クロアゲハ(新生蝶(2015-No.16))

 
 昨日載せそびれたもので本日回しでいいだろうと思ってたら、記事ネタが次々と出てきたのでとりあえず昨日分だけ載せますね。


 まず、釣書の続きです。
 
アゲハ(春型 ♀ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科 2015/5/5)
アゲハ ♀
 ペンタスに吸蜜に来たのは、羽化直後とも思えるアゲハの新鮮な個体です。毛がフサフサで腹部がよく見えないほどです。
 エッ、夏型とも思いましたが、やはり春型のようですね。

 写真ではペンタスが植えつけ済みのように見えますが、ポットのまま土の上に置いているだけで、昨日の夕方植えつけました。


 期待していた黒系のアゲハの訪問がなかったので、パトロールに出てみました。
 
 
クロアゲハ(♀ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科 2015/5/5)
クロアゲハ ♀
クロアゲハ ♀
クロアゲハ ♀
クロアゲハ ♀
 裏の畑のユズの周囲を♀ばかり2個体が翔んでいました。
 写真は、多分同一個体のもののようです。

 このユズは樹高5~6mで、毎年多くの実をつけてくれます。梯子がないと収獲できないため、針はできるだけ落としています。
 まだ花が咲いていないのだから産卵に来たのかなと思っていましたが、家内の言によると蕾がついているとのことでした。とまったかどうかも確認できないような状態だったので、吸蜜していたのかも知れません。

 クロアゲハの出現時期は、下表のとおりまぁ例年並みといったところでしょうか。
 なお、記事タイトルでは、今季の新生蝶初見(初撮)日の絶対順位を表記しています。

[新生蝶初見(初撮)日一覧表]
 20152014201320122011
月日 順月日 順月日 順月日 順月日 順
モンシロチョウ 3/20 3/16 3/16 3/27 3/17
ルリシジミ 3/20 3/28 3/17 3/31 3/28
コツバメ 3/22 4/3 3/19 4/13
トラフシジミ 4/12 4/14 11 4/16 12 4/15 4/21 11
ベニシジミ 4/15 3/25 3/16 4/8 3/26
アゲハ 4/16 3/29 3/30 4/17 4/10
ツマキチョウ 4/17 4/10 4/2 4/27 11 5/2 12
ツバメシジミ 4/24 4/12 10 4/1 4/17 4/5
ヒメウラナミジャ
ノメ
 4/24 4/26 12 4/15 10 4/27 11 4/18 10
モンキチョウ 4/24 3/28 3/25 4/14 4/12
スジグロシロチョ
 4/25 11 4/27 13 4/15 10 4/12 4/5
ヤマトシジミ 4/26 12 4/9 4/10 4/15 4/7
コチャバネセセリ 4/26 12 4/27 13 6/27 16 5/5 14 5/8 14
ツマグロヒョウモ
 5/4 14 5/11 15 5/13 14 4/29 13 5/9 15
クロアゲハ 5/5 15 5/6 14 5/13 14 5/7 16 4/16
ミヤマセセリ   3/31 5/8 14 5/5 14 5/7 13
※ 我が家周辺で各季の4月末までに見かけた新生蝶を、今季の初見日順で整理
 しています。今季まだ見かけていない場合は昨季の初見日順です。
  ただし、初見が5月以降の場合、この16種内での相対的順位を表示している
 ことがあります。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   草花  果樹 

Comment

No:6905|
こんばんわー
おっ…アゲハに黒アゲハですね。
家も、アゲハは羽化したばかりの方を
撮影する事が出来ました。
が、クロアゲハらしき方は、頭上を通過するのみで
撮影の機会がありません。
翅の中に、赤っぽいのと、白っぽい斑点のある二種類が
飛んでいます。
何とか、撮影したいのですが・・・難しいです。
No:6907|
今日、草刈りと野菜植え床整理で菜園場にいてアゲハとアオスジアゲハ、黒いアゲハの3種を私も目撃しましたよ。
今まで気付かなかったのですがアゲハチョウは一回り小さかったですね。
春型は小さいんですかね。

昨日、小品盆栽に仕立てている小さなクチナシにオオスカシバが産卵行動をしていました。
卵が有るかどうかの確認は出来てませんが、もし幼虫になったなら載せますね。
No:6908|
クロアゲハの飛翔をしっかりと撮影していますね。
同一個体で間違いないですよ。
クロアゲハ、今年はまだ撮影出来ず、トラフは未見です。
撮影出来ないと初見にしないとは基準が厳しいですね。

No:6911|kucchan さん
羽化したてのチョウは、色鮮やかで光り輝いているように見えますね。そういうのを撮影できるとなぜか嬉しくなりますよ。
ウンシュウミカンやデコポンなどの吸蜜源があるのに吸蜜もしないで通り過ぎるのは、♀探しに忙しいからでしょうね。
日に何度も上空を通り過ぎるのであれば、kucchan さんちの庭が蝶道になってるのかも知れません。柑橘類の花が咲く頃には立ち寄ると思いますよ。
No:6912|hitori-shizuka さん
アゲハの仲間は♀が目だって大きいですから、アゲハがちいさく見えたなら♂でしょうね。日本最大のチョウはモンキアゲハの夏型♀だそうですから夏型は大きくなるようですが、ヒメウラナミジャノメなどは大小いろいろで個体差などもあるのでしょうね。

オオスカシバの産卵シーンは、私も記事にしたことがあります。
http://ukeminoengei.blog103.fc2.com/blog-entry-730.html
幼虫も撮影した記憶がありますが、探しても見つからないので記事にしなかったのかも知れませんね。
No:6913|twoguitar さん
クロアゲハ2と3は連続写真ですから同一個体で間違いありませんが、#2はユズに遅れて到着して私のほうに回ってこなかったので撮影できなかったのだと思っています。
中望遠くらいだと飛翔撮影もたまに成功しますが、100mmマクロではさっぱりです。眼が悪いので、フルタイムマニュアルでもうまくいきません。

お初でも黒系のアゲハのように識別できない場合があるほか、過去のデータは写真からの逆引きですから、一定ルールなら比較の意味があると考えています。一目で種が識別できたら、ものによって早まっている場合もありそうです。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する