コツバメあれこれ

 
 本日はほぼ一日雨で、チョウの姿もありませんでした。


 で、一昨日のことです。
 この日は晴れてはいましたが陽射しが弱く、最高気温は16℃どまりでした。
 
 
コツバメ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科 2015/3/27 以下同じ)
コツバメ
 やっとアセビ(桃花)での撮影をさせてもらえました。
 逆光だったので、この写真は緑毛幻光狙いでしたが、そううまくはいきません。
 
コツバメ
 こんなおまけもありました。
 シャッタースピードを上げておけばなぁ~~~。(^^ゞ
 前翅に性標が見えず、青鱗粉のエリアも広いので、これも♀のようです。
 
コツバメ
 アブラナへ移動し吸蜜しています。
 
 
(産卵)
コツバメ産卵
コツバメ産卵
 別個体です。鉢植えのアセビで産卵しています。

 このアセビは赤花とされていますが濃い桃色といったところ、1週間ほど前に家内が調達したもので品種名はバーレバレンタインです。在来種と比べがくが緑がかっているのが特徴でしょうか。
 
(産卵)
コツバメ産卵
 盛りを過ぎた桃花でも産卵しています。
 こちらは花の内部に産卵しているように見えますが、卵は見つけられませんでした。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   産卵  花木 

Comment

No:6817|
表翅撮れたのに惜しかったですね。
コツバメは素早く飛び回るしとまれば翅を閉じるし滅多に表翅は撮れないのでしょう。
表翅撮影期待してますよ。
このアカバナアセビ、少し花が違うなぁと思っていたら新しい品種だったんですね。
No:6819|hitori-shizuka さん
チョウ先輩諸氏の選り抜きの生態写真を集めた「フィールドガイド 日本のチョウ」でもコツバメの翅表はこれなあにという有様ですから、私がまぐれで撮影できたらバチが当たります。
そうは言いながら、残念な気持ちは抑えきれませんよ。(^^ゞ

コツバメご一行様用に私が植えたら、家内が気に入ったのか、亭主の好きな赤烏帽子なのか、白2、桃1、赤2(これを含む。)になっています。生長が遅いので庭に植えても陰を作る頃には夫婦とも生きていないでしょうね。
No:6821|
こんばんは。
コツバメと言ったら、やっぱり『緑毛幻光』ですよね!
懐かしいです・・・
その昔、慌てて撮った写真が逆光でほとんどがボツに・・・
しか〜し、後日ボツ写真のコツバメにきれいなブルーの緑毛幻光が出てました。
たまにはこのような、偶然の産物ってこともありますね♪

…で、このブルーもその産物なのでしょうか・・・
パッと目をひくブルーですね!
コツバメのブルーを撮るのは難しそう〜
翅を開かないから、飛翔狙いしかないですもんね。
素早くビュンビュン飛び回るコツバメだもの、目で追うだけでも大変!

アセビが咲いてると、産卵シーンも見られるからいいですね。
我が家の庭では、花での吸蜜よりも葉上での日光浴が多いです。
こちらとしては、花とのショットを望むのですが・・・
産卵は、ご近所の玄関先に咲いてるアセビの花で済ませてるみたい。

今年の我が家初訪問は、いつになるのかなぁ〜
昨年はかなり早くて4月中旬でしたが、
それまでは毎年5月に入ってからのお庭訪問だったのですよ。
No:6822|
おはようございます。
相変わらず、我が屋の赤色アセビに蝶はきません。
uke-enさんちはバーレバレンタイン品種ですか・・・
家は、クリスマスチェアー品種です。
まさか、品種の違いが・・・あり得ないですよね。
コツバメ・・・是非、撮影してみたいですね。
No:6823|コツバメ
コツバメを撮影出来たのは後にも先にも偶然の1回だけ
よって緑毛幻光等なんの事やらさっぱりわかりません。
アセビの木、無理して買ったまでは良かったですが
買ったことを忘れて枯らしたのが残念です。
No:6824|
きれいなアセビにコツバメが来たのをきれいに撮影されていますネ。
見事です。写真の腕が上がってきましたね。
コツバメはテリ張りシーンが多く、アセビの良いポイントを見つけていないのが悔やまれます。
来年こそは・・・

コツバメの飛翔写真は難易度が高そうですね。何しろ小さい上に飛ぶのがやたらに早いですからね。
No:6826|みさとさん
目に見えていても、緑毛幻光の撮影は難しいですね。眼もクッキリと思うと、ちまちま動くのでそちらに意識が移ってしまいます。ウデを棚に上げて、紋様もなんてね。(^^ゞ

翅表は、アセビに来るだろうと思って待っていてもあのスピードですから、私にとっては毎年トライしていても万一の僥倖待ちです。このくらいの近さでクッキリが夢です。

アセビは生長速度が極めて遅いので、鉢植えにしていても当分はいけそうです。向きなども考えておけば、何度もアセビに戻ってくるので産卵シーンの撮影も容易です。アセビを植えてから4年間、毎年撮影できていますよ。
No:6827|kucchan さん
今季アセビには、コツバメのほかテングチョウ、ルリシジミを見かけました。まだアカタテハは訪れていませんが、例年は常連さんです。他のチョウは開花時期と出現時期がずれるからか、好みでないからか滅多に見かけません。

アセビの品種によりチョウの訪問度合いが異なるとは思えませんが、色合いは関係するように見えます。この鉢植えや白花では珍しくないですが、赤花(ワインレッド)は小さいからか花がたくさんついててもほとんど見かけません。
No:6828|自然を尋ねる人さん
翅の外縁には短い毛が生えていて、逆光の場合、翅表の青色がボオッーと光ることがあります。翅裏が黒っぽくなければその光は余り目立たないので、私が曲りなりにでも緑毛幻光を撮影できたのはコツバメのほかにはトラフシジミ、ウラナミシジミくらいです。

アセビは生長が遅く、30年でも2mにはならないようです。(確かめたわけではありません。)ですから花壇にでも植えておけば、世話いらずですよ。
No:6830|表翅の煌めき
コツバメの表翅の輝き
眩いばかりですね!
素早い翅の動きがわかって
面白い写真だと思います。
No:6831|エヒメアヤメ
興味がありそうですね。
福山市でも竹田と言う所に自生地があるようです。
そこから我が家の100m北の家に2株持ち込んで植えた人がいます
又上下町にはもの好きな人が10年かけて増やし、山に植えています。
しばらくいかないので山で増えたかどうかはきいていません。
広島県も里山にはまだエヒメアヤメが残っているようです。
No:6832|twoguitar さん
ありがとうございます。
ウデは上がったとは自覚できませんが、そのようにご覧になられたのでしたら、モデルさんと撮影環境がよかったからでしょうか。

里山の日当たりのよい場所なら、アセビは見られるのではないでしょうか。生長は遅いですが、こぼれ種で結構固まって生えているようです。
No:6834|ヒメオオさん
そのように慰めていただけるのは、気持ちの優しいヒメオオさんだけですね。

ん?他の方は優しくないのか・・・^^;
いえ、その、私が優しくないから、それが反映しているので、郵便ポストが赤いのもみんな私が悪いのです。^O^
No:6835|自然を尋ねる人さん
タレユエソウの名に惹かれ、調べると実家のお隣の愛媛に関係があったので興味を覚えました。絶滅危惧種だと盗まれることも考えられますので、植えるとゴミ投棄防止にあわせてパトロールを強化しなければならなくなりますね。
No:6836|
自宅でコツバメの産卵が撮れるのは最高ですね。しかも4年連続とは凄いです。つまりその鉢植えのアセビで毎年、発生しているってことですよね。羨ましいです。私はコツバメはテリ張りしている個体しか見たことがありません。
No:6837|clossiana さん
4年と少し前に御用達のアセビを植えたら、すぐコツバメが来てくれました。山にはアセビが多いので、その辺りで生息していたものが翔んできたのだろうと思っています。

鉢植えはこの1株のみ、後の4株は地植えです。毎年羽化しているのだろうと思われますが、卵も幼虫も蛹も見つけたことがありません。花がらを残しても家内が見栄えが悪いとcutするので、さて。(^^ゞ
No:6838|ごぶさたしています
たまコメで失礼します。
こちらは、雪混じりの雨がふったりでびっくりですが、今日は雨もやみやっとまた暖かさがもどってきました。
でも来週もふたたび雨続きのようであまり期待できそうにありません。

コツバメ。小さいけれどぬいぐるみの子犬のようで元気いっぱい。
大好きなチョウのひとつです。
身近に観察できて羨ましい限り。
食草とのコラボはぜひ撮っておきたいですね。
アセビにもいろいろあるんですね。

夕暮れに、我が越え来れば、山も狭に、咲ける馬酔木(あしび)の、悪しからぬ、君をいつしか、行きて早や見む  (万葉集 読みひとしらず)
No:6839|grassmonblue さん
たまさかでも消息に接することができるのは嬉しい限りです。モンシロチョウ初見日調査も進んでいるようですし、まとめを楽しみにしています。
今季は、ベニシジミもモンキチョウもまだ見ていません。チョウの出現が早いとおっしゃる地域もあるそうですが、雨も多く低温続きの当地、全国的にはどうなのだろうと思っております。

アセビをコツバメ用に植えつけたら、どこが気に入ったのか家内が次々と調達するようになりました。コツバメが訪れ、産卵し、美しい写真になればそれでいいいと思っている私には、ありがた迷惑気味です。(^^ゞ

馬酔木の花ぞはしに置くなゆめ

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する