雨ニモマケズ

 
 雨の朝19℃で始まり、最高気温は25℃どまりでした。

 昨日の降り始め(午後4時)から本日午後1時までの雨量累計は82mm、時間雨量は本日午前11時までの22mmが最大でした。雨そのものは午後3時頃まで降っていましたが、数字的には表われません。



 こんな日にはチョウも出てこないだろうと思ったら、午後2時半頃のやみ間にオオチャバネセセリ1個体と、このヒトです。
 
オオウラギンスジヒョウモン(♂ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
オオウラギンスジヒョウモン ♂
 私が気づいたこの時には、また雨が降り始めていました。これは玄関ポーチの軒下から撮影しました。
 前翅裏の翅頂に白三角が見えたので、♀かも知れないと近寄ることにしました。
 
オオウラギンスジヒョウモン ♂
 かなり雨が強く降っていて、これは傘をさして撮影したものです。
 オオチャバネセセリは姿を消していましたが、オオウラギンスジヒョウモンは退避しようとはしないでずい分粘っていました。
 白三角と見えたのはオレンジ色だし、開翅すると性標が見えたので♂と分かりました。オオウラギンスジヒョウモン♀の翅表は暗くて黄色味が強いので♀ではないと思いはしましたが、どうしても希望的観測が先行します。
 
オオウラギンスジヒョウモン ♂
 午後3時頃雨が上がったらまた出てきました。欠けは見えませんが、ずい分スレています。
 
 
アカタテハ・オオチャバネセセリ×4
リアトリス
 薄日がさした庭のリアトリスに集まりました。
 セセリチョウはどれもオオチャバネセセリで、5頭いましたがカメラに収めきれませんでした。

 写真右端はトマト、リアトリスの左側にはユリを隔ててキウリ、手前にはネギが植えられています。ここは元々花畑だったのですが、裏の畑ではイノシシやシカなどに荒らされるので、野菜担当の家内がここで栽培しています。(^^ゞ
 
 
ツマグロヒョウモン(♂ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
ツマグロヒョウモン ♂
 こんな日に出てきてくれたので、敬意を表しておきます。エライ敏感でした。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   花木  草花 

Comment

No:7110|こんばんわ
お花には、訪問者がありますよね。今ユリを写してきましたが
夜にも蝶は、とまっていましたよ! 応援☆☆”
No:7111|
我家にもリアトリスの花が咲いていますがチョウは全く訪問してくれません。
花数が少なく存在感が無いのでしょうかね。
uke-enさんの様な資料を作ってないのでこの時季は毎年の事かどうかも分かりませんが、セセリチョウやヤマトシジミ等の姿も見かけませんね。
昨日は菜園場で黒と普通のアゲハチョウ2頭が見られましたが植木の作業をしていて手元にカメラが無く撮れてません。
No:7113|ちごゆり嘉子さん
夜寝ているチョウを見つけるのは難しいですが、大きな花の花弁によくモンシロチョウがとまっていることがありますね。
畑では草の先にヤマトシジミやベニシジミがとまっていて、朝露に濡れています。霧が降りた日には水玉になって、当方の被写体の一つです。
No:7114|hitori-shizuka さん
リアトリスではセセリチョウのほかにアカタテハもよく見かけます。ほかに吸蜜源がなければもっといろいろ見られそうですが、チョウの花の好みは案外明確ですね。

私のデータは定性?分析(と言うほどのものでは)、定量分析はもっぱら印象です。記憶力が落ちているのか、思い込みが激しいのか、よく違っていることがありますよ。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する