思い込みを排す

 
 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。



 朝方は1℃、午前8時頃山からの初日の出も見られました。
 なかなか気温は上がらずお昼でやっと5℃、午後3時頃には急に薄暗くなったかと思うと吹雪いて、あっという間に一面真っ白になりました。
 午後10時現在一旦雪は上がっていますが、それでも数cmは積もっています。



 越冬中のキタキチョウの大晦日の様子です。


[Aブロック(0個体)]

 裏の崖の西側の窪地の周辺です。
 例年1~2個体が越冬に成功していて風除けにも幸便の場所だと思うのに、この冬はほとんど見かけません。


[Bブロック(2個体)]

 裏の崖の東方向への続きで、コシダが群生している場所です。
 
キタキチョウ(左:B-01・右:B-02 2014/12/31)
20141231-kitaki-B-01.jpg
B-01(♀ 2014/12/31)
20141231-kitaki-B-02.jpg
 かなり奥に潜り込んでいて、ここにいると探してもすぐには見つかりません。
 B-02の♂♀は識別しかねています。


[Cブロック(1個体)]

 東の崖の崩土から南側(左側)です。
 
C-01(♀ 2014/12/31)
20141231-kitaki-C-01.jpg
 この場所にはたくさんいたのですが、風の当たりが強い上、枯草や枯葉が落ちてくるので、大部分は移動したのか1頭だけになっています。


[Dブロック(2個体)]

 東の崖の崩土から北側(右側)です。
 
D-01(♀ 2014/12/31)
キタキチョウ
 以前からもぐりこんでいた個体で、相変わらず撮影のアングルがありません。
 
D-02(♀ 2014/12/31)
キタキチョウ
 崖の前の畑にこぼれ種(胞子)で生えたワラビにぶら下がっています。地上高15cmほどの場所です。


[Eブロック(0個体)]

 東の崖からほぼ直角に曲がった斜度30度程度の南向きの斜面です。ヒヨドリバナ畑になっていた場所で、背後は少し離れて竹やぶになっています。
 
?(2014/12/31)
キタキチョウ
 カマキリの卵のあるチャノキの奥に潜っていると疑いもしませんでした。
 トリミングしたクローズアップを見ると、白斑が、鋸が・・・(^^ゞ


[Fブロック(1個体)]

 東の崖上の里道上部、お隣の元茶畑の法面です。
 
F-01(♂ 2014/12/31)
キタキチョウ
 元茶畑に茂っているススキが倒れてきて、3頭のうち2頭は見つかりませんでした。


 11月中は移動が激しかったのですが、12月入って気温の急低下、強風悪天候続きのためか、草むらに潜り込んだもの、移動したものなどで継続観察個体は計6頭になりました。
 例年からみると少ない訳ではありませんが、A~Fブロックだけでもまだまだ見逃しているものがありそうです。


 予報では夜半も雪、明日は雪中蝶が期待できそうです。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: 自然・季節  シロチョウ科  蝶(越冬) 

Comment

No:6714|
明けましておめでとうございます。

久しぶりの越冬蝶報告ですね。
キタキチョウを6頭も継続観察しているのは羨ましいです。
次回は雪景色とキタキチョウを期待しています。

本年もよろしくお願いいたします。

----------------------------
ところで、
裏の崖の西側、裏の崖の東方向への続き、東の崖の崩土から北側(右側)・・・どうも位置関係がイメージできません。一度手書きの見取り図で教えて下さい。
No:6715|こちらキチョウ5→1頭
12月30日5頭いた越冬キタキチョウですが、
本日調査した結果1頭に激減していました。
①12月31日の午後からの気温上昇で舞い上
 がった。
②1月1日~2日にかけての寒さで★になった。
の両方が原因と思われます。
No:6716|
新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

『初日の出』を見られたとは・・・羨ましい〜
こちら、今日は美しい『日の出』を見ることができましたよ♪
でも、今日見た日の出は『初日の出』とは言えないのですよねぇ〜

越冬キタキチョウの観察、再開したのですね!
やっぱりここに飛んできて、このような画像が並んでいなくては、
拍子抜けしてしまいます!
雪も降ったようですし、足元が温んで滑りがちでしょうから、
充分に気を付けて観察してくださいね。
寒さ対策もしっかりと! 風邪引かないようにしてくださ〜い。

わたしのところ、今は一面の銀世界〜
越冬蝶たちは、どこでどうしているのやら・・・
ブログに登場するのは、草むらの「ちょう」ではなくて、
木の枝に止まってる「やちょう」です♪
No:6717|雪の朝
雪が降り、積もっているのが分かると
ひとりでに足がホタル川へ向いて行きます。
元日も2日目も白い土地、
蝶が沢山飛んでいた所へ行ったのに
蝶を確認していません。
本当の蝶好きではないのか、それともすぐに忘れてしまうのか
アー年はとりたくないですね。
正月早々、そんな男の独り言!
No:6718|twoguitar さん
おめでとうございます。twoguitar さんちがなかなか新年モード、チョウモードにならず、あいさつをしかねていました。
本年もよろしくお願いします。

当地は冷え込みが厳しい土地柄ですが、雪が積もるのは一冬2~3回程度、寒くてもソレッです。もう載せましたので、ご意見、ご感想をお願いしますね。

それにしても、絵心、立体感覚、方向感覚、地理感覚等に欠如している私に、年始早々何たるリクエストをいただくのでしょうか。過去に試みて挫折していますので、おいおい善処しますね。^^;
No:6719|ヒメオオさん
拝見した限りで、キタキチョウの越冬場所としては不適当ではないかと思っていました。大晦日に移動したものは正解!なんでしょうね。
当方でも本日(1/3)Dブロックで継続観察個体でない★を見つけました。見逃していたものが夜半の雪(2日続き)で力尽きたようです。一方で、雪で景色が変わりFブロックで1頭を再発見し、計7個体になりました。A~F以外の場所を探せばもっと見つけられそうですが、当分はこのままでと考えています。
No:6720|みさとさん
改めておめでとうございます。

初日の出といっても午前8時頃では有難味が感じられず、撮影する気も起こりませんでしたよ。
越冬蝶の観察はトップランナー(質ではなくて時期の問題)として折々観察はしていましたが、整理に時間を要するのでつい先送りになりました。それでも雪となれば翌日の記事のとおりですし、本日も更新予定です。(^^ゞ

キジは細菌増えているみたいで道端でも見かけることがありますが、家の前でキツツキを見ることができるなんてうらやましい環境ですよ。
No:6722|自然を尋ねる人さん
慣れてはいらっしゃるでしょうけれど、雪の日のお出かけはくれぐれもご注意くださいね。
私は勤めていた頃雪が積もっているか吹雪いている時はお休みするか午後出勤でしたよ。事故にあうと時間も費用も膨大になりますし、そのリスクと私がいなけりゃとの天秤でした。

事務局長さんだけじゃないですよ。私も再確認するとどこに潜っているのか改めて探すのと同じほど労力を要します。目印でもつけておけばいいのでしょうけれど、大丈夫だろうで同じことの繰り返しです。^^;

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する