寝雪(続き)

 
 積雪量が4~5cmだった昨日、↓の記事の続きです。



[Bブロック(2個体)]

 我が家裏の南向きの崖の東(向かって右側)半分で、コシダが群生しています。
 
キタキチョウ(左:B-01 ♀・右:B-02 2015/1/3)
20150103-kitaki-B.jpg
 雪の影響でコシダの垂れ下がり具合が変わったようで、2ショットが何とか可能になりました。
 相変わらずB-02の♂♀は識別できていません。



[Cブロック(1個体)]

 東の畑の東向きの崖の崩土から南側(左側)です。
 
C-01(♀ 2015/1/3)
20150103-kitaki-C-01.jpg
 2日の状況とあまり変化がありません。



[Dブロック(2個体)]

 東の畑の東向きの崖の崩土から北側(右側)です。
 
D-01(♀ 2015/1/3 8:39)
20150103-kitaki-D-01-01.jpg
20150103-kitaki-D-01-02.jpg
 雪の塊などと連れ落ちしたのか、地面とほぼ水平になって露出した木の根?にしがみついていました。
 これが雪に寝ていた(寝雪)第2号です。(^^ゞ
 
(2015/1/3 8:48)
20150103-kitaki-D-01-03.jpg
 10分足らずで2~3cm這い上がりました。
 
(2015/1/3 10:53)
20150103-kitaki-D-01-04.jpg
 一応安定したようですが、これでは雨や雪がしのげそうにありません。
 
(2015/1/4 10:51)
20150104-kitaki-D-01-05.jpg
 本日の状況です。
 1枚目の写真右端のワラビの葉裏に移りました。気温などから翔び移ったとは思えず、枯草などを伝って移動したものと思われます。
 
 
D-02(♀ 2015/1/3 8:38)
20150103-kitaki-D-02-01.jpg
 崖の前の畑です。
 雪に閉じ込められていますが、こぼれ種(胞子)で生えたワラビにぶら下がっているハズです。地上高15cmほどの場所です。
 
(♀ 2015/1/3 11:20)
20150103-kitaki-D-02-02.jpg
 雪が融けてのぞけました。健在です。
 ワラビが空間を確保していたため、特段の影響はなさそうです。



[Fブロック(2個体)]

 東の畑の崖上の里道上部、お隣の元茶畑の東向きの法面です。
 
F-01(♂ 2015/1/3)
20150103-kitaki-F-01.jpg
 ススキが倒れ具合が変化し、やっと撮影できました。
 
F-02(2015/1/3)NEW!
20150103-kitaki-F-02.jpg
 F-01のごく近くで深く潜っています。
 以前この場所で3頭を見かけていたので、再発見個体と思われます。


 継続観察個体は1頭増え、計7頭になりました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: 蝶(越冬)  自然・季節 

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する