは陽が落ちた夕方で、鉢物はほとんど半日陰においていますので一日2回は必要なさそうです。ただ、蚊対策をサボるとエライことになります。

アオメアブは我が家周辺では見かけることが少なかったのですが、今期はちょこちょこ見かけます。シオヤアブ、マガリケムシヒキは多いですが、ほかは見ているかどうかも分かりません。(^^ゞ
No:7195|grassmonblue さん
守備範囲にしている訳ではないのですが、スタンドで観ているとファウルボールが飛んでくるので、受けるかよけるかです。
当たらないようには、臆病なほど気をつけていますよ。スズメバチやマムシなどにあたると悲惨なことになりかねません。

↓のキアゲハの件、羽化したてだからこんなものだろうと特に違和感を感じませんでした。そうおっしゃるからと以前のキアゲハ夏型の羽化を確認すると、こんなに黒くないですね。毛が長くフサフサ、長髪にしたのでしょうかね。
でも、こういうことにピンとくる感覚は養いたいですね。
No:7196|あぶ
お暑うございます!!
私が撮ったのは このシオヤアブだったのですね~。(ピンボケボケ写真でv-212
てっきリハチだと思っていました。
ありがとうございました。

今年はいつものチョウ達に出会えずに こちらのブログで楽しませていただいています。
いつも「只見」ですみません。
No:7197|take さん
ちょうどシオヤアブの交尾を載せたばかりだったので、しめこのうさぎだと思いましたよ。(^^ゞ
♀が捕食中の交尾は私も撮影したことがありますが、どうも色気より食い気で♂をじゃまっけにしていました。

薩摩守がお気にかかるようでしたら、野菜や果物をお贈りいただいても、折角のご好意ですからお断わりするなんてそんな滅相もない・・・^O^
こんなことを軽い気持ちで書くものですから、純な方ばかりの皆さんに逆にご迷惑をおかけするのですが・・・^^;
No:7198|雨には困ります
朝は朝星、昼日干し、
夕方鳴く蝉は日暮らし、ホウシ
つくづく奉仕したので金をくれ
セミの世界も現実味が出ています。
日干しになる頃はアブラゼミの世界ですが
暑いですね。
No:7199|自然を尋ねる人さん
こんなに暑いと、夕方まで屋内にこもっています。小人閑居して不善をなすじゃないですが、記事も日干し状態です。
遠雷に期待したのですが、薄暗くなったのみで空降り?でした。

当地の雨乞い踊りは何故か11月ですが、夏にやってもらえないかと密かに思っていますよ。(^^ゞ

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する